寒い季節になると、猫も暖を取れるように
してあげたいもの。

今日は、私なりの毛布選びの基準について。



我が家では猫用炬燵を合計5台使っています。

猫によって好みが分かれるそうなんですが
うちの子達はみんな大好きですね。

特に秋生!

終日炬燵から動こうとしません。

寒がりなのかな?



そういえば、保護した当時からそうでした。

他の猫よりも、ずっと。

秋生は2歳(推定)まで、野良猫暮らし。

冬の屋外、さぞかし辛かったことでしょう。



寝室の猫たちは、猫用炬燵とベッドを半々。

だったらベッドの方にも何か暖かいものを
置いてあげようと、思って。

それで購入したこの毛布が、大好評なんです。

別に、何ら特別なものではありません。

スーパーで売ってた、千円程度の毛布。

素材は、ポリエステル。



猫はモコモコしたものなら、大抵喜んで
くれるものです。

猫が喜んでくれれば人間も喜べますからね。

目を細めてフミフミしている姿を見ていると
こちらまで目を細めてしまいます。

猫受けが良くて、そして安価!

ワンシーズンで捨ててもいいやってくらいの
気分で使えます。



フミフミで爪が引っかかって、じきに生地が
ボロボロにされてしまうことだってある。

それにウールやカシミア等の高価な素材だと
汚された時に悲しいこともありますよね。

猫ってよく吐く生き物ですからね。

場所も何も、考えず。

猫だから、当たり前なんですが…

それで苛立つようなことになるのならば
最初から高いものを買わなければ良い。



猫との生活に高い毛布は要らない。

というのが、私の持論です。

私自身の寝具も、すべて丸洗い可能な
ポリエテル布団。

汚(さ)れたら洗濯乾燥機に突っ込める
手軽さ、気軽さを最重視してのことです。

羽毛布団では、そうはいかない。



年末に購入して大正解だった着る毛布は
静電気防止加工がしっかりしていて。

洗ってもその効果が続いています。

ふかふかモコモコな肌触りでねこあつめです。

こちらは中に入っているのが人間なので
フミフミされると痛いんですけどね



猫との生活には、お金をかけるべきものと
その必要がないものがあります。

お金をかけたからといって、喜んでくれる
相手ではそもそもありませんからね。

まさに、猫に小判なこともありますよね。

買ってあげた猫ベッドよりも、それが入ってた
段ボールの方が喜ばれるてしまう、とか…

皆さんも、ご経験あるんじゃないですか?


View this post on Instagram

Yet another cozy room for her 😸 今の私はカンガルーのお母さん気分🦘 #着る毛布 を捲った隙間に、メインクーン子猫の麗が入っちゃった☀️🕖 狭い場所にはとりあえず入ってみるあたり、猫だねぇ🐱 朝ごはんにするね🥞 #おはよう猫 #枕元に猫 . #メインクーン #赤ちゃん猫 #子猫 #kitten #babykitten #babykitty #mainecoonkitten #mainecoon #mainecooncat #babycat #猫のいる暮らし #子猫のいる生活 #メインクーン子猫 #メインクーン部 #シルバーパッチドタビー #silverpatchedtabby #メインクーン女の子 #goodmorningcat #justwokeup #catoftheday #catofinstagram #catoftheday #meowmodel #美猫 #catbeauty

Shinichiro & 9 Catsさん(@shinichiro.sakai)がシェアした投稿 -