こんにちは。くろねこです。

 
 
荷物はどこに行ったのか!
 
 
・・・いやーすみません。
仕事の愚痴です・・・。
 
我々の仕事の中に未着手荷物を捜索するっていう仕事もあるのですが、
冬になると何故か未着が増えるんですよ(^_^;)
わたくし、ここ数日の未着件数を見て冬の到来を感じております。
 
みなさん・・・海外旅行に行く時は必ずスーツケースに名札を付けてくださいね・・・
(名前はローマ字で。電話番号が書いてあるとなおベターですよ!!)
 
 
閑話休題。
 
あっという間に千秋楽を迎えてしまった月組全国ツアー。
(またしても公演中に感想を書ききれなかった)
 
なので、今更感ありますが先日観た時のショーの感想をさらっと残しておこうと思います。
 
 
*とっても健全な「YES!」だった件
基本的に、ショーの再演は概ね賛成派な私なのですが、
今回のショーが再演されると聞いた時は、正直けっこうびっくりしたんです。
だってね、大劇場で公演した時に主演だった龍くん(龍真咲さん)と、
今回主演するたま様(珠城りょうさん)とじゃ持ち味違いすぎるじゃないですか。
 
ショーって、演じている役じゃなくてスターさんそのものの個性が舞台に現れるので、
同じショー・同じ場面でも出ているメンバーが違うだけで、
全く違った雰囲気になったり違う味になったりするのが、個人的には結構好きなんですね。
 
ですが、今回に関しては前述のとおり龍くんとたま様じゃ雰囲気が全然違うのと、
「龍真咲さん」というスターにピッタリ合ったショーだったなっていう思い出があったので、
主演がたま様に変わることで、その世界観にたま様が浮いてしまうんじゃないか、とか、
色んなところで龍くんを思い出してしまうんじゃないか、とか、
観る前から勝手に色々想像して、勝手に不安になってしまっていたのです。
 
 
で、幕が開いて、
たま様が舞台の真ん中に現れて「YES!」って言った(歌った)時に、
そのあまりにもまっすぐで健全な「YES!」に、
全ての(余計な)心配が霧のように消え去りました(笑)
 
龍くんのねちっこい(褒めてる)「YEee…S」も龍くんらしくて好きだったし、
なんならそれがないと物足りないくらいだったのに、
たま様の爽やかでどストレートな「YES!」も、これはこれで全然アリだなと思いました。
 
 
*ヨコスカ NAVY BURGAR
Mr.シンデレラの場面。
どうやら月城くんが毎回浮浪者に渡している食べ物が違ったらしいのですが、
私が見た時は「YOKOSUKA NAVY BURGAR」と言っていました。
しかも、発音もちゃんとガイジン風で(笑)
ちなみに、マチネはよこすか海軍カレーだったらしいですよ・・・手渡し???(笑)
(聞くところによると、八王子では八王子ラーメンと言った回もあったとか・・・汁物・・・)
 
 
*おちゃぴ様(愛希れいかさん)の人形ダンスが最強すぎる件
大劇場で観た時から、あのロボットダンスは圧巻でございましたが、
当時を上回るほどの素晴らしいダンスでございました。
ロボットになってしまった時のカクカクした感じと、人間に戻った時の柔らかい感じと、
ちゃんと振り分けているというか、きちんと違いが分かるのが本当にすごい!!!
(こうやって書くとなんだか簡単そうだけど、おちゃぴ様はレベルが違うんですよ!!!)
ちなみに、助けに来たたま様がすごーく強そうに見えたのが個人的にはツボでした(笑)。
あの人ならたぶん素手で勝てる・・・絶対・・・(確信)
 
 
*CRYSTALsから醸し出される重鎮感
中村A先生のショーでは定番になりつつある韓流アイドルソングの場面。
けっこう若手スターさんが出てくるイメージだったのですが、
今回はロイヤル紫門(ゆりやさん)・(千海)華蘭ちゃん・まゆぽん(輝月ゆうまさん)、
プラス、れんこん君(蓮つかささん)と、メンバーの3/4が新公卒業した上級生だったからか、
若手の場面っていうよりは、脂の乗った男役さんの色気を堪能する場面っていう感じで、
すごーーーく色気を振り撒いていて、なんだかとっても濃いシーンだったなと思っています。
個人的には、勝手にあっさりしているイメージを持っていたロイヤル氏と、
童顔で可愛らしい印象が強いからんちゃんが、胸やけするくらいにねちっこい色気があって、
新たな魅力を知ることができて、今でも残像が・・・目に・・・。
 
 
*娘役のカッコよさ
中詰めのラテンのシーンがですね、娘役さんもパンツスタイルじゃないですか。
月組の娘役さんって、こういう時にめっちゃくちゃカッコイイなって思っておりまして。
なんかね、娘役は寄り添うだけじゃないのよ!っていう気概が感じられて好きなんです。
(もちろん、典型的な娘役らしく男役に寄り添って華を添える淑やかさも素敵ですよ)
 
それと、フィナーレでおちゃぴ様が娘役さん達を引き連れて踊るところも、
クラシックなドレスではあるものの、なんかカッコイイんですよね。
やっぱりおちゃぴ様の存在感と安定感とダンス力が成せる業なのでしょうか。
 
 
*踊りながら幕が下りるのが好き
だいたいパレードの終わりって、ジャーンって曲が終わって、
ジェンヌさん達がみんな客席に手を振りながら緞帳が下りていくじゃないですか。
このショーは、まだ舞台上の皆さんが踊っている時に緞帳が下りてくるんですよ。
これがね、なんか緞帳が下りる最後の最後まで楽しませてやるぜ!って感じがするのと、
舞台の上の人たちもすっごく楽しそうな感じがして、観てて幸せな気持ちになるんです。
で、緞帳が下りた瞬間に「また観たい!」って思ってチケット探しちゃうんだな(笑)
 
 
それにしても、今回のたま様にしろ、「EXCITER!!」再演のときのみりりんにしろ
「"D"ramatic S!」再演のときのだいもんにしろ、もちろん他の作品でも、
自分が主演したショーじゃないのに、ちゃんと自分色のショーとして見せてくるなんて、
やっぱりトップスターが放つオーラってすごいんだなって改めて思いました。
 
 
ああ・・・さすがに観てからかなり時間が経ってしまったので、ところどころ記憶が曖昧ですね。
やっぱり観てすぐに書かないと色々と薄まってしまってダメだな・・・(><;)
(「しずく」の場面とか、けっこう好きだったのに今になるともう何も思い出せない・・・)
 
今度からはちゃんと観劇ほやほやの時期に感想を書くように努力します・・・。
(そう言って星組東京公演の感想も全く手つかずになってしまっているが・・・)
 
AD