サックスレッスン(6)

テーマ:

今日は"SHE"の楽譜をもらってから2回目のレッスン!サックス

前回、溜めと突っ込みなどを教えてもらったので
この1週間意識して練習してみたのですが…

先生、意外と演奏に関してはなかなかシビアで褒めてくれませんむっ

「すぐ上手くなるよ~」みたいなことは毎回言ってくれるのですが笑

それでも、前回よりは良くなったみたいです!!キラキラ


今回新たに挑戦させてもらったのは、1小節くらいのアドリブ!

アドリブって言えるのか分かんないですけど、
メロディーとメロディーの間の空白を埋めるやつです←

小説の2拍目から、1拍ずつD→E→Fと変わるコードなのですが、
たった3拍のアドリブでも、初心者の私にとってはとっても難しいっあせる

頭でイメージはできても、
それをフィンガリングに変換し、音にするのが難しいんだよぉ~ショック!


初めのうちは書きリブにしようかな…



とりあえず、まだ見ただけでコードの音が分からないので、
楽譜に書きこむことから始めることにしましたひらめき電球

最初はあんまり焦ってもしょうがないしね!

ぼちぼちやってこーかたつむり


ペタしてね




嬉しいお手紙

テーマ:

今さっき、
通ってる音楽教室の担当の方から、暑中お見舞いのお手紙が届きました手紙


『サックスを購入し、レッスンも受け始め、これからが楽しみですね
発表会頑張ってください
レッスンの先生がすぐうまくなる、センスがあると言ってました』


という感じの内容でしたチューリップ赤

音楽教室の会員さんはいっぱいいらっしゃるはずなのに、
1人1人、しかも手書きで数行にわたってお手紙を書いてくださったことを考えると
とっても嬉しい気持ちになりましたニコニコ



ベタなこと言います。


メールですぐに連絡がとれる時代になったけど、
やっぱり手書きのお手紙をもらうのは嬉しいもんですね~晴れ



ペタしてね

サックスレッスン(5)

テーマ:

最近ブログのサボりグセがついております、たむです(^^;ゞ

昨日のレッスンでは、前回初めて楽譜をもらった"SHE"
みっちり練習しましたよ~DASH!

まず最初はCD伴奏に合わせて、1曲通して吹いてみる。

中間部分が♯や♭が多くてぐだぐだになりつつも、
なんとか止まらずに演奏しきることができました^^;

でも私が目指しているはジャジーな演奏!
楽譜の通り吹いているようではまだまだです!

ということで、先生がジャジーに演奏するための
ポイントをいくつか教えてくれました★


★POINT 1 「溜め」と「突っ込み」

いわゆるメロディーを「ゆらす」ってやつですかね?
楽譜に書いてあるタイミングよりちょっと早めてみたり、遅めてみたり…
ビートにかっちり合わせて吹いているようじゃ
いつまでもクラシックから抜け出せないっ


★POINT 2 歌いあげない!

これは意外でしたね~
感情込めて歌い上げるのがいいのかと思ったら、違うらしいです。
あくまでクールに…でもテクのほうで聴かせるのだとか。


★POINT 3 ビブラートしない!

これもPOINT 2につながることがあると思います。
私は吹奏楽上がりなもんで、メロディー吹いてて伸ばしの音があると
どうしてもビブラートをしたくなっちゃうんですが、
これもPOINT 2と同じ理由で、ダメらしいです。むーん。


それから、テクのほうでもいくつか新たな技を教えていただきました。

サブ・トーンと…サブ・ノート?ハーフ・ノート?(名前忘れました(T_T))

サブ・トーンはおそらくサックス吹きの方なら分かると思うのですが、
息をすべて管の中に入れないようにしてかすれたような音を出す奏法です。
息が100%使えないぶん、かなり苦しいらしいですショック!

というのも、まだサブ・トーンがうまくできないんですよね
自分がちゃんとサブ・トーンを出せてるのかどうかもよくわかんない状態;;


そしてサブ・ノート??だかハーフ・ノート??だか忘れましたが、
これは舌をリードに当て、離すことによって
音を遅らせて聴かせるという奏法です!

リードに舌を当ててる時にはくもった音が出て、
離したときに通常の音がパーンと出るので、その分遅れたように聞こえるのです。

先生曰く実はこの奏法、プロでもできる方がほとんどいないらしい!Σ(・ω・ノ)ノ
この奏法は昔から秘伝の技として継がれてきたらしく、
知ってる人しか知らないんだとか。
うん、確かに今までに聴いたことない気がする。

そんな奏法がさらっとできちゃうなんて!
先生、ここにきて初めて尊敬しました!(`ω´)キラキラ

練習の仕方も教えていただいたので、私もいつか吹けるようになれたらと思います^^晴れ


今までの基礎練習のときはあんまり指摘もらえなかったけど、
曲に入っていろいろアドバイスをもらえるようになったので、
次々と課題が見えてきて楽しくなってきた!!

来週はどんなことが学べるんだろうか、楽しみ~音譜

その前に今週習ったことを少しでもできるように練習しとかないとね(^^;ゞ


ペタしてね




サックスレッスン(4)

テーマ:

サックスレッスン4回目行ってきました~(^^)/黄色い花

レッスン時間の最初はいつも、少しだけ音出しの時間がもらえます
いきなり吹くと口に負担がかかるので、
ぱらぱら~っと音階を吹いたり。

今日もいつものようにド~♪



って、あれ!!??

中音域のドが出したいのに、なぜか高音域のドが出る!!
いつもはこんなことはないのに…

ちょっと楽器を調べてみると、オクターブキーで動くタンポが
いつもはちゃんと閉じてなきゃいけないのにビミョーに開いている…!(°д°;)

もしかして今日組み立てるときに力入っちゃって、歪んじゃったー!!??ショック!


若干泣きそうになりながら先生に相談してみると、
ちょっと楽器を調べて、

「ネックがちょっと曲がりすぎだねぇ~」

と言ってネックを少し真ん中の位置に戻してくれた。

それでもう一度吹いてみると、ちゃんと中音域のドが出た~

っていうか、今までよりいい音が出る!!Σ(・ω・ノ)ノ

今まではネックの曲げすぎでちゃんと音が出なかったのね~(^^あせる
これで今度からはもっといい音で吹けるぜっキラキラ


そんな感じで始まった今日のレッスン。
今回は高音域のレ、ミ、ファまで進みました。

そして!!
これで教則本は卒業らしいでーす!!クラッカーキラキラ

まだいろいろやってない練習曲もあるんだけど、
教則本に載ってるのはクラシックばっかで
私がやりたいのはジャズだから、あんま練習しないほうがいいみたい。

そこですかさず、例のあの提案をしてみた!!

「今度の発表会、まだ間に合いますか?」

そう、以前有無を言わせず「不参加」にされた、あの発表会の話です!

するとなんと、ちょーうど1人キャンセルが出て、空き枠があるらしい

よっしゃーーー!!!p(^^)q晴れ

早速選曲だけど、まだまだ初心者の私にはあまり難しい曲は吹けない…

先生が
「ラブソングと4ビートどっちがいい?」
と聞かれたので、4ビート!と答えると、

渡されたその楽譜は"SHE"でした。
題名はあまり馴染みありませんが、あの有名な曲ですひらめき電球
気になる方はYouTubeでどうぞ↓笑
★SHE (jazz piano)★

この曲を、アドリブを交えながらかっこよく吹いてみせます!

発表会は10月!!
残すはあと3カ月!!

初舞台、成功させるぞー!!おりゃー!!\(^o^)/


ペタしてね






サックス練習記(13)

テーマ:

最近サックス練習記を書くのをサボりがちです(^_^;A

ブログ再開当初は、
練習した日は毎日練習記書こう~♪
そしたらサックス練習始めてどんくらい練習してきたのか分かるし~♪
とか思ってたんですけど、やっぱ続かなかった…orz 笑

ということで、題名には『サックス練習記(13)』とは書いてありますが、
練習13回目という意味ではなく、
練習記を書くのが13回目という認識でお願いします^^;


さてさて、今日も他にやらなきゃいけないことたくさんあるのに
サックスの練習をしてきましたよ(←)

いつもは運動公園の駐車場で練習するのですが、
今日は新しい練習場所の開拓に踏み切りました

実際、運動公園でも十分なのですが、
家から大学の真反対の方角に位置するため、
「大学行くついでに練習しよ~」
ってことができないんですよね

サックス練習するためだけに運動公園まで行って、
そんでまた家まで戻ってこなきゃいけないむっ

そんな大した距離ではないんですが、
やっぱ時間とかガソリン代とかもったいないし!¥

そう思って今日やって来たのが、
家から大学へ向かう道を少しだけ外れたところにある山道とかげ
山の中なので、ごみ焼却場こそあれど、周りに民家は全くなし!
しかも車の中なので、音の大きいサックスを吹いても大丈夫でしょうひらめき電球

山道の途中にある駐車帯に停めて練習を始めるサックス

うん、林の影になってることもあって、涼しいし良い環境!!ラブラブ
今度からここで練習しよ~音譜

と思ったのもつかの間


日が暮れると同時に、奴らが現れたのです。
人類の敵、が!!

気づいた頃には時すでに遅し。
手足3か所くらい一気に刺されてるー!!( ̄□ ̄;)!!

山の中の蚊が、これがまた刺されるとめちゃかゆいんですよねむかっ

こりゃたまらんと思って、そっこうでサックス片づけて退散しましたDASH!

片づけてる最中にも2、3か所刺された…orz


朝方~昼間の練習ならいいけど、夕方からは使えないなここは…^^汗



前置きが長くなりましたが(笑)、ここからはサックスの練習の話です。

最近は低~高音域の基礎練習、
音階練習がスタンダードの練習になってるんですが、
特に高音域の練習に力を入れています。

というのも、
高音域のドの音から急に音が細くなる

ここは一応楽器経験者。
息の圧力やスピードを上げることを意識するものの、
そもそも息が楽器の中に入って行かない!

ということは口の締めすぎなんかなー?

金管だと、いくら息のスピードが足りなくても、
下の音がブヘ~♪って出るんですが、
木管はほんとに全く音が出なくなるんですね~かお

お口をリラックスして高音域を吹けるようにならんとねっ


ペタしてね