台風21号、胆振東部地震と今年の北海道は自然災害に見舞われました。

伊達市でも、そんな爪痕が残っています。

 

近くの館山公園にて、おそらく台風で倒れた木。

 

 

そして胆振東部地震から1週間が経ち、徐々に普段の生活に戻りつつあります。

伊達市は比較的停電の復旧が早かった方かもしれません。

 

しかし、今も時折余震が感じられます。

 

スーパーでは徐々に棚の品物が増えてきました。

ただ、冷蔵のものとなると未だこのような感じです。

 

 

今回の地震の影響の大きさを物語っています。

とはいえ、当ホテルは元気に営業中です!

 

 

伊達市内、桜が見頃

テーマ:

桜が開花し、かなり見頃を迎えています。

気候も穏やかで、気温20℃。暖かです。

 

 

当ホテルから徒歩5分ほどのところに位置している気門別川の桜並木。

 

脇道の桜トンネル

 

 

ほぼ満開です。

 

 

 

歩道の途中の花たちも目を楽しませてくれます。

 

 

 

そして、当ホテルから徒歩7~8分のところに位置しているサイクリングロードの桜並木。

 

 

入り口にトイレもあるので、安心してゆっくり歩けます。

 

 

 

伊達市市街地の南に位置する北稀府町。

 

 

この町の海岸が北舟岡海岸であり、釣りスポットとしても知られています。

 

●北舟岡海岸の特徴

 

西風が強い時や、波が高い時には釣りになりませんが釣り期が長いというメリットがあります。

晩秋から初冬にかけて良型カジカや大型アブラコが狙えます。

 

 

●北舟岡海岸の釣り好ポイント

 

谷藤川の右岸、Aポイントは・・

 

玉石原が続いています。

さらに進むと次第に砂浜に変わっていき、春にはクロガシラ。

夏にはハモ(マアナゴ)。

 

秋にはイシモチやまれにマガレイ、マツカワが釣れます。

 

谷藤川河口前のBポイントは

 

沈み根が張り出しており、干潮時には遠投が有利。

満潮時には近~中投げで良型カジカ数釣りが可能。

 

初冬の夕方~早朝にかけて暗いうちが狙い目です。

 

根掛かりが多いので、仕掛けやエサは多めに持参するのがベスト。

谷藤川が水量が多い時にはウエーダーなしに渡ることはできません。

 

Cポイントは沈み根の切れ目や消波ブロック前周辺を探ることで

 

良型カジカやアブラコが釣れます。

CポイントからEポイント方向へは長い防潮堤があり・・・

 

前に消波ブロックが並んでいるので釣りがややしにくいです。

しかし、所々消波ブロックが途切れている場所があるのでそこでサオを出すことが可能です。

 

Dポイント船揚げ場は

近~遠投、消波ブロック際狙いでカジカ、アブラコなどが釣れます。

しかし斜路がかなり滑りやすいので注意です。

 

Dポイント船揚げ場は防潮堤が扉になっており、閉まっていることが多いです。

 

 

Eポイントも消波ブロックの隙間から

 

サオを出すことが可能です。

ところが波が高いときや満潮時だと釣り座がなくなります。

 

また、サオを振る際には後ろの防潮堤に気をつけねばなりません。

このポイントから広範囲を探るとアブラコ、カジカ、マガレイ、スナガレイなどが釣れます。

 

ただ、Eポイント付近には民家もあるので迷惑にならないように注意したいところです。

 

●北舟岡海岸で釣れる魚時期

 

 

北の湘南、今年は寒い

テーマ:

例年、2月にもなれば伊達市は春を感じる陽気。

積雪もほとんどなく、晴天率が高いです。

 

北の湘南と言われている所以ですね。

 

 

ところが今年は晴天率が低いですね。

かつ、気温が低い・・

 

雪はそれほどではないですが、昨日は日中でも-6℃。

夜間は-8℃と、伊達にしてはかなり寒いです。

 

今日も雪がチラチラ。

春の訪れがいつもより嬉しくなりそうです。

 

皆様、運転には十分にご注意くださいね。

 

 

伊達市の北西の海岸に位置するアルトリ岬。

 

キャンプ場もあるこの岬は、釣りの好ポイントとしても知られています。

特に、晩秋のカジカシーズンは人気です。

 

●アルトリ岬の釣り好ポイント

 

岬の基部にあるA、Bポイントは

 

遠浅のゴロタ場。

小さなワンドですが、北、西風に弱いのですぐにしけ状態となり、その場合釣りになりません。

 

いずれのポイントも岩場を狙うことでカジカ、アブラコが狙えます。

 

岬の先端部Cポイントは

 

大きな岩が点在しているので釣り座選びが困難ですが、大型アブラコが狙えます。

近投げではソイ、ガヤ、遠投では砂地に届き、カレイも狙えます。

 

Dポイントは沖に小さな岩があるので目印になります。

 

沖の岩を越えると砂地であり、ハモが狙えます。

 

Eポイントは防潮堤の前付近。

 

ここは非常に浅いので満潮時の夜釣り以外は釣り物に期待できません。

ここで狙えるのは晩秋のカジカです。

 

 

Eポイントへは、防潮堤が切れたところが降り口となります。

 

Fポイントは砂浜から投げ釣りで

 

小型主体のイシモチ、スナガレイ、まれにマガレイも釣れ、夏の夜釣りではハモも狙えます。

 

Gポイントは周辺では唯一沖に岩場が点在しています。

 

岩周辺を探ると、カジカやアブラコが釣れることがありますが数は期待できません。

しかし、良型が潜んでいることもあるので見逃せません。

 

●アルトリ岬の釣り期