会社員


【無料】キャリコン進路相談室(公式メルマガ)
「団体をこえた情報が欲しい!」、「現場の生きた学びを深めたい!」、「実務レベルでキャリコン能力を高めたい!」ならメルマガ登録をどうぞ!。手紙ご購読はこちらから

企業分野で活動するキャリコンとして将来も働いていきたいと考えるなら、会社員であるメリットはあります。

今ならセカンドキャリアに関するセミナーや退職後のマネープランについてキャリコン資格をもつ人事の職員がセミナーをすることが多くなってきているので。

これは外部から社労士の先生が来て話すという会社もあるのですが、自社のシステムを良く知っているのはやっぱり自社の社員なので、人事部の職員はキャリコン資格を取るようにと養成講座に通われる方も多くいます。

ただ、会社員キャリコンは自分が定年するまでに人脈を作って、その後の人生設計を立てておくといいと思います。

例えば、早期退職または60歳でいったん定年となって再雇用という場合に、キャリコンとしての収入が自分の満足できるものにまでなっているのかをしっかりと考えて次の行動に移したいです。

ハローワークで働くなら今や2級技能士の資格を取得しておくほうがいいですし、急に若年者支援というのも新人研修担当を直近までやっているとかじゃないとキツいものがありますよね。

何よりも定年後、何年働きたいかということにもよります。

60歳で定年したならば、そこから独立となるとキャリコン1年生です。

外の世界に出てしまうと、自社の事情がわかっている社員に対する支援ではないので、やはり実務経験に不安は残ります。

独立して仕事を回そうと思っても、現状では自分で仕事が来るように、工夫をしないと仕事は回ってきません。

私たちは、転職希望者に「計画的に動きましょう」と言うときがあります。

自分がキャリコンとして独立して仕事をしていきたいというのなら、自分自身も計画をたてて行動したほうがいいですよね。

【無料】キャリコン進路相談室(公式メルマガ)
「団体をこえた情報が欲しい!」、「現場の生きた学びを深めたい!」、「実務レベルでキャリコン能力を高めたい!」ならメルマガ登録をどうぞ!。手紙ご購読はこちらから