ご報告です

テーマ:
もうすぐ再移植後5年を迎えようとしています。

白血病になってから苦しい事も辛い事も悲しい事も沢山、本当に沢山あったけど5歳を元気に迎えられる事に感謝しかありません。



そんな私には病気になる前からある夢がありました。

それは自分のカフェを開くこと。

こじんまりと、利益なんてどうでも良くて自分が作ったスイーツやお料理をお客さんに食べてもらう。そして笑顔になってもらう。そんな自己満足的な夢でした。

でも二人の小さい子どもを育てていたし、保育士としても働いていたので少しずつ、その夢から遠ざかっていたように思います。

そんな時病魔は襲ってきました。

それからは生きる事に必死で❪夢❫なんて考える余裕は無かったです。

入院中処方される1週間分の薬。毎回もらう度に無事この薬を飲みきれるだろうか…?1週間後、私は生きているのだろうか…?と毎回毎回思っていたのです。


そして1年前、食道がんになり全摘出手術をした頃主人が

「二人でカフェをやろう!!」

と突然言い出しました。主人は私の夢を知っていたから。

初めは冗談だろうって思っていたけど、大嫌いだったコーヒーが飲めるようになり、猛勉強してコーヒーについての知識を身に付け実現に向けて突っ走ってくれました。

資格も取りました。
カフェで修行もしています。

そして今日、無事地鎮祭を行うまでに至りました。






主人は安定したお給料が頂けて休みも自由に取らせてもらえる…。そんな環境を捨てて、なぜリスクのあるカフェ開業と言い出したのか。

その理由は3つありました。

今まで沢山頑張ってきた私の夢を叶えてあげたい!

いつも家族で一緒にいたい。

家族を笑顔でいっぱいにしたい。



でした。

主人曰く、今まで夢とか無かったけど私の夢を実現させてあげる事が夢になったそうです。


「カフェが出来たら毎日一緒だね♡」ってニコニコしてくれる主人。

たまには一人がいいけどなぁと思ってしまう私(笑)

お互いを尊重し合って仲良く、そしてのんびりとやって行きたいと思います。


そして、いくつもの大病を経験してきた人だって夢は叶えられるんだよ!笑って幸せに過ごせるんだよ!!と色んな人に知って欲しい!

今、病気と闘っている人、病気を克服した人、もしかしたらこれから病気になってしまう人…。沢山の人に勇気と元気を与えられる存在でありたいと思います。


そして、今まで傍で支えてくれた家族や友人に、自分の好きな事を元気に楽しんでいる姿を見てもらえる事が一番の恩返しなのかな、と思っています。

無理は出来る体ではないけど、自分の声を聞きながらマイペースに生きて行けたらなぁと思います。