世間のコロナ禍が増す中、政府のGo Toのおかげもあり、紅葉真っ盛りの河口湖にも

観光客が溢れていたようだ。 この11月の連休の営業はどうだったろうかと?思い返すが

あまり印象も感慨も無いような気がする。

 

 

お店は盛況であったかのようにも思われるが、マークの存在がなくなり、キャンディの調子も

思わしくなく、私も心臓の具合や手足のしびれがひどくなり、どうにもこうにも充実感などなく

いろんなことがコントロールと、予兆が出来なくなっている。

 

 

ただただ、そんな不具合をこの湖畔の景色が慰めてくれている。

 

私の慰めは火とお酒と音楽...。 サービス業をしていながら、人は無い。

 

 

いい香りと暖かな温もり。 刺すものが無い、心の豊かさ。

 

そんな私のパルティータの営業も、残すところ後わずかかもしれません。

河口湖に移転をして12年目にして、終活を探そうとしています。

 

この左手が...痺れていて、痛くて仕方ありません。 寝るにも不自由しています。

 

たぶん、その内大好きなバイオリンさえ、弾けなくなりそうです...。

 

そろそろ終わりPartita。

パルティータ - 河口湖/パスタ [食べログ] (tabelog.com)

 

 

 

河口湖の紅葉もピークを迎える今週。 このところ気温も穏やかでとても過ごしやすいです。

撮り貯めた写真の整理がまだできておらず、まだ緑色の写真の投稿になっていますが

パルティータのテラスも周辺もとても綺麗です。

 

朝は焚火を起こし、ここで富士山を眺めながらコーヒーを飲むのが習慣です。

 

お店の営業はというと、忙しかったり暇すぎたり...よくわかりません。

売り上げが欲しくとも、忙しすぎると体がついていけず、営業中にCLOSEと看板を

ひっくり返してしまい、来店をお断りしてしまう。 また、込み入った昼時の調理中に

電話が来ても、対応しないことも多くなっているので、思い付きとかじゃ無くもっと前もっての

電話での問い合わせや、予約をしてもらいたいものだ。

 

稼がねばいけないのに、稼げない...だからいつも貧乏レストランである。

最近は左の首から片腕手の先まで痺れがひどく、痛みと困惑が続いている。

なので頑張りたくても、頑張れない...。

 

テイクアウトなんかも実施しているが、正直あまり利用がない。

 

 

店内で食べてくれる客は日本人も外国人も、私の作るPIZZAを絶賛してくれる。

 

 

パルティータの特別席。

 

 

ワン子たちものびのびできる。

 

午後15時ごろから16時前の湖畔のサンセットまでの、コントラストはとても美しい。

 

11月も後半戦。 いつまで続けられるかわかりませんが、あと少しで通常営業をしなくなります。

12月は河口湖を離れ、私の地元である南アルプス市の2号店を開店させたいと思っています。

紅葉が終わると閑散とする河口湖も寒さも厳しくなり、今まで冬の営業の厳しさを助けてくれた

外国人の来店も今年はコロナの影響で見込めず、ひん死に追い込まれてしまう。

両店の営業をどういう風にするかは、まだはっきり決めていないが、何とか切り抜けねばならない。

 

Partit & 「グルメ食堂」

 

 

 

このところ天気も良く、風も穏やかでふさわしい秋の様子が進んでいる。

 

冷たい朝の空気を感じながら、熱々のラーメンを外で食べるのも、また一味も二味も違う。

 

朝の焚火を起こし、ゆっくりとコーヒータイムが出来るのはせわしい世間の喧騒に比べれば

とっても幸せな特別な事だ。

 

 

 

パルティータの特別席。 こんな景色を前に過ごせることも特別な環境だ。

 

 

写真はまだ緑緑しているが、周囲はだいぶ色づいてきてコントラストがとても綺麗だ。

 

しかも夕暮れ時のサンセットは、天気が良ければ最高だ。

 

昼の営業が一段落し、15時を過ぎる頃は誰もいなくなり、最近はそのまま一日の営業も

終わってしまうことが多い。 以前は外国人観光客が、夕食にとよく来ていてくれたが

コロナ禍のせいで、当分それも見込めない。

 

さてさて、紅葉が終わる頃にはまた、暇な時期になってしまい、これからどうするか?考える。

 

慰めばかりでは、ここにもいられない...。 冬支度が必要だが、今は動きが取れない。

 

独りでいると、考えも固執しがちでうまくまとまらない。 

そして、大事な一日をまたさもなく終わらせてしまっている...。

 

Partita 

 

 

 

 

 

 

 

遅くなってしまいましたが、先日のパルティータ開店記念日に、わざわざ遠方より

来店していただいたお客さんからいただきました。

気にしてくれているお客さんがいるなんて、本当にうれしいことです。

素敵なプレゼントとわざわざのご来店、本当にありがとうございました。

見たこともないオーダーメイドの生チョコケーキは、胸の中に甘くしみました。

 

この河口湖にお店を営業して、12年...いろんな事がありながらも、何とかなんとか

続けてきた。 正直、私の趣味やエゴだけではとっくに消滅していた。

私のお店に好意と期待をもって、来店してくれたお客さんに改めて、感謝いたします。

私がいろいろと毒を吐きながらも、少しでも理解してくれる優しいお客さんがいる事を

とてもうれしく思っています。

 

私のお店は万人に対しては、不向きです。 私の趣向がとても強いお店です。

誰にでも来て欲しいなどと、決して思っていないお店ですが、波長の合うお客さんに対しては

非力かもしれませんが、私の最大限の営業努力をしようと思っています。

 

これからもいろいろ努力して考えて、いろんな方に期待をしてもらえるお店にしたいと

考えていますが正直、体調と気持ちが合致しません。 悲しいかな年齢とともに

いろんなことが妨げになっています...。 これからは、少しずつ出来ることを

したい事をする、という観念でパルティータを続けていければと思っています。

 

嬉しいバーボンウィスキー。 私の長男がプレゼントしてくれました。普段は安い薄味の

ウィスキーしか飲んでいないので、これもとっても嬉しいです。

 

いろんな思いをかみしめながら、いつも独りで過ごしています。

 

次第に酔いに任せて、そろそろ横になります。

 

Partitaの開店記念日