次男誕生

テーマ:
前駆陣痛なの?本陣痛なの?なブログを書いて数時間後、無事に次男を出産することができました

日付を超えた頃から痛みに耐えられなくなり、病院に電話→おそらく出産になるだろうからおいでおいで〜、ってなことで旦那を起こし、眠る長男と共に病院へ
また「前駆陣痛ですねー」で帰されたらどうしよう...という心配をよそに、行ってみたら入院グッズなども用意されてて、即分娩室へGOな状態でした。
病院到着から約2時間半で出産となったのですが...

いやー、長男の時と違って叫んで叫んで叫びまくりでした
長男の時はお産が重なったせいもあり、看護師さんもバタバタ。
促進剤のため旦那もギリギリまで仕事、で私はひとり痛みに堪える状態で、気付けば子宮口全開。
助産師さんの掛け声に合わせてイキんで〜って感じでした。

今回は旦那がいる。
看護師さん(しかも師長さん)も付きっ切りで、長男出産の時と比べたら至れり尽くせり
子宮口が9センチ開いた辺りから、「ふーってして〜」と言われ、声を出したらもう止まらない
ものすごい大声で「ふぅぅぅぅぅぅうぁぁあ!!!」と叫びまくりでした 
途中「痛いー!」とも叫んでました。
(だって痛かったんだもん
パニック起こしかけてたのかイキまないで、力抜いて〜の声にも瞬時に反応出来ず、次男が出かけてた時に何度か力入れちゃってました
ごめんよ、次男くん...

ちなみに、私の声でさすがの長男も目を覚まし、途中まで見てたけど「お外にいる?」と聞いたら小さく頷いたので父ちゃんと一緒に退室。
そこからは私と看護師さん、助産師さんの3人での出産となりました。

生まれたばかりの次男は初め酸素が足りてないようで心配しましたが、その後回復
どうやら私の羊水に血が混じってたようで、それを飲み込んでちょっと苦しかったのかも??
へその緒をぐるんぐるんと2回ほど首に巻いての誕生だったらしいです。
(へその緒が長かったから大事には至らなかったけど

私は、というと子宮口の開き待ちをしてる間から「出血多いね〜」と言われ、出産後もやっぱり出血が多く、しばらく分娩室に滞在。
(...というか、このブログも分娩室で書いてます。笑)
なかなか子宮収縮が起こらず、後処理も長引いたっぽい...?
お腹グイグイ押されて痛かった

そんなこんなでようやく父ちゃん&長男が次男と初対面を果たしたのは1時間後とかだったのかなぁ?
初めはおっかなびっくりだった長男も慣れてくると次男のほっぺを触ったり、「ちっちゃいね」「かわいいね」と言ってくれたり、早くもデレデレな様子でした。
記念写真もいっぱい撮って、帰宅する時に「かーちゃん、(名前)のことわすれないでね」と意味深発言が
次男が産まれて、私が入院をしてしまうことを察しての言葉だったようです。
もちろん忘れないよー!
幼稚園終わったらまた会いに来てね、と言うと「かーちゃんのことわすれないからね」と約束?をして帰って行きました。

うう、長男も次男もかあちゃんの大事な大事な宝物だよー!

夕方にまた会いに来てくれた時にはめいっぱいぎゅーっとしてあげようと思います

長男帰宅後、次男は初めてのおっぱいを飲み、そのままスヤスヤ〜と寝ちゃいました。
その後、一度ナースセンターに預かってもらうことになり、今はひとりで部屋移動待ちです。

興奮冷めやらぬまま書いてしまいました
 
そんなこんなで、切迫流産、切迫早産、子宮縫縮術からの、まさかの予定日超過を経て、41週2日での自然陣痛からの出産となりました。


これからは男の子2人育児のあれやこれやを書いていきたいと思います