春夏秋冬外遊び。整体ママの五感を育てる森のほいくえん日記。

春夏秋冬外遊び。整体ママの五感を育てる森のほいくえん日記。

元気で輝く子どもには外遊びが一番。春夏秋冬お外で過ごす森のほいくえん作りを目指して活動する整体師ママの子育て奮闘記。

自然を守りたい、地球をきれいにしたい」という思いを子どもの頃から持ち続けていた私は環境のことを学ぶために大学の生物資源学部に入学。

そこで微生物の世界にのめりこみます。
研究室では環境汚染物質、詳しくは発ガン性物質を分解する微生物を研究し、微生物を使って、人間が汚染した環境を浄化する技術を研究しました。

そして晴れて、その環境浄化微生物を専門に扱う。ベンチャー企業に入社することになり、夢が叶った!世界を救うんだ!と息巻いていました。

我が子が生まれたことをきっかけに、子どもと身体と自然をメールに活動を切り替え、保育士、整体師を経て、今は自宅サロンを営みながら娘と森のようちえんの活動をしています。自然の中で子どもを育てる、丈夫な身体づくりをキーワードにブログ発信中です。

みんなと一緒に「自然を守る、地球をきれいにする」ことを考えたいです。よろしくお願いします。


テーマ:
長野の山奥に越してきて
2ヶ月の体験のつもりが
帰りたくなくなって
帰れなくなって
ずるずると。。。
もうすぐ8ヶ月近くになるのかな。

貯金もなくて
仕事もなくて
社会的にはちっとも豊かではないのだけども
町で暮らしていた頃より
都会で会社員していた頃より
ずっとずっと豊かさを感じている。

私が感じる豊かさとは



山の中をお散歩したり



夏でも冬でも小さな子達とキラキラ光る川で遊ぶことだったり



ぼ~っと火を眺めることだったり
見上げるとそこには満点の星空があることだったり



子どもも大人も、音をただ楽しむことだったり



収穫を楽しみ味わうことだったり



ひたすら作ることに没頭することだったり、と

特別なことではないけれど
ひとつひとつが私の生活を
豊かに彩ってくれる。




ゆったりとした時間
何をしてもしなくてもいい
全部えらべる
今日はなにしよう?なにつくろう?

誰かに決められたスケジュールをこなすことにいっぱいいっぱいになって
いつのまにか浅くなっていた呼吸
ここで一旦、なにもしないを選択することで
深く、深く、自分と、対話し、呼吸ができるようになってきた。
そして目の前の豊かさを感じ味わうことができるようになってきた。



お部屋を片付けてひとりヨガしてみたり



キャンドルの明かりでディナータイムしてみたり

昔はディズニーランドにいったり、ハワイに行ったりが
豊か~だと思っていたけど
それらの派手な遊びは今でも好きだしやりたいことではあるけれど
じっくりじっくり静寂のなかで
今は目の前の豊かさを噛み締めたい気分。

この地に自給自足を実現すべく集まってきた移住者たちは
有機、無農薬の農業に取り組む方たちが多く
愛情と手間隙かかった、無農薬野菜が
ひょいと手に入ってしまうという
なんという贅沢な場所。
産みたての平飼いの有精卵も
お手軽な価格で手に入る。
お米も無農薬栽培農家さんも多い。
ときには山の獣(鹿や猪)のお肉をいただくこともある。
山の木の実にきのこのお裾分け。
おばあしゃん手作りのおつけものやくるみ味噌。
なんとも贅沢で豊かな食の天国。
都会でこのレベルの食材を集めようと思ったら、セレブなオーガニックスーパーで
相当の覚悟がいるような気がする・・・
はぁ、ありがたい。


スローでゆったり
自分のペースで自分の時間で過ごす今の暮らしは
私のなかでは最も豊かな
ライフスタイルなのです。


テーマ:
今年初めてのブログです。
寝正月からまだまだ冬眠モード。
そろそろ起きるかな〜

さて、昨日は地区のどんと焼きでした。
昨年、学校で作ったお正月飾りを持って広場に集合。



高く高く積み上がった飾りのてっぺんにはだるま様。



点火役は子どもたち。いざ!



点火〜!



一気に燃え上がる。熱気がむわっ。



あまりの暑さに半袖になる子ども。

3時に点火してじっくりじっくり焼けていき



いつしか日も落ちて



お正月のお酒とお餅、おきで焼いたイワシにスルメをご馳走に
近所の人が集まって長々語り合う。

はじめての風景、はじめての経験なのに
何故か懐かしい。
暖かい。

火はいつまで見ていても飽きなくて
炎と一緒に、やりたいこと、たくさんの想いが
生まれて消えて

今、ここに居られる幸せを噛み締めた。
去年の今頃は全く想像していなかったところに今は居る不思議。

今、今、今。
積み重ねていったら、どんな景色に出会えるのだろう。
今はまだ白紙の未来のまま、進もう。

テーマ:
もうすぐ2018年も終わり

今年は思考を一旦おやすみさせて

感じるまま、やりたいこと、見たい景色の中へ

飛び込んだ年だった。



大好きな八ヶ岳で朝日を浴びる




水と土と戯れる



仲間と恵みをいただく喜び


全部全部

私か願った景色

味わせてくれて、ありがとう



さぁ、また新たな望みを願おう。


来年のこの日は
どんな景色と出逢っているのだろう


楽しみでならない

さようなら2018

よろしく!2019!



しめ縄作りも3年目

まだまだだけど、だんだん上手くなってるよ




さて、産土神様に初詣に行ってきます。




テーマ:
公立の保育園で補助として働いてきた私ですが
やっぱり自分の保育がしたい〜と
ふつふつとした想いを持っていて
でもなかなか踏み出せなかった。
けど、やっぱりやりたいことやろう!と
”お山のほいくえん”を始めることにしました。



園児は二人。
2歳さんと6歳さん。
園舎はありません。
のんびり、のんびり、
里山をお散歩する。



はじめてのお散歩の日は雨上がりのスタート
日がさしてきたけど傘に濡れ落ち葉で飾って
ひのひかりに透かしてステンドグラスみたい



寄りみちしながら宝物みっけ
子どもの目線で子どもの歩調で
ただ今めのまえを楽しんで



砂場を見つけて座り込んで遊ぶ
実は砂場を見つけたのは私
私が遊び始めたのを見てお砂遊びに引き込まれる二人
ただ見ているだけじゃなくて遊びのきっかけを作っていくのが私の役割だと思ってる。
大人目線、子ども目線、違うから、いろんな遊びを見つけられる。

たっぷり歩いてたっぷり遊んで
みんなで大満足してまた遊ぼうねと別れた初日

そして嬉しやリクエスト
またまた雨上がりの日にお散歩にGo!


初日はある程度、私がルートを誘導したけれど
慣れた2回目は2歳さんにお散歩道を決めてもらった
いっぽんばし渡れ、ずんずん渡れ


この段差から飛び降りるのが楽しくてしかたない2歳
6歳さんは飛び降りると飛び乗るを繰り返す
なんでも遊具。遊びは尽きない。



川行く!というので河原に遊びに。
12月の川ですが、



水遊びは必須です。2歳さん。ご満悦。
6歳さんは岩のすべりだいを見つけてこちらもご満悦。




河原にあるもの集めに集めておままごと。
お皿は葉っぱ。枯れ草で作ったお箸。
小石のおかずに葉っぱのサラダ。
赤い実、黒い実ちらして美味しいご飯のできあがり。
はっと気づいたらお昼のチャイム。
もう帰らなきゃ。

なんにもなくても
なんでも遊具になるし
なんでも遊びになる

創造性を発揮できるから
やっぱり自然の中で遊ぶのが好き。
目の前のものから創り出すのが好き。
これって私がちいさかったときから得意なことだった。
何かに見立てて何かになりきる。
想像力は無限大。
そんな時間が好き。




ただひたすらに石を拾っては投げ拾っては投げ
丸い石、四角い石、軽い石、重い石、小さい石、大きい石
投げてはぼちゃん、投げてはボチャン
水しぶきも違う、投げたときの感覚も違う
何度も何度もいろんな実験をして
それを楽しんで、
そして見て見て!一緒に感じてって
キラキラした瞳で振り返るその姿を
見ているのが好きだ。



なんにも言わなくても大きい子は小さい子の面倒を見てる。
そのやさしさを見るのが好き。
小さい子は大きい子にゆだねて
そのお互いの関係が作られていくのが素敵。



今日は行く先もやることも決めずにきたけど
それぞれがそれぞれの時間を存分に楽しめた。
プログラムがないゆったりしたお山の時間が大好きだ。
これからものんびりまったり
おやまのほいくえんやっていこうと思います。

ときどき先導してみたり
子どもに委ねてみたり
自分も子どもに戻ってみたり
大人と子どもを行き来するほいくえん。
ああ、こんな場が創りたかったんだなぁ。
いつのまにか夢かなってる。
やっぱりやりたいことやるって幸せだぁね。


テーマ:
2日連続で
学校から熱があると呼び出しがあり
早退した娘さん。
熱といっても37℃5分
微熱で元気
帰ってきても、ちっとも寝やしない
有り余る時間をマンガでつぶすのもなんだったので 
編み物に挑戦



棒や鍵針は慣れてからと思い指編みで
はまってくれました



二人で黙々と編んで、1日でマフラーが完成!

そして2日目は



クリスマスカラーのシュシュ
なかなか可愛い❤️



サンタさんにプレゼントする!と
娘とお揃いのマフラーを編み始めました。
指編みのお休みは手形を作ってはめておく
なんか可愛い

参考書は図書館で借りたこちら
題名にあるとおり30分で編めちゃう!
完成すると達成感あるよね
編みもの初心者さんにオススメです!
小2の娘もサクサクやり方を覚えて
編み編みしています

手仕事って
材料を自らの手で変化させて
作品へと仕上げていく
その過程から
子どもが自ら世界に何らかの働きかけをして
その世界を変化させ新しいものを創造したという
経験になるそうです。
その経験が、後に社会で生きていくときに
自分は世界に働きかけて影響を与えることができるという
自信の根拠になっていく。
そんなことを昔、シュタイナー教育の先生から聞いて
なるほどと思いました。

そんなことを抜きにしても
ただ手を動かし
今に集中できる
手仕事の時間は
とってもとっても豊かな時間だなぁと
感じる

寒くなってきたから
家の中での、静かな手仕事の時間
娘と楽しんでいきたいな

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス