平成生まれの私の平成の仕事 さぁいこう、令和!! | 特技ゼロ、16歳でカメラ片手に海外一人旅へ。スラム街で見た世界を伝える報道系写真家・吉田尚弘 公式ブログ

特技ゼロ、16歳でカメラ片手に海外一人旅へ。スラム街で見た世界を伝える報道系写真家・吉田尚弘 公式ブログ

報道系写真家(スラムカメラマン、ドキュメンタリー写真家、スクールフォトグラファー)の吉田尚弘、公式ブログ。16歳でバックパッカーとして海外一人旅を始め行き着いた場所はスラム街。現在、スラム街を始めとし社会情勢(問題)を幅広く取材。講演会活動にも力を注ぐ。


テーマ:

平成3年に生まれた私。

 

実は、私の夢はテーマパークのホテルマンか、

夢の国のキャストだった。

 

まだまだその夢は諦めたわけじゃない。

写真など、自分のできることで関わることが目標だ。

 

そんな私が、ひょんなことからカメラマンという道に。

しかも、貧困地域で人々の生活を撮るなんて想像も

していなかった。

 

そして、今はとても大切な仕事になっている。

 

当時は、右左もわからないまま

この道を歩みだし、初めて媒体に掲載していただいてから

(デビュー)8年。

 

どんな活動をできたか、

ここでは主にドキュメンタリー分野に絞って少し

振り返ってみる。

 

 

●はじめての掲載は、地元大手の新聞社である中日新聞。

数を数えたら、写真提供は15回以上になっていた。

後に、大きく「カメラマン」の仕事紹介としても掲載

 

●20歳のとき、朝日新聞出版のジュニアエラにてスラム街の記事を4ページ寄稿、取材は現地の幼稚園に泊まり込みをしながら行っていた

 

●東京での講演会開催時には、告知と撮影した写真を

朝日新聞に掲載

 

●三重で企画していただいた写真展や講演会では、
毎日新聞、朝日新聞、中日新聞ほか地方紙などの取材を受ける
 
●CBCのバラエティー番組では、芸人の東野さんや今田さんと
共演
 
●NHKラジオでは、時間を少しだけオーバーして取材先の経験談を話した
 
●取材の目標は、かならず1回の取材で1つ以上の媒体に発表するというもの。売り込み先も少ないなか、TOCANAや週刊金曜日にはとてもお世話になっているうえ、現地のことを書きたいように書かせていただき、なんとか目標は達成を続けている
 
●取材中の光景写真を、小学校の図書館に蔵書する目的の単行本に掲載
 
●超有名ジャーナリストの丸山ゴンザレスさんに声をかけていただき、旅の賢者のひとりとして「海外旅行最強ナビ」にコラムを
寄稿
 
●全国ロードショー映画にドキュメンタリーカメラマンとしてコメントを提供
 
●“平成生まれ”代表?のひとりとして、共同通信からインタビューを受け、次の時代(令和)へ変化する思いを語った。記事は、国内の地方(ブロック)紙で20媒体以上に配信、掲載
 
●Yahoo!!のニュース「THE PAGE」にて名古屋エリアを担当。取材した記事が、ヤフーのトップニュースにも掲載
 
●香港の通信社とストリンガーとして契約。国内で日本の生活文化をテーマに撮影した写真は、世界的に有名なBBC、The Telegrehp、CNN、microsoft、新華社通信、Metoro、NEWS.RU、イランの国営通信社をはじめに15カ国以上の媒体に提供、掲載
 
 
 
↑画像は中日新聞掲載
 
講演会では、小学高校大学と年齢もさまざまな人々にお話することができ、国内のWEBメディアや週刊誌ほか雑誌媒体の撮影にも携わらせていただきました。
 
さて、新時代の令和がスタートした今、
新たな挑戦をどんどん積極的に行っていこうと思います。
 
これからもよろしくお願いします!!
 

ギザギザギザギザギザギザ写真家 吉田尚弘が届ける、特別サービスギザギザギザギザギザギザ

※以下、は現在受付中のサービス内容です。項目をクリックしてください。

報道版公式HP「Iand U」

国内撮影版 公式HP

 

 

【撮影分野】

■各種撮影■

≪一般、法人のお客さま≫

学校関連撮影、取材撮影(イベント、商品撮影、人物)、

ウエディング(前撮り、挙式、披露宴)など

 

宣伝用写真、記録写真など

ジャンルは問わずに、ご相談ください。

 

【報道分野】

■講演会、トークショーなど各種イベント■

現在までに学校や企業など、最大800人規模の参加者さまの前で講演会の講師を経験。

海外経験、取材で感じた事をお話する講演会も絶賛受付中です!!

吉田尚弘にしかお話しできない話が沢山あります。
小規模、一クラス単位の出前授業も可能です。

 

■写真の貸し出し■

いままで撮影してきた海外のスラム街の写真を

貸し出しします!!

写真展開催、行事開催時の展示作品として利用できます。

(映画、TV、イベントのクリーン映写用などの

用途での貸し出しも可能です)

 

■記事の寄稿、取材依頼、メディア出演■

取材先などのルポ、その他記事の寄稿にインタビューも

受け付けます!!

吉田尚弘インタビュー記事はこちら

(自身初のインタビュー記事 サイゾー出版)

2013年寄稿シリア内戦取材記事

(オルタナS 戦場取材において初めての寄稿記事)

 

■スタディーツアー引率引き受け■

海外での豊富なスラム街取材経験と滞在経験を存分に発揮し、

皆様の危機管理と現地ガイドを務めます!!

 

■海外支援アドバイス、調査■

海外支援をご検討中の方に、支援の方法について

アドバイスします。

また、団体様には実際に支援が行われているのか。

現地の人々が本当は何を求めているのかの取材調査も行います。

(詳細については、直接お問い合わせください。)

 

 

 

★現在募集中★

1-年間、取材時単発スポンサーの募集

現在のメディア業界は、海外取材に出ても黒字にすることが

極めて難しいのが現状です。

一回に必要な海外取材の経費は50万円以上で、雑誌に寄稿が

できても1ページ1万円以下という事もあります。

そんな中、現地の人々の為に少しでも取材を行いたいですが

一人の力では限界があります。

ぜひ、吉田の活動を応援したい。

という方がいましたら、ご連絡をお願いします。

取材に必要な、物品提供も大歓迎です。

 

 

 

【上記全ての問い合わせ】

取材・出演・講演等の依頼は

下記の連絡先までご連絡ください。 

 

RYAN PRESS~NAGOYA Office ~ 

メール
yoshi.17@live.jp 
(事務所スタッフ共有) 

 

※お仕事に関する問い合わせ対応、料金交渉は担当のスタッフが行います。

※メール送信より、3日以上(平日)経過しても

返信がない場合は、

再度ご連絡をお願いします。

 

 

 

 

 

報道系写真家 吉田 尚弘さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ