アドテク三銃士・備前に「Dynalyst」の凄いところを2つ聞いてみた。 | 広報&IR担当のオフィシャルブログ

広報&IR担当のオフィシャルブログ

サイバーエージェントの広報・IR室が運営しています。

「アドテク」とは、アドテクノロジーの略称。

読んで字の如く「アド(広告)」の「テクノロジー(技術)」のことを指し、
人手では実現不可能なレベルの広告配信を実現する技術にあたります。

 
当社はアドテクの分野において、規模と網羅性が、国内最大級です!!


先の決算発表でも、アドテクノロジー事業の売上高は、
前年同期比66.4%増の 55億円 と発表。



そこで本ブログでは
国内最大級の規模と網羅性、そして好調な成長率を誇る
当社のアドテク事業のキーマン3名に、それぞれのプロダクトについてインタビューを実施。

彼らを「アドテク三銃士」と称して、3回にわけてご紹介します


本日ご紹介するアドテク三銃士は・・・・



国内初のスマートフォンに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」の責任者 備前です。 
早速インタビューしてみましょう
マイク溜め息


(備前)
前述の通り、「Dynalyst」は国内初のスマートフォンに特化したダイナミックリターゲティング広告です!

サイト閲覧履歴などから、ユーザーごとの興味・購買意欲をリアルタイムに分析・予測。

バナー上でオススメ商品の広告を展開することができます。






(備前)

例えば、過去にECサイトでスニーカーを探していたとする。
それで、その後に同じ色や形やメーカーのスニーカーが、動く広告として幾つか画面上に表示されたら、別のページを閲覧中であっても、目に止まりますよね?


・・・それ、何度も経験あります!再びオススメされると、結局買っちゃうんですよね
おこづかい

※「Dynalyst」掲載事例)


(備前)
「Dynalyst」は動的バナーかつ、
過去に自分がクリックしたオススメ商品の詳細ページを提示する配信手法だから

ユーザーはついつい目に入る。

購買につながると予測される商品レコメンドをデータから計算して、
その人に合ったダイナミッククリエイティブが配信される。
だから、広告効果が高いのです
ガッツきらきら



競合となる企業は?また、「Dynalyst」の強みについて教えてくださいマイク


(備前)
同じ市場では、「CRITEO」「Vizury」などが同様のサービスを展開しています。

われわれの強みは2点
スマートフォンに特化していること
・複数のアドネットワークやSSPと連携し、国内最大級の配信在庫をもつこと


その強みによってAndroid/iOSユーザー共に幅広くリーチできますし、
バナーがフリックで動かせるなど、スマートフォンでのアクション特性を活かした
クリエイティブにも注力しています。



2014年2月に提供を開始した「Dynalyst」。
当初は同年9月までに導入社数100社を目指してきましたが早々に目標をクリアきらきら

「まだまだですよ」と目を光らせる備前が見据える未来とは・・・




次なる
アドテク三銃士をお楽しみに・・・ハート①