スーパーオートバックス246江田 カーオーディオ日記(ちょっと相模原店も)  

スーパーオートバックス246江田 カーオーディオ日記(ちょっと相模原店も)  

              神奈川県横浜市にあるスーパーオートバックス246江田カーオーディオカスタム日記です。
              カーオーディオチューニング中心にアップしていきますので宜しくお願い致します❗


こんにちは!相模原店から望月です!
今日はスーパーオートバックス246江田時代の時からのお客様が遊びに来てくれました。

246江田で光城精工Nve-03を付けて頂いたそうで音質の微調整をさせて頂きました!このおクルマは何度も調整してますので、音質の違いに少しビックリしました^_^

Nve-03は少しお高い商品ですので、こちらのお客様の様にひと通りシステム組んでから取り付けるのが分かりやすくて楽しいですね!ですが費用対効果は高いのではないでしょうか。先日当店でもご予約頂いているお客様がいらっしゃるので、またレビューしますね!


O様わざわざ遠いところからありがとうございました^_^
良い音でした!
いつもご利用ありがとうございます❗
オーディオ担当カワモトです👍

今回は新型
ホンダ 
フィット クロスター
のご紹介。



バタバタで作業中の画像撮れていません。
前車もフィットでサイバーナビ&Cシリーズのスピーカーをお使いでしたが、
今回は音にこだわった『Xシリーズ』をセレクト。
ネットワークモードを駆使して、フロント2way+サブウーファーをマルチで制御していきます。

腕が鳴るぜ✨



定番の組み合わせですが
V174Sにステップアップ。
ダッシュ上にツイーターを装着。

メタルバッフルでガッチリ固定。
デッドニングはとりあえずなしの状態。

ETCは純正位置にビルトイン
USB入力コネクターがあったので変換コネクター使ってナビに接続。
ウーファーは
オートバックスPBブランドの
ダイナクエスト
長年、『意外と鳴る』と良い評価を頂いていましたが、在庫限りで廃盤となってしまいます。
丁度良いところに段差があるので急遽、土台を作成。
簡単に作っただけのお粗末な仕上がりですが、有ると無いでは音質にも係わってきます。

ステリモもオーディオ用の4つのボタンは使えるようにしています。

そして、接続チェックして調整へ

カットオフの設定で音の方向性がガラリと変わるので注意しながら進めます。
せっかくのマルチなのでルームミラーの右下辺りに定位させます。



低域に苦戦しましたが、イコライザーまでいじって完了。

中・高域の特性が良いだけに
思わずデッドニングしたいなぁ✨と呟いてましたが
今回はなし

そして、納車を迎えます。


でも、諸事情で
立ち会えないショボーン



オーナー様へ
納車時に立ち会えず、申し訳ありません。
セッティングは気に入って頂けましたでしょうか?
エージングの変化もあると思いますので、改めて音チェックさせてください❗その際にでも感想お聞かせ下さい。
また、システムアップ等は気軽にご相談ください。
お待ちしております❗
ありがとうございましたおねがい





そして、営業活動。

ただ今、(6/26~8/2)
カーナビ キャッシュバックセールを開催しております。

また、246江田限定企画
カロッツェリア サイバーナビ(DCモデル)購入で
アマゾン fire TV Stick プレゼントしています。
(コレさえ有れば、車内のエンタメ機能をとことん使い倒せます❗)

詳しくは店頭またはHPまで❕



たまには営業活動も許してくださいネウインク


いつもご利用ありがとうございます❗
オーディオ担当カワモトです👍

自粛解除・あおり運転厳罰化のニュースで
少しずつ活気が戻りつつある江田店ですが、皆さんも密にならないようご協力お願いします。
油断は禁物です。



今回は
日産
ジューク

いつもピッカピカ❗

以前から当店で色々やらせていただいているお客様。
スピーカー&アンプの交換のご依頼。

もともとモレルのテンポウルトラ。

良くまとまった音で
このスピーカーの『基準の音』にさせてもらってました。
『このクルマを目指す』ようにいつも音作りをしていました。

最初はナビの内蔵アンプから始まり、外部アンプ導入、アウターバッフル化、ケーブル類のグレードアップ、電源強化等、システムアップする度に音質向上を体感出来てかなり楽しませて貰いました。

やっぱり、このクラスのスピーカーは飽きずに使えて長く楽しめて良いですね✨

思い入れがあるだけに
交換するのはちょっと寂しい

ただ、僕も気になっていたのが
『出しきった感』
そろそろ、限界かなと感じていました。


もっと好みに近付けたい。

と言うことで

今回選んだのは、

スウェーデン
DLS リファレンスシリーズ RC6.2
価格だけ見ればグレードダウンですが、こっちの方が好みに近いのではと言うことでセレクト。

ついでにアンプも
他店でも好評価のAB級アンプ
HELIX H400X Precision

すんなり装着。
ちょっと加工して装着。


アンプは少しレイアウトずらして装着。



そして、ゲイン調整しながら鳴らしてみると
音離れの良さに
このアンプ良いぞ❗
一瞬で感じました❗

普段はお客様自信で調整されているのですが、久々にやらせて貰います
初めてのスピーカーなので
探り探り
色々試して、より良い繋がりを見つけいきます。
もちろんタイムアライメント・イコライザーもいじっていきます。




ちょっと不安だった
低域の量感・音抜けやスピード感も全く問題ありません。
調整しながら
『コレなら喜んで貰えるぜ✨』
ニヤニヤしてました。

エージングでどのくらい変化するか読めないので、現時点での最良と思われるセッティングにして
完了。


そして、納車。
いつもの試聴タイム。
お客様も
『凄い』『凄い』『凄い』の連発
喜んでいただけて何より❗


狙った音に近付けたのではないでしょうか💡


オーナー様へ
いつもご利用有難うございます。

毎度、勉強させていただき、感謝しております。
今後とも末永くお付き合いさせていただけたら幸いです。

しばらくしたらまた、音チェックさせてください
じっくり感想お聞かせ下さい。お待ちしております❗





いつもご利用ありがとうございます。
オーディオ担当カワモトです👍

今回は
スバル
フォレスター(SK型)
他店では断られたと言うことで、ちょっと遠いですがわざわざ当店を選んで頂きました❗

当店では
交換(改造)しないで❗って注意事項があると言うこと。
どんなリスクが考えられるか。
等を説明させて頂いた上で
ご理解頂けるお客様には作業を受けさせてもらってます。
もちろん、エラーを起こさぬように注意しながら作業を行います。


気になる場合は
ドアには触れずに
ツィーターのみ交換やサブウーファーの追加で音質向上をすることも出来ます。
気軽にお問い合わせください。


良い色ですね✨




バッフルを固定するための穴が大きく、そのまま付けてしまうと雨水が侵入する可能性があります。
裏側から対策をしていきます。

選んだスピーカーは
発売以降、圧倒的人気の
ケンウッド KFC-XS174S

3万円台ではずば抜けています

今回はデッドニングなし。
背面に吸音材とスピーカー周りに巻いただけ



見た目は変わらず。




ツィーターも純正位置に装着
見た目は変わらず。


そして、
ダイヤトーンサウンドナビ(純正ビルトインタイプ)が装着してあるので、車種別ぷりセットをリセットして
調整し直します。

マルチウェイタイムアライメント・クロスオーバーで
まとめ上げてEQもいじって完了。


せっかく
高い純正ダイヤトーンナビを選んだのに
不満のスバルオーナー様はけっこー多いです。

高いスピーカーは選ばなくても、ナビの調整機能を駆使すれば見違える音に変貌しますので、騙されたと思って試しにご依頼ください(笑)


時々、スピーカーは変えているのに
プリセットのままのクルマを見かけます。
勿体無いので
調整まで面倒見てくれるお店に依頼する事をオススメします





そして、納車。
乗って直ぐに違いを感じていただけたようで

何より

早速、『次やるなら何かな?』と言うご質問。

オーディオ
はまったようです❗

中々、抜けられませんよ❗(^O^)







※フォレスター(SK型)はフロントドアスピーカーの交換や改造について『警告』がある車両となります。(詳しくは取扱説明書をご覧下さい)
当店ではご理解いただけるお客様にのみ、作業をさせていただいております。
いつもご利用ありがとうございます。
オーディオ担当カワモトです👍

今回は
ランクル プラド150後期型のご紹介。
USトヨタTRDホイールにグリルやリアゲートのモール等のメッキパーツをブラックアウトしてシブイ❗



もともと、他店にてサイバーナビにモレルのテンポウルトラが装着済みの車両。
コレがしたいと言うより、何をすれば良いかな?という問い合わせ。
聴かせていただくとしっかりと取り付けしてあるなと感じさせる音ですが、煮詰めてないなという感想。
エージング前の基本的な調整のままで終わってるようで
正直、勿体無い。

『プラド』
『サイバーナビ』
『ネットワークモード』
『モレル テンポウルトラ』
『趣味はキャンプ』
『ブラックアウト』
『軽いカスタム』
どれもカワモト個人的な好物(キーワード)ばかりのお客様。




色々、相談の上、
今回は低音強化+音質調整
をご依頼いただきました❗


選んだのは
テンポウルトラを『本気』にさせたとき、物足りなくならないように
KICKERCOMP Rシリーズ。
コンプリートボックスがセットになった
 VCWR122
アンプは低価格で鳴りっぷりも良く、
安心のカロッツェリア
GM-D8100


アンプはシート下に設置。

ボックスはサードシート上に

そして、接続チェックしたら

僕の出番

サブウーファーってズンドコいわしても楽しいですが、
しっかりと基音を出すのが重要。倍音効果で中・高域まで豊かになります。
もちろん、ミッドウーファーの負担も減り、今まで濁っていた中・低域もすっきりします。

ネットワークモードなので
タイムアライメントとクロスオーバーを駆使してセンターに。目線辺りまで上げて定位させます。
ウーファーも前に定位させていきます。

人により、やり方はイロイロ。賛否両論ありますが
僕はフロント2wayをしっかり作ってからサブウーファーの調整へ移ります。
イコライザーはピークやディップ等で悪さをしている箇所や左右差のある箇所を中心にいじります。
なるべく色付けしないようにやり過ぎないように心がけます。

そして、納車。

乗って直ぐに良さを感じて頂けました❗


それよりも
調整だけここまで変わるのかと驚かれていました。
最後に
『このスピーカーって高域がイマイチ。どうにかならんか?』と言うことなので
イコライザーで少し味付け。伸びるようにセッティングを修正。より好みに近付けて完了。


買い換えるのは簡単ですが
『今、あるものをちゃんと活かす』←コレ大事なことです。

オーナー様へ
この度は数ある他ショップさんを通り越して、
当店をお選び頂き、有難うございます。
期待に応えられたようで何よりです❗
エージング後の再チェックやシステムアップなどご相談は気軽にお問い合わせください。
今後とも末永く宜しくお願いします🙇⤵️