カフェレオグループの社長ブログ

カフェレオグループの社長ブログ

キャラクターグッズの流通「カフェレオ」、グッズメーカー「アルジャーノンプロダクト」、ホビーメーカー「日本卓上開発」などいくつかの会社を展開しています。「ブックマーク浅草橋」というギャラリーも運営してます。

こんにちは!

2010年1月から続けていたブログですが、このたび当社独自で行うことになりまして引っ越すことになりました。

カフェレオグループブログ 「 CONNECT

 



アメブロには長いことお世話になり、こちらで閲覧していただいたみなさまもありがとうございました。

 

とりあえず今までの記事はそのままにしておきますが、ぜひ上記にて自分の言葉でより更新していきますので引き続きお立ち寄りいただけると嬉しいです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

先日4月15日は浅草橋のヒューリックホールにて16回目となる「カフェレオキャラクターコンベンション2022春」を開催しました。




2014年から年2回のペースで開催する弊社主催の商談会ですが、キャラクターグッズやホビーに関わるメーカーが一堂に会する内容はおそらく日本最大かつ唯一の商談会だと思います。


今回は59社の出展と速報レベルで約220名の全国の販売店の責任者やバイヤーの来場をいただきました。


コロナ禍での開催ということもあり出展メーカーの卓の配置の距離感や検温と消毒の徹底など感染対策も慎重に行っていますが、入場パスやパンフレットもオンラインカタログを自社開発してコロナ禍に即した改革を実施しています。


毎回開催前に簡単に全体の挨拶を実施しているのですが、今回は「コロナ禍が続く中で世界情勢の悪化も今後重ねて厳しい状況に向かうこと。すでに中国のロックダウンに伴う工場の休業で新商品の入荷が大幅に遅れていること。さらに原材料や物流費用の高騰で商品コストにも影響が予測されること。そういう逆境の中でもサブカルチャーがマーケットに元気を与え続けていきたいこと」というような事を伝えさせていただきました。


毎回多くの方と挨拶させていただきますが、今回の挨拶はみなさんから共感をいただいたみたいで、業界全体で盛り上げていこうと意気を高める話をたくさんさせてもらいました。


とはいえここ数年の傾向として商品企画の同一化と差別化による描き下ろしイラストの消耗化を個人的には危惧をしておりまして、今回挨拶をした方々に各社が得意としている企画や技術の最大化を強くお願いしました。


弊社のような中間流通業の存在意義も問われている現状の中で「卸からポップカルチャーの総合商社へ」の変革をテーマに弊社もグルーバリューに特化した動きを推進しています。


多くのお付き合い頂いている法人や担当者の方々などのステークホルダーとの広さが弊社の強みですので、今後もユーザーのみなさんのニーズに応え時にサプライズを提供する仕事を実践していきたいと思います。


今回も昼食抜きで2万歩のハードな1日でしたが現在の自分達の仕事の状況を表現するやりがいのある場となりました。


出展いただいたメーカー及び来場いただいた皆さま、及び開催に尽力してくれた弊社のすべてのスタッフに御礼を申し上げます。

気が付けば4月も中旬に向かう日付になりました。

桜も落ち着いて今日の気温は初夏のような暑さで、寒さが苦手な僕としては有難い季節になりました。

 

そんな4月ですが1日には隔年にて実施している5期生となる新卒のメンバーたちが元気に入社しました!

 

現在は社内にて様々な研修を行っています。

 

振り返れば2020年に入社した4期生のメンバーたちの時は入社後すぐに新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令され現在に続く未曽有の混乱と不安の時期が始まりました。

本来は外部研修や社内での各部署での業務体験などを経て配属を決めることが当社の今までのルーティーンでしたが、2020年4月はそれどころか既存のメンバーたちの訪問営業や業務の推進自体もままならない状況となり新卒メンバーの研修はすべて白紙となりました。

 

とりあえず社内での業務の手伝いや自宅待機など状況に合わせながら対応しましたが、緊急事態宣言以降も予断を許さない状況が続きましたので、本来の研修予定を実施できないまま暫定の配属を行い現在に至っています。

 

そういう状況を振り返ると4期生のメンバーたちは「コロナ禍初の新社会人」という肩書がつきますが、今も元気に仕事をやってくれていることは本当に嬉しいことです。

 

そこから2年が経過して「コロナ禍の学生生活」を過ごした人たちが入社したわけですが、コロナ禍の中でも当時とは状況が変わっている部分もありますので、今年は5期生のメンバー向けの研修に先輩となる4期生のメンバーたちも加えてあらためてしっかり行うことで動いています。

 

あくまで個人的な見解ですが「社会人研修=マナー研修」のような雰囲気もありますが、入社後にお辞儀の仕方や名刺交換などの作法を勉強することに以前から疑問に思っております。

もちろん社会人としての常識を教えることは会社の責務でもあるかとは思いますが、例えば転職してきたマナーの悪い社員に対して、「前職の会社の教育が悪い」と責めることはできませんし、あくまで個人として学ぶものではないかと思っています。

 

そういう意味では今年の当社の研修は「マナー研修」はそこそこにして、「知的財産とは?」「デザイン的思考とは」「リーダーシップとは?」などそのテーマに関わる本職かつ第一線の方に研修をお願いすることになりました。

 

こと社内でも最近「成長」ということにフォーカスした話ををよくします。

僕は営業畑を歩んできましたが「営業の成長」ということを考えると「売り上げをよりたくさん稼ぐ」「よりお客様とコミュニケーションが取れる」ということに集約されていきます。

しかし仕事というものには長い期間関わらねばならず、マーケットも変化したり若い世代が台頭してきたときに、いつまでも自身のポジションが確約されている保証はありません。

よって「より営業を頑張る!」と昨年より今年の実績がよかったといっても本質的な成長になっているかどうかは疑問を持って見たほうがよいと思っています。

 

僕は営業経験を経て30歳に起業しました。

起業してからも営業という仕事は継続してきましたが、当時は社員も少なく何でも自分たちがやらなければならない状況でした。

商品案内書が必要であれば、自身でフォトショップで商品画像を加工して、エクセルで作成した案内書はあまりにもチープなのでデザイナーではないけど独学でイラストレーターでレイアウトして、より伝わるようにキャッチコピーを考えたり、インパクトのあるフォントをひたすら選んだり、ということを繰り返し行っていました。

 

今思えばお客さんとより仲良くなってたくさん注文をもらえばよい話ですが、「営業」という範疇から拡がるスキルを得ることに努力したことは本当によかったと思っています。

とはいえ器用貧乏のようなもので専門の人たちには到底及びませんがそういう案件は本職に任せればよいだけの話です。

 

「成長」というのは「経験」でもあるのですが、あまり経験が身についてしまうと新しいスキルに関しては拒絶する人もよくいます。そういうことは勿体ないと思うのですが、キャリアというものが固定してしまう環境の影響もあるかもしれません。

 

そういう意味では研修の内容が意味不明だったり何をいっているのかわからなかったりしたとしても若いうちから少しでも視野を拡げるきっかけになればと思い、今年の研修は今までよりも充実した内容に取り組んでいます。

 

コロナ禍の中で失ったものも大きい世代ですが、その分将来的に活きるものを提供してあげられるとよいかなと思っています。

 

ということで最後に今更ですが今年取った桜の写真など

 

 

みなさんこんにちは!

 

今年も2014年に仙台を社員研修で訪問したときに現地の方からいただいたロウソクに灯をともします。

 

 

まずは震災で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りします。

 

また新型コロナウイルスやウクライナでの戦争など様々なことが現実に起きていますが、

こうして日々過ごせることに感謝して、そして穏やかな日々が戻ることを願います。

 

 

すでに情報解禁していますが先日、

 

シャーマンキングとサンリオキャラクターの

 

コラボレーションのポップアップストアを


全国のロフトさん7店舗で開催することが決まりました!

 

 

 

Twiterではかなり話題になっておりまして

 

シャーマンキングもサンリオキャラクターズも相互のファンのみなさんから「かわいい!」という声を多数いただいただいておりまして、まずはひと安心という感じです。

 

さて、当企画ですが実は一年前ぐらいからスタートしていたプロジェクトです。

サンリオさんと何かできればと以前からいろいろ話をしていたのですが、スタッフたちのアイデアの中でシャーマンキングとのコラボレーションの実施が決まりました。

 

コラボレーションのイラストは流通である当社がディレクションして当社の取引先であるメーカーさんに製造の委託をして当社がロフトさんに流通をするという当社にとってもかなりワンストップのプロジェクトを手がけることができました。

 

実際にWebサイトのページや動画まですべて当社の社内で手掛けていますが、プロジェクトの窓口になった担当スタッフは全方位の調整作業になりましたので試行錯誤しながら大変な経験になったと思います。

 

これも当社ならではのユニークなスキームで、今後も活用していきたいと思っています。

 

なにしろ当プロジェクトはコラボレーションのサプライズやイラストのクオリティに加え、ひとつひとつの商品や特典までスタッフたちの気持ちがこもった内容になっています。

 

 

ぜひひとりでも多くのファンのみなさまに商品が届くといいなと思います。

 

3月12日からスタート!くわしくは上記のサイトをご確認ください。

 

 

また当社では

 

フィールドマーチャンダイザー(営業・バイヤー・MD)

 
 
営業アシスタント職

 

 

 

 

を募集しています。

 

コロナ禍やウクライナ情勢など大変な状況が続きますが、

とにかく前向きに、業務の幅も広げていこうということで

積極的な採用活動を行っています。

 

今回のプロジェクトもほぼ当社内で手掛けていますが、

「業界をもっと盛り上げる」ことで『やりがい』を作っていきたいと思いますので

ご興味ある方はぜひご応募願います。