【新型コロナ】よこせ! よこせ! よこせ!【政府への要求】

新型コロナウイルス禍により、自粛、休業の嵐が吹き荒れている。そしてその結果、昼夜問わずの労働者、フリーランス、アーティスト、零細自営業者などの生存が直接に脅かされはじめている。
安倍政権が「専門家の話も聞かず」に打ち出した「自粛要請」に端を発してもたらされたこの事態に対しては、安倍政権が直接の責任を負うべきである。
しかし実際に打ち出されている施策はなにか。
いまのところ、「子どものめんどうを見た場合」に対してのみ、被雇用者には「会社に対して」日額8330円、フリーランスや自営業者には本人に対して日額4100円を支給することが決まっているいう。
ふざけるな。これで足りるわけがないし、やりかたもまちがっている。
そもそも自粛要請は多岐にわたり行われているのに、なぜ「子どものめんどう」だけがまっさきに「補償」されるのか。
フリーランスや自営業者の金額がなぜ「最低賃金×4時間」という不当かつ意味不明な評価なのか。
そして、労働者への「補償」も、あくまでも「会社が賃金補償を行った場合の補助金」であり、そもそも会社が賃金補償を行わなければ労働者には1円たりとも入らないのである。
まして、労働者であるにもかかわらず雇用保険や労災保険にも入れず、有給休暇などとれない、水商売で働く人々は、客足が遠のき休業にされても有休も休業補償もとれず、解雇されても失業保険すらもらえないのだ。

なによりも、新型コロナウイルスに罹患した本人の収入損失に対しては、正規労働者だろうが零細自営業者だろうが、いっさいの補償が行われないのである。

こんなひどい話があってよいのか。もちろん、ない。

公衆衛生をめぐる議論もあるだろう。なぜ「子どものめんどう見」が優先されたのかなど、きなくさい話もある。
いっぽうで、もちろん、水商売の労働者に労働者としての権利を認め、経営者に労働法を守らせることが必要である。
しかし、今はまず言うべきである。「よこせ!」と。

今後、サービス業や夜の仕事を中心に、不況もいっそう深刻化し、倒産や人員整理の嵐も押し寄せるだろう。
この事態に対して補償も給付も一切行われなければ、生活の破綻を、不安を抱えて待つしかないのだ。

政府は新型コロナウイルスにともなう補償や給付を無制限に行なえ!

フリーター全般労働組合

銀座で働く川畑満洋さんは、何人もの従業員に給料未払いにしています。

 

組合と交渉して未払いを認めて支払いの約束をしたにもかかわらず、支払日に何の連絡もなく支払いをせずに、次の団体交渉の日には現れもしませんでした。

 

川畑さんを銀座で見かけたという情報を頂きました。まだ、銀座で働きこれからも未払いを繰り返す恐れがあります。

 

川畑さんについてなにかご存じの方はぜひユニオンに連絡を下さい。よろしくお願いします。

 

https://youtu.be/M3q4ZKPhHWc

 

銀座のクラブで働く女性がお給料未払いにされています。中には1ヶ月働いて全く給料が払われていないケースがあります。

 

給料の支払いをしない経営者は川畑満洋さんです。

 

川畑さんは今まで複数の店を経営してその間に何人ものキャストの給料を未払いにしたまま逃げ回っています。

 

組合にも給料を分割で支払うと約束したにもかかわらず、連絡無く支払わずに逃げています。

 

組合に加入した方々以外にも未払いの被害を受けた方が沢山いるそうです。

 

そんな川畑さんは今も銀座で働いています。組合員が目撃しました。

 

川畑さんが働いている店を知っている方や、目撃した方はぜひユニオンに情報をお寄せ下さい。

 

川畑さんは約束を守って団体交渉に応じて未払いの給料を支払って下さい。

 

人の生活を壊す給料未払いは決して許されるものではありません。それを何度も繰り返している川畑さんは、今後もそれを繰り返す可能性があります。

 

新たな被害者を出さないためにもぜひご協力をお願いします。

 

どんなささいな情報でもかまいませんので、皆さんよろしくお願いします。

ただ今、神保町の東京堂書店2階のエスカレータ前では、『#KuToo』刊行記念フェアを展開中だそうです。

期間は11月末まで(延長される可能性あり)。

そこで、『キャバ嬢なめんな。』も選書されています!


是非、みなさん、書店に行って手に取ってみてください。