山陰線迂回貨物運転

テーマ:

 去る7月の西日本豪雨により岡山県や広島県では大きな被災となり、鉄道網では山陽線が未だに全面復旧していません。山陽線は首都圏と九州を結ぶ物流の大動脈で、いち早く山陽新幹線は復旧したものの在来線の全面復旧には今暫く掛かるようです。

 

 

 人の輸送は新幹線や在来線では一部代替え輸送にて難をしのいでいるようですが、貨物については船舶及びトラックによる代替えでは最盛期の約20%しか許容能力がありません。そこで、8月28日より名古屋貨物ターミナルと福岡貨物ターミナル間の貨物列車を岡山から伯備線と山陰線を迂回する形で貨物列車の迂回運転が行われております。

 

 

 

 

 迂回運転にはJR貨物が機関車や乗務員を担当しており、特に非電化区間にはJR貨物愛知機関区より3輌のDD51が米子に一時在駐し米子と北九州貨物ターミナル間を担当します。この迂回運転は阪神淡路大震災以来22年ぶりの事となります。
 尚、名古屋~岡山~米子及び北九州~福岡間は通常の電気機関車にて運行されており、通常の約2倍の所要時刻で運転されています。
 しかし、現在の輸送量は迂回貨物を入れても最盛期の約20%にもならず、物流にとって鉄道は如何に重要であり早期の全面運転を望むところです。

 

 

 

 保存会では毎年鉄道に関わる研修会と親睦を兼ねた研修会を実施しています。今まで、若桜鉄道やJR西日本後藤総合車両所などへ行って来ましたが、本年はメインエベントのご当地奥出雲トロッコ列車「おろち号」の乗車を企画いたしました。ところが、7月の西日本豪雨により木次線の出雲横田~備後落合間が運休となり実施が危ぶまれていましたが、何とか信号系統の迂回措置により「おろち号」も運転の再開となりました。

 

 

 

 

 9月7日(金)当日は曇り空でしたが木次駅10時7分発の「おろち号」に参加者22名が乗り込み、秋近しと処暑の清々しい風をいっぱい受けながら早速酒盛りが始まりました。また、トロッコ列車の沿線案内は会員のボランティアの名調子に誘われてトロッコの乗り鉄を思う存分堪能しました。

 

 

 

 最終駅でもある芸備線の乗り継ぎでもある備後落合では地域のボランティアによる駅周辺の興味ある説明を聞きました。

 

木次線運転再開!

テーマ:

 

 先月の西日本豪雨により出雲横田~備後落合間が運休をしておりましたが、8月8日より運転を再開しました。通常の運転再開によりトロッコ列車「奥出雲おろち号」も8月8日より運転を再開しました。

 早速、雲南市蒸気機関車C56108保存会でも運転再開を祝して団体にて乗車する事にしました。実施は9月の処暑とは言っても夏の緑を楽しむ楽しい乗り鉄になりそうです。

 

 

 

 尚、このちらしに使った「おろち号」は2009年7月に通常の牽引機であったDE152558が突然の故障により、急遽予備機であったDE101161が急遽おろち色に塗装する前の国鉄色にて5日間だけ牽引した時の写真を使いました。

 

 

 当初、出雲横田~備後落合間の豪雨による被害はさほど大きなものではありませんでしたが、一時全面復旧には1年を要するとアナウンスがされ、それと共にこのまま木次線は廃止になるのではととんでもない噂も飛び交うほどでした。

  今回の長期運休の原因は木次線油木~備後落合間での数カ所の浸水や土砂流失があったものの最大の原因は備後落合駅の運転用の信号系統の打撃にありました。木次線の備後落合駅は木次鉄道部からの運転信号ではなく芸備線からの指示によるもので、現在芸備線では橋梁が流失しており運転用の信号系統が断絶しております。そこで対処方法として、信号制御の迂回ルートでした。今月1日に伯備線が全線開通した事により、これまで広島支社よりの信号制御を伯備線を経由して岡山支社が管轄する事により備後落合駅の信号を制御する事により全面開通の運びとなったものです。

 

梅雨の合間をぬって定期清掃作業!

テーマ:

本日(6月28日)梅雨の合間をぬってC56108の定期清掃作業を保存会員約20名の参加で行いました。

 

 

 

C56108廻りの生け垣の刈り込みや下草刈りは前もって会員の方々により行っておりましたので当日は草の清掃と撤去を行いましたが、野天の保存の為にサビによる腐食が心配で廃油をもらって来て塗布作業も併せて行いました。

 

 

 

やはり、各所にサビの腐食があり野天での保存の限界を感じると共に早急に保存用の屋根の設置が急がれると思いました。また、現在JR木次駅付近の再開発計画が持ち上がっており、このC56108も保存箇所の検討せねばとの意見もあり、若桜鉄道のように高圧コンプレッサーにより動かす事が出来ればJR木次線の本線に近い場所への保存が将来的にも優位になるのではないかとの事でしたが、動かす事が不可能であれば、木次線の中心駅でもあるJR木次駅前がインパクトも大きいのではないかとの意見もあり、保存箇所と保存方法については今後研究と討議が必要との事になりました。

 

 

 

今年も保存活動がんばるぞ!

テーマ:

 本日(4月20日)保存会の評議員会を開催いたしました。
 平成29年度の決算やら事業報告の後、平成30年度の事業について話題が盛り上がり今年の視察研修は、木次線のトロッコ列車はどうかとの事になりました。当然、実施に向けて動こうと思いますが8月中は毎日運転ですがこの間にはできるだけ一般の方々に乗車していただきたく、地元は9月に入ってからの貸し切りとしました。

 

 また、せっかく保存会で保存整備を続けているのだから、木次線の活性化に何か役立てる方策は無いかと事となり、現在の保存箇所についても多くの意見があり、最終的にはJR木次駅付近に保存場所を移転した方が木次線にとってもインパクトは大きいとの事となりました。しかし、移転整備には莫大な経費も必要で費用や地域の方々への啓発については以後検討する事となりました。

 併せて、会報も第5号となりました。