最近の釣行

テーマ:
秋の荒喰いという魔法の言葉に誘われ、

夜な夜な河川をさまよい、ついつい深夜まで竿を振ってしまいます。



実際、魚とのコンタクトがあり、魚の姿は見られるものの、秋の荒喰いシーバスを連想するサイズには出会えません。

潮止めの激流の中から姿を現したのは70cm程のシーバス
これでは、秋の荒喰いシーバスとは言えない。

日を改め、別の場所では、

またもや70cm程のシーバス。

ムキになりポイント駆け回った挙句、釣れたのは
60upのシーバス

まさかのサイズダウン•••

テンションも⤵︎
次の日の昼間も

60cm   (T ^ T)

ボウズではないものの、ホゲたような気分になる
釣行でした。