QOL ~Quality of Life~

QOL ~Quality of Life~

日々のいろいろ、仕事、乳がん。
でも、より良い人生のために。
毎日笑って、生きていこう。

                   ブログでたくさんの元気をもらっています。

                      コメントありがとうございます。

今年は季節の移り変わりを感じずに、
6月になっていた。

コロナ禍。

4月の半ば、
かなり気持ちが落ちていた。
先のことがわからない。
この状況のいつがピークなのかもわからない。
世のなかがテレワークに移行しつつあるなか、
片道1時間以上の通勤。
半自宅待機で異動先になかなか馴染めない。
真正面から感じるストレス。
ややコロナ鬱だったのかなあとあとから思う。

この会社に休業はありえないと思っていた。
けれどGW、2週間の完全休業。
晴天の霹靂。

通勤と対面接客から解放される安堵と、
はて、2週間もどうしよう、という戸惑い。
テレワークではなく自宅待機。
さあなにをしよう?

結果、
ゆっくりゆっくり、おうち時間を楽しんだ。
ミシンでマスクを作り、
散歩の途中で農家でお買い物。
片付け、料理にも時間をかけられる。
家にいられることの幸せと感謝。



それまでのストレスでキチキチになっていた気持ちが穏やかになっていく。

それでも降って湧いたような2週間にはやはり戸惑いもあり、
毎日、さあ今日はこれをやろう、と目標を決める貧乏性ぶり。
そしてこの2週間、どれだけ太ってしまうんだろうという思い。

イヤだ、これ以上太りたくない。

去年の秋、タモキシフェンの服用をやめて、
体重なのか浮腫みなのか3キロ減。
浮かれた矢先に年末年始で3キロ増。
年明け戻らずさらに2キロ増と、
短期間で目を見張るほどの乱高下。
人生最大の体重になり、日々微増ながらそれを更新してしまう有り様。

制服キツい。
身体重い。
なにより自分に自信が持てない。
だってもうすごいんだもん。
ゴムじゃないとお腹苦しいんだもん。

イヤだ、痩せたいなんて恐れ多いことは思わない。
せめてもうこれ以上太りたくない。
運動なんて大嫌い。
でももうそんなこと言っていられない。

というわけで、必死で始めた自宅エクササイズ。
たどり着いたのがこちら。


バニトレ14分の全身痩せ有酸素運動。
これを1日2回。
まー、きついきつい。
でもひたすら、太りたくないんじゃの一心で、
娘とふたり、ひいこら言いながら頑張りました。
休業が終わったいまも1日1回続けていて、
約2か月経ったいま、3.5キロ減。
体重だけではなく、身体がかなり引き締まり、
ウエストなんてものも出現。
成果を感じられると頑張れる。
あと2キロ頑張ろう。

そして娘のこと。
学校が休校となり自宅学習となり外出自粛となり。
娘と顔を突き合わせての生活が始まった。
当初わたしはお互いにイライラがつのり、
気持ちが破綻してしまうのではないかと思っていた。
でもこの状況がいったん収束となったいま思うのは、
この数ヶ月がわたし達母娘にとりどれだけ貴重な期間だったんだろう、ということ。
娘は格段に成長した。
出来なかった多くのことが出来るようになった。
家庭内という限定された小さな世界のなかでのルーティンを毎日毎日繰り返して、
家事が格段にできるようになった。
正確には理解できるようになった、に近い。
普段はなかなか記憶しずらいことも、反復し続ければ刷り込まれる。
ヒトより時間はかかる。
でも頑張ればできるようになる。
この数ヶ月娘の成長を間近で感じ続けて、感動も多々。
娘の成長を感じられるとわたしの気持ちにも余裕が生まれる。
たくさん褒めて、わたしも気持ちが優しくなれた。
ヒトとはカタチも速度も違う。
でも進んでいる、前へ前へ。

そして2週間の休業が明け、
交代制出勤になり、出勤は月の半分ほどになった。
一生に一度、もうこんな時間は2度と経験しないだろうと思う。
神様がくれたら時間なら、人生最大に有効に使おう。
あることを決意した。

自分の既往歴。
ひとり親としてのこれから。
娘の人生。  

いまわたしができること。
しなければならないこと。
それを手に入れようと。

もうひとがんばりしようと決意。
またご報告します。

みな無事にこの状況を超えられますように。