昨日、首相から「緊急事態宣言」を4月7日に出す旨発表されました。

続いて埼玉県知事からも、要請がありました。

私の住む町、戸田市からも今後の対策について発表がありました。

それらをアタマに入れた上で、今後の個人レッスンをどうしようかと悩んでいました。

未曽有の災難に、小さいながらも音楽教室の長である私はどう行動を起こすべきか。

不要不急の権化のような、私たち”音楽を生業とする者”に今できることは。

悩みに悩んだ末、以下の文章を認めました。少々文章を足した部分もあります。

 

生徒のみなさま
保護者のみなさま


みなさまこんばんは。
夜分に大変失礼いたします。


コロナの感染拡大の影響により、明日にも首相から緊急事態宣言が出されることが確実になりました。続いて、県知事からも声明が発表され、埼玉県民、そして戸田市民として、これからどう行動していくべきかよく考え、より良い道を選択していかねばなりません。


ピアノのレッスンも先日メールで連絡させていただいたように、「今のところレッスンは細心の注意を払いつつ続けます。ただし今後の情勢の変化により対応を変えていくかもしれません」…の姿勢で、私も毎日いろいろな情報を仕入れては、これからのことを心配していました。
 

ただ、これ以上の感染を拡大させないためには徹底した手洗い、うがい、除菌、マスク、なども大切ですが、緊急事態宣言が出されるにあたり、戸田市民として足並みを揃えることも非常に重要だと考えました。
まず「人と会わないこと」が一番有効ですね。できるだけ外出せずに。とても辛く悲しいことですが…。
しかしなるべく外に出ないでいることで、感染する機会も、そうとは知らずに誰かを感染させてしまう可能性も減らせます。


この一か月、いやそれ以上ずっと、他のピアノ講師仲間とも情報交換をし、厳しい状況の中で指導者として生徒さんたちに何ができるだろうと方法を模索してまいりました。オンラインレッスンをもうすでに取り入れていらっしゃる先生もおられます。私は、(オンラインでは、通常のレッスンの何分の一かしか伝わらないし、どうだろう?)と疑心暗鬼な目で見ているので、使っていらっしゃる先生からはお叱りをいただきそうですが💦。オンラインレッスンを否定するつもりは毛頭ありません。オンラインだからこそのメリットもあるとのこと。まるで家庭訪問に伺った感じで、お家で生徒さんがどんな環境で練習しているのかも知ることができて、と。悪い面ばかりではなさそうです。

 

でもやはり、生のレッスンに敵うものはないのですから。生徒さんも保護者の方もそこはご理解くださっていると思います。

そしてどんな選択をしたとしても全国の先生方も一番良い指導の形は何か、重々承知でいらっしゃるでしょう。

 

それでも日本がどこに向かっていくかも見えない中、使えるツールは選択肢のうちに入れておくことも大切かと思います。そこで私は今現在、希望が有ればオンラインレッスンを取り入れることも視野に入れています。
何といっても通常のレッスンを続けることが、ピアノを習うのには何といっても一番なのですが、現状を鑑みると、不安を抱えながらのレッスンを続けることは私にとっても生徒さんひいては保護者の方々にとっても、良くないことだと思い至りました。


ですので、大変残念ではありますが、4/7からのレッスンを5/6までお休みにしたいと思います。
4月のお月謝をお預かりしている生徒さんも多いですが、それは5月分にまわさせてください。ご理解をいただけましたら幸いです。
今後の世の中の情勢を注視しつつ、これからのレッスンについて考えて参りたいと思います。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。


YASUKO音楽教室
佐野安子


P.S.保護者のみなさま。
今後、オンラインレッスンを希望される場合に備えて念のためお聞きしたいのですが、
Skype、FaceTime、Facebookのmessenger、LINE、の中で、使えるツールはありますか?
オンラインレッスンをする場合は、次の手順で進めようと考えています。どのアプリも音質があまり良くないので、
(①まず、生徒に事前に演奏録画を送っていただきます。それを私が聴いて改善点などをまとめておきます。
②そしてレッスン時間にはアドヴァイス中心に。
③次の課題は私から演奏動画と解説動画を、後で送ります。)
…このような流れを考えています。でもまだ模索状態ですので、変更や改善していきます。

 

 

…私たちピアノ指導者、音楽指導者、にとっては、まんま「音楽」しかありません。ピアノと言う楽器を使って、もっと自由にもっと広くたくさんの名曲を弾いてほしい。その楽しさを知ってほしい。生徒さんが困ったな、わからないな、大変だな、難しいな、と壁にぶつかった時、「大丈夫だよ」「リズム練習一緒にやってみようね」と一緒に肩寄せあいながら直伝できる場所、それがレッスン室です。

この普段当たり前にできていたマンツーマンのレッスンが、ここへきて続けるには難しい状況になってくるとは…。

でも近い将来、また通常レッスンで会えるでしょう。それを信じて、ガマンガマンの日々ですが、踏ん張りましょう!

 

そういえば、さっき私はお風呂に入りながら思いつきましたが、先生の「勝手に動画配信」など、してみようかなと思います。いつも、生徒さんの課題曲を録画してYouTube動画で送ったりしていますが、例えばその日パッと開いた楽譜を演奏して動画にし、生徒さんみんなに送る。「あ、知ってる曲!」「これ、いつか弾きたい!」というように、お家で楽しい会話が生まれたらいいなあ。毎日続けられるか不安だから、できたときに気まぐれに送ってみようかな?みんなのモチベーションアップにつながればいいな。

 

「私たちの役割」

 

…タイトルに偉そうな言葉を書きました。

とってもとっても小さい一歩を生徒に踏み出してもらうために、私たちは手ほどきをするのです。その小さな一歩が、いずれ大きな成長につながると、知っているからです。

私たちが通って来た道はすでに自分にとっては当たり前すぎて、今はタイヘンではないことでも、生徒にとっては初体験、未知の世界であることも多いですね。そこを、うまく導いてこっちだよ~と誘導していく。…講師の仕事はそんなことの連続ではないでしょうか。

 

その小さな営みを、努力を、勇気を、応援するために、導くために、私たちがいる。

その成長を見守り、上達を心から喜び、称える、そのために、ここに。

 

 

…長くなりました。

最後になりますが、習う側も教える側も、この困難に立ち向かわなければならない厳しい時にこそ、音楽で癒されて欲しいと切に願います。不安な気持ちは消せませんが、音楽の持つ力を心の支えにできたらと自分にも言い聞かせて、踏ん張って参ります。

 

手前みそで申し訳ありませんが、娘のJ(19歳・最重度の知的障害を伴う自閉症児)の歌をお聴きください。

数年前のもので恐縮です。(今現在は、てんかんの発作や、薬の副作用、不安定行動、強度行動障害などなど、気持ちも身体も安定しないため、良い動画がありませんので)。曲は「ビリーブ」、娘が大好きなうたです。(私の伴奏がふにゃらですが、ご容赦ください)

 

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。
一日一回クリックしていただけると嬉しいです
  下矢印下矢印下矢印

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

  上矢印上矢印上矢印

ニコニコ ブログランキングに参加しておりますキラキラ
星応援ありがとうございます星

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 こちらはレッスン教具のNETSHOPです。

 おかげさまで取り扱い数は16種類となりました。
 講師のみなさまのお役に立てましたら幸いです。

 

  

ふんわりリボン やすこ先生のお店  ふんわりリボン
  音符ぜひ一度お訪ねくださいね音符

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


クローバー教室についてのお問い合わせはHPからどうぞクローバー 

   YASUKO音楽教室



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚