Grünberg

Grünberg

素組・塗装派雑食モデラーが仕事の合間に模型を作るブログ
メジャーよりマイナーを、マニアックなものを

とりあえず毎週のように模型に触れてるブログ。

基本的に私のやり方は邪道なので、きれいに作りたかったら真似しない方が吉です。

製作工数を汚しで減らす。それが俺の正義~ジャスティス~!
作りかけの状態で一ヶ月放置した若宮がようやく完成しました。


若宮は鹵獲した貨物船を改造して作られた帝国海軍初の水上機母艦です。

若宮とは幼少の皇族男子を指し、まさに若々しい艦にはぴったりの名前でした。

鹵獲されたのが日露戦争中の1905年、ライト兄弟による動力飛行機の初飛行が1903年なので、まだまだ飛行機は実験段階でした。

それでもWW1開戦時、日英同盟に基づき協商側として参戦した日本は、敵対したドイツの中国山東半島租借地・青島(チンタオ)基地を、若宮の艦載水上機を使って爆撃しました。

これは、帝国海軍航空隊による初めての航空攻撃となりました。


あんまり貨物船と大差ないような船ですけど、まだまだ水上機母艦は実験段階だったので仕方ないですね

水上機甲板に覆いを被せる構造は後代の能登呂、神威にも受け継がれました。


ニコモデルは初めて作ったんですけど、割と良心的で時間と手間さえかけてやればちゃんと形にはなります

あんまり聞かないですけどポーランドメーカーのようですし。

パーツが入ってないこともなく、予備まで入ってましたよ

(私は先月作り始めた時にゴミと間違えて後部の甲板覆いを捨ててしまいましたが苦笑


























以下製作記


中央甲板の残す構造を組み立てる


貨物船かな?

まぁ、元は海外の貨物船だし。


精神修行を続ける


マストを付け(マストパーツはちゃんと入ってる)、前部水上機甲板覆いを付け


目立つクレーンを設置

一体形成なのが有り難い


後部ベンチレーターを付ける


素組みでこの密度だからすごいわ


後部砲座、探照灯座


組み立て完了しました

塗装は取り立てて書くこともないですが一応。

船体:タミヤラッカー 横須賀工廠色をエアブラシ吹き付け

木甲板:セールカラーを筆塗り

リタッチ、細部塗装をして

木甲板はステインブラウン、船体はブラックでウォッシング


余談

らぷたんさんからアガン営業再開情報を仕入れ




行ってきました

カレーめちゃウマ!!!

チキンティッカはやめられない状態でした(^q^)


おまけ


能登呂と若宮

若宮は初代、能登呂は二代目の水上機母艦です
こんばんは。
 
本日二記事目です。
 
(一記事目は白い翔鶴です
 
 
明日残す作りかけの若宮に労力を注ぎたいので、大鳳を仕上げてしまいました。
大鳳自体は日本初の装甲空母として建造されたものの、初陣のマリアナ沖海戦で米潜アルバコアの魚雷1本が直撃しガソリン庫に誘爆して爆沈という残念な戦歴の持ち主
 
甲板は装甲化しても対水雷隔壁防御は残念というあれ(軍艦だろ!!!
 
大戦初期~中期に、さんざん潜水艦でアメリカの主力艦艇攻撃しといて、それに苦しめられてきたアメリカ海軍がその戦術を取り入れないとでも思ったか?(震え声
 
翔鶴もこのときアルバコアに沈められてるからなんとも。。
 
ちなみに、アルバコアは過去に作ったことあるのでよかったらテーマからどうぞ
 
 
全体的に装甲空母を意識して、グレースケールで塗装しました
 
船体:タミヤラッカー 呉海軍工廠色
 
甲板:クレオス 明灰白色(三菱系)を薄めて軽めに吹き付ける
 
甲板後尾の着艦識別標識はオリジナルです
 
実艦の写真を見るとどうやらなかったようなので。
 
目立ってしょうがないから大戦後期には廃止されてるのかな?
 
まぁ、私の作る艦船はWoWsとかに出てくるような船だと思って・・・(^▽^;)
 
 
タミヤのねー(タミヤに限らずだけど)、フジミ脱退後のWLリニューアル期の新規開発キットはすごい力の入れようで、組みやすさとディティールを両立した素性の良いキットです。
 
古いキットなんであくまで実艦再現にこだわる人には不評ですけど、私みたいにそれなりに見えればいいやってテキトーモデラーには最高なんですよね
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
以下塗装記
 

 
グレースケールのエアブラシ塗装
 
やっちまったー
 

 
理想的な模型映えのする艦載機の積み方を研究していくテスト
 
実際は知らん
 
 
おまけ
 
 
久しぶりにアバハウスオンラインショップでTシャツ買いました(^q^)
こんにちは。
 
平日に製作していた翔鶴を塗装しました。

 

 

小学生の頃ぼんやりと翔鶴は白く塗って鶴みたいにしたいなーとか考えてました

 

今日近藤内科に朝イチで行ったんですが最近混むようで待ち時間がけっこうあったので、北海道の道鳥でもあるタンチョウヅルの写真とにらめっこしながらその構想をブラッシュアップしてました

 

これで小学生に抱いていた構想はすべて実現しましたね(遠い目

 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
以下塗装記
 
 
参考にしたのがWikiにあったこの画像
 
赤は頭頂部に少し、クチバシの黄色は目立たず、あとは白と黒が大半を占めるというのを参考にしました
 

 
とりあえず白を塗らなきゃ話にならない、ということでJoshinでクレオスの白サフを買い吹き付ける
 
タミヤのサフ関係を見つけられず、タミヤ製品の供給不安定というのは本当だったのだなと実感する...
 

 
真っ白だけど、白サフを薄めに吹くとプラ地のグレーと相まって立体感が出る定期
 

 
甲板前部を赤く塗り、甲板自体は黒く塗りました
 
結果的に甲板を濃い色で塗ったことで白線デカールが引き立ちました(結果論
 
 
余談
 
 
近藤内科の帰り、オフハウスでドゥルガーⅠ、おたちゅうでリゼルC型のゼネラル・レビル搭載機を買う
 
私が昨日新潟行っても母に断って無理矢理駿河屋やヨドバシ、ホビーロードに行かなかった理由が分かるでしょう?
 
我々佐渡島民にはJoshinとサンシティ、おたちゅうとオフハウスがある・・・!
 
 
暑いのでとうとう冷たいドリンクを飲み出したという
 
天気さん、暑くなるの早すぎませんかね?あとこっちにも雨ください(切実
 
 
両親が積極的に水やるから我が家の庭の薔薇は元気です
 
 
ふうちゃん暑そうで伸びてます
 
さりとてクーラーは苦手だしな・・・


おまけ


coming soon...
こんばんは。

ブログでは言ってなかったんですが、今日は一ヶ月も前から休みを事前申請し、職場の人の理解も得た上で母親と新潟に行ってきました。

私は大学卒業してから何回も新潟行ってるんですが、母は病気をしてから旅行からは遠ざかっており、約10年ぶりの本土でした。

すっかり変わった新大周辺とか、新潟駅や万代バスセンターなど、見たかった変化を見れて満足したようでした。


あえて混まないであろう平日を狙ったのですが、駅周辺はまさかの激混みで向かったのはやなぎ庵さん。

速い、安い、美味いの三拍子で、母も満足してました


オレのオススメだ!と無理矢理連れてったジュンク堂書店カフェ

アイスアールグレイミルクティーを飲み


母が駅ナカの無印に行くということで、人混み酔いした私は待つことに

二杯目はグァバジュース


3杯目オレンジジュースが来たところで母が戻る

えらい人の数で買い物出来なかったらしい。

このあとラブラ万代で買い物をし様変わりした万代バスセンターを見てお開きとなりました


帰ったらねこみみ主任さんにお願いしてたサンドブラストのパブミラーが届きました

今回はモアイ像のやつにしました

突撃隊のも魅力的だったのでまたいずれ。