Grünberg

Grünberg

素組・塗装派雑食モデラーが仕事の合間に模型を作るブログ
メジャーよりマイナーを、マニアックなものを

当ブログへようこそ!

当方ひねくれ者につき、マニアックなものばかり作ってます(;^_^A

全体的に海外のものが多いです。

読者の方から「おっ!そうきたか!」「これは知らなかった~><」という反応がもらえるのを目標にしておりますです。

全体的に腕はお察しです。

細かかったり、おおざっぱだったり・・・

丁寧にリアルに作りたい人は、私の製作法を真似しない方が(^▽^;)
こんばんは。
 
結局今日塗ることに。
 

 
手持ちのグリーンによさげなのがあったので吹きました。
 
 
タミヤラッカーのダークイエローを吹きました。
 
細部塗装とスポットイエローによるウォッシングをして完成です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マーキングは第6機械化旅団です。
 
全くどういう戦いをした部隊なのかは分かりませんが。
 
英語で画像検索しても全然資料が出てこなかったのでデカールの説明用紙と全く同じ塗装をしました~


追記


以前製作したT-55Aと。
こんにちは。
 
「連休明け疲れるわー」と仲のいい同僚とずっと言ってた一週間でした。
 

 
でかい荷物が届いたと思ったらプレバンのドワッジとザクキャノンでした。

 

 

 

まぁ、半年前みたいにニートしてたら絶対に買えなかったな。

 

ガンプラだしそのうち作りますよ。

 
 
今日は以前買ったM113という装甲兵員輸送車(APC)を作ることに。
好きな人が出来たせいか、生きる気力が湧いてきてなぜか模型製作意欲が高まる結果に。
 
前T-55Aに使ったデカールが余ってるので、レバノン陸軍仕様で作ります。
 
 
APCのミソは内部構造だとは思うんですが、あえて塞いでしまいます。
 
というわけで、内部構造はオミットして工期短縮(^^;
 
 
まぁ、構造自体は箱に装甲板を貼り付けていくだけなので、内部構造を省略すればあっという間に組み立て完了。
 
明日レバノン陸軍カラーに塗ります。
 
(ちなみに砂漠迷彩のある第6機械化旅団仕様にする予定です
こんにちは。
 
早いもので、連休最終日ですね。
 
暑くないせいか、なんか久しぶりに模型製作がはかどった気がする・・・
 

 
さて、連休最終日の海の日はこれいきます。
 
(海の日という割には全然海水浴出来るような気候じゃないですけど。
 
今日手を付けるのは、イタリア空軍のメッサーです。
 
(レジア・アエロノーティカってのはイタリア王国空軍を指す言葉らしいです。ちなみに。
 
オフハウスで仕入れた最後のサンシティキットですね。
 
イタリア空軍のメッサーというのがマニアックでいいなと思い購入致しました。
 
ちなみに箱の中に小さな虫の死骸があったりして、一体何年積んどいたんだ、と思ったのはナイショです(^▽^;)
 
 
昨日の段階から組み立てを始めます。
 
ここまで一気に組み立て。
 
ハセガワのは基本的に古い金型なので、ヨンパチでも構造は単純ですぐに形になってくれます。
 
コックピットにはジャーマングレーを吹きます。
 
 
特別仕様の機首レジンパーツを取り付け。
 
さすがに15年の日々でレジンパーツも縮んでました。
 
まぁ、仕方なし。。
 
(修正はあえてしません。
 
 
 
昨日の段階でキャノピー以外の組み立てを終わらせました。
 
 
明けて今日。
 
コックピットの細部塗装をしてキャノピーを貼り付けます。
 
ゾルでキャノピーをマスキングして、地元Joshinにドイツ空軍用のカラーを買いに行きます。
 
 
買ってきました。
 
ドイツ空軍機下面色のRLMブルースプレーがあるあたりさすがJoshinやで・・・
 
 
機体下面にRLMブルーを吹き付け。
 
午後まで外に置いて乾燥を待ちます。
 
 
乾いた後、側面にも吹き付け。
 
側面が下面と同じ色なのは初めて知りました。
 
 
濃いほう吹いたが黒くね?
 
こんなだっけドイツ機・・・?
 
 
雑にマスキングしてライトグレーを吹きます。
 
 
吹いたのがこちら。
 
 
マスキングを剥がし、濃いほうのグレーでモットリングと迷彩の微修正を行いました。
 
エアブラシ塗装工程はこれで完了です。
 
細部塗装とデカール貼りをして完成です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モットリングはテキトーにやっても雰囲気出るんだなーと思いました。
 
個人的には、ドイツ空軍と全く同じカラーでイタリア空軍仕様ってのがミソです。
 
基本的に、マニアックなの好きですからね・・・
どーもこんにちは。
 
連休の中日は予定がなくても幸せですね。
 
 
さてフミナパイセンと同時に購入したこちらのヨンパチ震電改。
日本機のマーキングだけなら買うこともなかったんですが、なんとドイツ空軍のマークがあるそうで・・・
 
これはやらねばなるまい、と先週から密かに始めてたのでした。
 

 
 
組み立て自体は飛行状態にすることもあってあっさりと。
 
 
とりま先週は機体下面とコックピットだけスプレーを吹き付けて終えたのでした。
 
 
今日はコックピットの細部塗装と計器板デカール貼りを完了させ、キャノピーを貼り付け組み立てを完了させたのでした。
 
うーん、実にかっこいい!
 
 
キャノピーをマスキングゾルでマスキング。
 
普通はマスキングテープやカット出来るゾルを使って窓枠を残してマスキングするんですが、自分は窓枠はあえてあとで筆塗りしてます。
 
 
ドイツ空軍の迷彩を施したもの。
 
基本機体色:タミヤアクリル   ロイヤルライトグレー
 
迷彩ダークグレー:Mr.カラー   ジャーマングレー
 
迷彩グリーン:Mr.カラー  グリーン
 
 
細部塗装とデカール貼りをして完成です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかしまぁ、ハセガワさんも商売がうまいわ。
 
こういうことやられるとついつい買っちゃうよねぇ・・・