罪の滴り 公演終了

テーマ:
「罪の滴り 」 零れた女 Cry

おかげさまで無事に公演を終えることができました。

お客様、関わってくださった皆様、役者陣、スタッフ、みんなに感謝です。

今回も素敵な古民家でした。

お稲荷さんが敷地に祀られており、毎日ご挨拶しました。

不思議と心地の良い風がふき、穏やかな心持ちになりました。

2つの作品が罪の名のもとに紡がれ

白昼夢のごとき空間が出来たのではないかと思います。

様々な感想があるのは当然で、それぞれの心に何かしらの軌跡が残れば幸いです。

紅王国と白狐舎

今後はまたそれぞれの活動に戻っていきます。

螺旋の中でまた皆様と袖触れ合うことが出来ることを願いつつ。

ありがとうございました。

Shirai



2日目

テーマ:
おかげさまで 初日、2日目と満員御礼でむかえさせて
いただきました。

昨日の初日打ち上げも楽しく過ごさせていただき
ありがたい限りです。

お越しいただいたお客様、これからお越しになるお客様に
感謝です。

明日、明後日とあっという間ですが、
かけがえのない時間を皆様と共有出来るように
一同頑張ってまいります。

Shirai









昨日の台風による稽古中断があったが、今日からまた稽古が続く。私も、「零れた女」に出る二人の役者も集中が途切れる事はない。あの95年に起こった地下鉄サリン事件に向き合ったままだ。これを背負った二人の役者も本番が終わるその時まで視線の先にあるものから逸らすことはないだろう。そして本番は「零れた女」が終わると、すぐに「Cry」に引き継がれる。この二つの作品は互いの物語は違うが根底的には繋がっている。公演タイトルの「罪の滴り」として。劇作家として死力は尽している。私だけではなく「Cry」の作 演出家の野中友博さんも。そんな私達の作品を背負った俳優達が本番で解き放つまであと1週間!



公演プロモートページへ(予約フォームあり)