marublog

marublog

高知から世界のマラソンへ!
次の目標は…

マラソンランナー&健康運動指導士の山崎竹丸がランニングをもっと楽しむ情報を発信していきます
各地大会レポート、トレーニング、食事、ランニング教室・イベントの紹介等

Amebaでブログを始めよう!
ライブドアブログに移転しました。
長い間アメブロでご愛読してくださった皆さんには大変ご不便をおかけしますが、これからもよろしくお願いします m(__)m



移転記念という事で、少し長いですが気合い入れて書きました。
[2015年シーズン振り返り] 打倒・川内優輝選手で始まった?高知龍馬マラソン

2時間37分47秒(14位)


記念すべき10回目のフルマラソンは、 今までで最も過酷なレースになりました。

入りはほぼ1km3分ペースと、今の僕にとっては破壊的なペースで始まりました。
その後なんとか第2集団に食らいつき、5kmを16:01、16:15、16:21とハイペースにトライしましたが、15km過ぎから向かい風と雨が強くなり、一気にペースダウン。
さらにスペシャルドリンクの置き場所勘違い、後半のアップダウンにもやられ、最後は全身が冷え切り、ただゴールを目指すのみの走りでした。

悔しいですが、これが現実です。

招待選手との圧倒的な実力差をどうやって埋めていくか…


まだまだ諦めませんよ。

四国駅伝は不安な中でのレースになりましたが、1位と6秒差の区間2位(10km・31分21秒)、チームも無事最下位を脱出し、なんとか役目を果たす事ができました。

{49A1E9C8-F60A-46DC-B98B-B6162484E244:01}



そして、いよいよ大田原マラソンの日が近づいてきました。

準備は休養明けの四国選手権で4位という最高の出だしでしたが、9月の軽い捻挫による慢性的な痛みから調整は少しづつ狂ってしまい、11月始めの足底の痛みに繋がってしまいました。

11月のマラソン出場は初めてですが、暑くて練習しにくい時期から時間が無く、ついつい焦ってしまう秋マラソンの難しさを感じる事になりました

初めての優待選手扱いというのもあり、力が入っていたのでしょうか、振り返ってみるともう少し力を抜いてもよかったような気もしています。


ただ、完全にネガティブな気持ちになってるわけではありません。


このようなピンチは今までもありましたし、マラソンは走ってみないとわかりません。

練習のスピードは上がれませんでしたが、30-34kmのロング走はある程度の回数をこなし、四国駅伝で競争力も消えてはいない事がチェックできました。

故障も今の所、順調に回復しつつあります。


あとはきちんとスタートラインに立ち、素晴らしい招待選手・優待選手の方々と全力で戦う事だけを考えたいと思います。


こちらからスタートリストが見られます。

https://runnet.jp/105616/athletes_list.html

ナンバーカード20までが招待&優待選手と思われます。

サブテンランナーの黒崎選手、東大卒エリートランナーとして有名な松本翔選手、龍馬マラソンで川内優輝選手と激闘を繰り広げた板垣選手、DeNA勢と凄いメンバーが名を連ねています。

ワクワクしますね!それではまたレースレポートをお楽しみに