The god of the guitar that continues to walk in the real world.

The god of the guitar that continues to walk in the real world.

  
I can't run away from the fascination of music. 
 
      My Favorite Guitar&Artist




There is no rain that does not stop.


NEW !
テーマ:

 

I'm dreaming
and in my dream
I see your eyes
They fill my heart
with heaven

夢を見る
そこにはいつもあなたの瞳があり
心を満たしてくれる



I'm flying
and in the sky
I see your eyes
They answer all
my longing for you

空を翔ける
空にはいつもあなたの瞳があり

焦がれる思いに応えてくれる


I've always lived
my life in fantasy
No chance to take
no heart to break

頑なに
自分の夢の中だけに生きてきた
めぐり会うことはなく
傷つくこともなく



But now you take
my hand and
you make me understand
that two dreams

can join together
今 あなたは私の手をとって教えてくれる
ひとりでは見れない夢があることを






It's morning
and as I wake
I see your eyes


目覚めるとそこには
あなたの瞳がある



They are my reason
they are my answer now
Because I love you
The one who made
my dreams come true

そこにすべての答えがある
私を夢から解き放つ
夢のようなあなたの瞳を
ただ 愛している






I've always lived
my life in fantasy
No chance to take
no heart to break

頑なに
自分の夢の中だけに生きてきた
めぐり会うことはなく
傷つくこともなく



But now you take
my hand and
you make me understand
that two dreams
can join together

今 あなたは私の手をとって教えてくれる
ひとりでは見れない夢があることを






It's morning
and as I wake
I see your eyes


目覚めるとそこには
あなたの瞳がある



They are my reason
they are my answer now
Because I love you
The one who made
my dreams come true

そこにすべての答えがある
私を夢から解き放つ
夢のようなあなたの瞳を
ただ 愛している

 

 

...I love you...。

 

 


NEW !
テーマ:


突然のキスや熱いまなざしで
恋のプログラムを狂わせないでね
出逢いと別れ上手に打ち込んで
時間がくれば終わる Don't hurry!


愛に傷ついたあの日からずっと
昼と夜が逆の暮らしを続けて
はやりのDiscoで踊り明かすうちに
おぼえた魔術なのよ I'm sorry!






私のことを決して本気で愛さないで
恋なんてただのゲーム 楽しめばそれでいいの

閉ざした心を飾る 派手なドレスも靴も 孤独な友だち

 

 

 

 

私を誘う人は皮肉なものね いつも彼に似てるわ
なぜか思い出と重なり合う

グラスを落として急に涙ぐんでも わけは尋ねないでね





夜更けの高速で眠りにつくころ
ハロゲンライトだけ妖しく輝く
氷のように冷たい女だと
ささやく声がしても Don't worry!



I'm just playing games I know that's plastic love
Dance to the plastic beat Another morning comes
I'm just playing games I know that's plastic love
Dance to the plastic beat Another morning comes

 

 

 

NEW !
テーマ:

 

なんにもない
夜空のどこかに
星が降る

 

 

なつかしい
季節の終わりは
夢見てた

 

 

あの頃のように
逢いたくて 夜を越えて
君のそばへ もし行けるなら




 

 

なんにもない
僕だったのに
君がいた


いつまでも風は
まぶしくて


胸の音は

 

 

 

 

君にふれた あのときのまま


星になれば 夜を越えて


君のそばへ まだ行けるかな

 





時がなにを 連れ去ろうと
守りたいものはわかってたのに


抱きしめあって 支えあって
君のために 生きて行けるなら


それだけでいい


...君のために 生きて行けるなら...。

 

 

ペタしてね

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス