稼ぐための海外投資備忘録。やっぱりオフショアだよね!

稼ぐための海外投資備忘録。やっぱりオフショアだよね!

オフショア投資、ヘッジファンド、プライベートバンク情報を真っ向検証。


テーマ:

今回はフロンティア市場を取り上げます。
FMG Fundsが運用する、ロングオンリーのイラク株式ファンド。


 

運用開始時から下落気味で、お世辞にも成績がいいとは言えず
Indexとの比較でも、何コレ?というぐらい、良くないパフォーマンスでした。

 



ところが何を勘違いしたのか?今年に入り覚醒した成績を出しています。
(プロ野球の巨人ファンの私から云えば、今年のO選手みたい 笑)
今年は何と27%を超えるプラスです。




エマージングマーケットのIndexとの比較では50倍以上です。
これまでがひど過ぎたのか、あるいはようやく目覚めたのか、分かりません。

あるいは去年のマイナス分のゆり戻しなのか?

日本人から見ると、戦争やら内戦やらのイメージしかないイラクという

投資としてはマイナーな国への投資が、ようやく実を結びつつあるというところでしょうか。



フロンティア国株式のアクティブファンドなので、リスクもそれなりに高いです。
なので投資をするのであれば、堅実なファンドとの組合せで

リスクヘッジをしたポートフォリオを組みたいところですね。
直接投資は10,000ドルから可能です。

 

※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 


テーマ:

今日はラップ口座の中のファンドのご紹介。
その中でもパフォーマンスが高いものを選んでみました。
意外にもイギリスのオンショアファンドの日本株ファンドLegg Mason IF Japan Equity Fundです。
Legg Mason Investments (Europe) Limitedはオフショアファンド満載の会社なのですが
こういうファンドもあるのですね。しかも運用責任者が日本人です。


1996年10月スタートと、運用歴はとても長いです。
ロングオンリーレバレッジなしの株式アクティブファンド。現在保有している株数は50。
結構絞り込んでいます。

 


日本株でありながら、イギリスポンド建てで投資しているところが、大きな特徴といえます。
最初にいいましたようにパフォーマンスが高いのでセレクトしたのですが
特にここ10年でのパフォーマンスは驚異的です。

探せば日本株でもこういうファンドが海外にはあるのです。


 ※見づらいですが、右端の577.27%がここ10年のリターン
 

20年以上の歴史がありますから、リーマンショックでパフォーマンスを落としても
96年からとの比較では600%以上のパフォーマンスを出しています。

アクティブ型なので、どうしてもそうなります 笑
ちになみにIndexは198程度、その6倍のパフォーマンスですね。


 

同じような日本株の投資信託でも、日本の証券会社を探しても
これだけのパフォーマンスを出している商品はおそらくないでしょう。

海外投資、オフショア投資ならではの醍醐味といえるでしょうか。


最低投資額はGBP3,000から。

しかし直接投資はできませんから、ラップ口座を経由して購入することになります。

 

※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 


テーマ:

今回のは、ちょっと面白いファンドですね。
いろいろなものをMixしたApollo -Athena Global Cautiousファンド。

 


株式や債券、コモディティ、不動産、ヘッジファンドなど、いろいろなファンドををミックスして
そのミックス割合を変えることでボラティリティを発生させ、利益を取ろうというファンドです。

海外投資、オフショア投資ならではのファンドといえるでしょうか。

Aplloは以前からこういうやり方をしていて、2番から10番までの9段階で割合を変えているんですね。
投資家が好みで選べることが出来るようになっています。

このAthena Global Cautiousはそのなかの5番になります。この比率もフレキシブルに変えている

みたいで、特に決まった時期に行わず、ファンダメンタルをチェックして行うそうです。

マーケットの状況に応じて臨機応変にということですね。

 


上の表を見れば分かるのですが、1月にはEquity 40.2%なのが、4月は36.5%にしています。
こんな感じでリスクヘッジを掛けているので、これまでのパフォーマンスも安心してみていられますよね。

 


ファンド・オブ・ファンズなので、二重に安心感があるという感じでしょうか。
ラップ口座からは投資できず、直接投資で10,000ドルから可能です。

 

※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 


テーマ:

今回はPPB(プライベート・ポートフォリオ・ボンド)の情報です。
資産運用口座、いわゆる日本で云われるところのラップ口座です。

え?なんでそんなもの?
海外投資やファンドに詳しい方であればそう考える人もいるかも。
PPBで有名どころはRL360のPIMSでしょうか。

ただし今回紹介するのはCustodian Life。
Custodian Lifeは2011年にバミューダーに設立された企業。
企業自体は小さく、Backofficeに数名の従業員がいるだけ。
RL360とは大違いですね。


よく会社の大きさを気にする人がいます。
倒産したとき資金がどうなるの?ということですよね。

でも本当に気をつけなくてはならないのは
『投資しているファンドを運用しているファンド会社が倒産するかどうか』なんです。
口座管理している会社に入れたお金は、口座にプールされるのは手数料用の
一部の資金だけで、残りはファンドに投資されているわけですから
口座管理の会社が倒産しても、あまり影響はないんです。

RL360の場合、入口のところでファンドの審査を厳密にするので
投資できるファンドを制限しているのです。いわゆるリスクヘッジを行っていることになります。

それと比較すると、ここはユルユルです 笑。
ここのPPBの凄いのは、市場で出回っている金融商品であれば
ほぼ投資するファンドとして選択が出来ることです。
仮想通貨のファンドなんかも、もちろん問題ありません。
つまり自分で自由にカストムメイドが出来るのですね。

 



投資好きな人の中には、機関投資家向けのファンドのパフォーマンスを見て
悔しい思いをする人もいるでしょう。
しかし、ここのPPBで口座を持てば、そういうファンドに投資できる
チャンスがあるかもしれません。
Custodian Lifeでは、出来ると回答しているので。

ただし欠点もあります。PPBでは少ない資金でもファンドに投資できるメリットがありますが
ここのPPBで機関投資家向けファンドに投資しようとしても
投資できるのはその最低投資金額からです。
なのでそういうファンドへの投資は100万ドルとか必要なこともあります。

 

そこはちょっと残念なところではありますが、いろいろなファンドを選べるというメリットは

大きいですね。ここのPPBの最低金額は3万ドルから開設出来ますが
手数料を考えると、最低10万ドルはあったほうがいいですね。

 

※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ


 


テーマ:

ロンドンに本社のあるAlquity Investment Management Limited。
ここの旗艦ファンドと言えるのはAlquity Africa Fundです。
このファンドはアフリカ株式市場に投資する、原則ロングのみレバレッジなしのバニラタイプの

株式ファンドです。アフリカを扱うファンドというのは、なかなか珍しいのですが・・・。

ただし今回紹介するファンドは、ここの会社が扱うアジアのファンド。
国別のポートフォリオを見れば分かるとおり、アジアのエマージング市場を中心としています。
日本なんかは入っていませんね。
インド、中国あたりは分かるのですが、インドネシア、フィリピンにもそれなりに比重を置いているのが

目に付くと思います。




2014年から運用を開始していますが、市場の恩恵に預かり、昨年は
20%以上のプラスでした。今年も株価の乱高下にもめげずにしっかりプラスで推移しています。


 

今後成長していくであろうインドやベトナムといったところが含まれていますので

中長期的には有望でしょうか。
見直しを掛けるときに、これらの国の比重がもう少し高くなれば、もっと面白いかもしれません。
最低2,000ドルからの投資が可能です。

 

※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 


テーマ:

今回は私の知っているIFAさんが積立投資のポートフォリオに組み入れているインド株式系のファンドです。
積立投資の場合、重要になるのは
どういうファンドを組み入れるかということ。
すでに投資している人はIFAに任せているケースが多いと思いますが、
以前のブログでも紹介しましたが、海外積立投資の場合、ファンドに投資されている割合や

各ファンドのパフォーマンスを定期的にチェックすることは大事なことです。

ここ数年は市場が上昇気配であることもあり、このようなエマージング系のファンドは
パフォーマンスが順調でした。
インド株もその傾向に漏れず、このファンドも良好なパフォーマンスを出しています。


積立投資の場合、定期的な見直しは必須です。

10年ほったらかしにしている投資家もいるようですが、あまり褒められたことではないですね。
マーケットが変われば、ファンドのパフォーマンスも変化します。
分散投資とファンドのスイッ
チング、これらが簡単に出来るのが海外投資の強味。

これを活かさない手はありません。


IFAさんに任せるのであれば、1年に1回程度相談してみるのもいいでしょう。
日本での投資と異なり、選べるファンドの数も桁違いですし、パフォーマンスも
上回っていることが多いのです。
せっかくの海外投資のメリットを活かさない手はありません。ぜひ活用してみてください。

 

※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 


テーマ:

VAM Fundsは2001年に創業された運用会社。
アメリカのファンドをオフショア化して運用しています。
今回紹介するのはそのうちの1つ、Driehaus(ドリーハウスと発音するのかな?)
Investment ManagerはDriehaus Capital Management LLCと記載されており
実質的にDriehausに投資しているのと同じですね。

 


 

アメリカを中心としていますが、アジアのエマージング系にも投資していることが分かります。
つまりグローバルファンドが投資先となっており、その中身もブルーチップからマイクロ株まで幅広いです。

 


一言で言ってしまうと、分散投資を地で行くように各種ファンドに満遍なく投資しているイメージです。
そのためパフォーマンスも大きく狙うというよりは、地道にコツコツと積み上げていく感じです。


本当は自分で出来れば一番いいのでしょうが、最初から出来るものではありません。
そういう視点から見れば、投資の基本である分散投資のニーズに応えてくれるファンドなのではないでしょうか。
日本人好みの堅実なファンドといえるかもしれません。

ラップ口座からの投資が可能です。

 

※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 


テーマ:

以前もこのブログで取り上げたNanjia Capital社。
HPのショボさとは?似ても似つかないパフォーマンスの良いファンドを出しています。
今回もそのうちの1つ、その名もNapoleonです。
裁量型のGlobal Macro戦略を用いたヘッジファンドです。
これまで紹介してきたものはどちらかというと、ボラティリティが低いものを中心でしたが
このファンドはファンドマネージャーがあえて流動性の高いものを取引するというものです。

通貨などは見てもらえれば分かるとおり、あまり見かけないようなファンシー通貨も
含まれていますね。かなり幅広く取引していることが分かります。
意外と日本にも投資していたりします。

ハイリスク型ではあるのですが、パフォーマンスは手堅く抑えています。



 

一応機関投資家向けではあるようですが、私たちのような一般投資家にも
開放してくれるかもしれません。


※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 


テーマ:

ソンクランでしばらくお休みをいただいておりました。

以前買ったばかりのiphoneの新品を失くしたことがあり、それ以来、水かけには

参加しないようにしています 笑。

どこにも出かけず、コンドミニアムのプールでうだうだしながら過ごしていました。

ちなみにバンコクは家賃3~4万円程度から、プール付のコンドミニアム1ルームを

借りられるので、コスパが圧倒的にいいです。

さて、今回はTiger Selection Holdingsのヘッジファンド。

戦略的にはロングショートが中心で、マクロ手法も取り入れています。

そして特徴的なのは、中国を中心としたアジアでファンドを組んでいること。

複数のファンドマネージャーで運用しているので、個々の裁量をうまく使い分けているのでしょうか。

 

ヘッジファンドですので、マーケットに応じて、ロングとショートをうまく使い分けるのでしょう。

パフォーマンスを見ると、圧倒的にいいという訳でもないのですが

運用開始以来、年間平均5.6%を達成しています。

20年以上運用していることを考えると、秀逸な数字ですね。

金融危機時には大きなマイナスもありましたが、必ず帳尻を合わせるように

プラスに戻しています。ポートフォリオの1つとして入れてみるのもいいのではないでしょうか。

 

※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

 


テーマ:

 

不動産投資というとREITを真っ先に思い浮かべる人もいるでしょう。
今回は面白い投資を取りあげます。オフショアではなくオンショアの不動産投資になります。
別に怪しいわけではないのですが 笑、社名も今回は伏せています。

狙いはロンドンです。この投資はオフィススペースを企業に貸し出すことで収益を出し
その収益を投資家=株主に還元するというビジネスモデルを構築しています。
ロンドンだけではなく、上海やドバイでも同様のビジネスを行って成功させています。


建物、プロジェクトごとにカンパニーを立上げ、その株式権利をシェアしています。
REITのように資金を集めてというのではなく、株式の権利を持てる形にしているところが
独特です。英文ではTitle Deed(不動産権利証書)を所有することになります。
投資をすると登録番号が発行され、ウェブ上でも権利が確認できるそうです。

 


 

何でこんなものをと思うかもしれません。

理由はリターンがいいこと、少額から投資できるところから。                      GBP20,000、日本円で300万円程度から投資できます。
最初の2年間は10.5%、その後は11.5%となり、5年目からは12.5%で
10年で償還を迎えます。



3年でやめても構いませんがその場合は、リターンが半分になります。
5年目以降であれば、リターンをそのまま受取って、やめることも可能です。
複利で回すのではなく、配当型なので、毎年リターンを得て、10年で満期というイメージです。

もちろん運用する会社が倒産したら何も補償されないリスクはありますが
5年経過後で止めれば、リターンを受取って、勝ち抜けが出来るので
その点でも面白いです。

ファクトシートなどそのまま提供ということは出来ないそうなので
興味がある方はメールやメッセージで連絡ください。

 

ソンクランに入りますので、しばらくブログはお休みします。

 

※質問や、より詳しい情報が欲しい方は、メール(kaigaitoushi.info★gmail.com)や

  コメント、メッセージで、どうぞ。
(★はメール送信の際に@に変換願います)

 

記事が気に入りましたら、クリックをお願いします。

 

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。