パーソナルコーチ山田真有奈の「だいじょうぶ。それでいいのだ。」

パーソナルコーチ山田真有奈の「だいじょうぶ。それでいいのだ。」

「女だから、妻だから、母だからを解放して、あなたはあなたでいるのがいい」3年で500名以上の女性をコーチング!全国5都市でセミナーも開催。2歳の女の子のお母さんでもあるプロコーチ。

ワークライフコーチの真有奈です。

昨日はコーチとクライアントをマッチングする

mentoというプラットフォームサービスの

イベントにコーチ代表として登壇しました!


予想の3倍近い参加応募があったようで

抽選に当たった25名近い人事の皆さんの前で

デモコーチングをさせていただきました。



アメリカでは1.2兆円もの

市場規模があるコーチング。

とはいえ、まだまだ「コーチングって何?」

という日本でのマーケット。

実際に生コーチングを見るよい機会!として

みなさんの

「どんなもんや〜」「何が起こるんだ〜」

という目線を感じて開始前はかなりヒヤヒヤ。




しかもコンテンツの1番初めの方だったので

もし滑ったら、この後のコンテンツに

多大なる影響があるのでは!?

と、しっかり深呼吸〜からの〜

超集中モードでやりました。

↑コーチングは、ペンもノートも使いません。


(ファスティング のおかげか、いつもよりモード切り替えが早くできた気がします)




コーチングはナマモノなので、

クライアント役の方は開始1時間前に

お会いしたばかり…という

超ぶっつけでした。実にコーチングっぽい。


結果、参加者の皆さんから

いろんな気づきや質問をいただき、

興味を持っていただけたみたいで、ホッ。



その後は運営の皆さんで打上げ。

代表の木村さんから

ぼく自身がコーチングが大好き。本当にいいものだと思っているから、まずは使って下さったみなさんに「コーチングっていいな」という土壌をつくる。その為に、100人まではコーチの面接をぼくがやる。ここは絶対妥協しない。


などなど、

普段聞けないサービスへの思いを聴けて

誠実で愛あるmentoが

ますます大好きになりました。

コーチングって何?

コーチの探し方がわからない。

という方は、ぜひ



を使ってみてくださいね!

ワークライフコーチのまゆなです。

 

美容とダイエット目的ではじめたファスティング。

 

実は思いもよらないメンタル面での影響がありました。

 

 

まず、初日にも書いたのですが

 

「空腹」と「食欲」は全く別ということ。

 

5日間やってみて、あいかわらず「空腹」はほとんどナシ。

(ちなみにこれを書いているのは6日目の朝)

 

でも「食欲」は寄せては返す波のようにわいてくる。

 

どんな時にわいてくるか?を観察すると

 

明らかに「時間を持て余しているとき」

 

だったんですね。

 

例えば子供も寝て、特にやることもなく

 

だらだらと過ごしている時間とか

 

休日の日中に家族とのんびり過ごしていて

 

でも特にやることがない瞬間とか。

 

 

 

逆に「空腹」を感じるのは

 

頭を使って打ち合わせした後

セッションの前後

 

でした。それ以外はほとんどなし。

 

家族のご飯を作っているときですら

 

なんとも思いませんでした。

 

これをきっかけに分かったこと

 

私にとって「食欲」は

 

「何かを満たしたい」という気持ちから

 

やってくるということ。

 

その何かはその時々によって様々ですが

 

明らかに「生存」のための栄養補給ではなく

 

精神の安定剤として

 

「食欲」がわいていたんだということ。

 

 

 

 

だから「食欲」を感じた時に

 

私は自分に聴いてみることにしました。

 

「何を感じてるの?」

 

するとやっぱり

 

「(仕事やこのファスティングが)うまくいくかどうか不安」

「たいくつだ。」

「この時間の使い方でいいのだろうか。」

 

そんな声がでてきました。

 

だから、

 

「まだ何も起こってないよ。大丈夫だよ」

 

と自分の中の自分にいってあげると

 

スーーーっと気持ちが和らぐのを感じました。

 

 

 

頭が、過去の経験からくる不安と

 

未来のまだ起こっていないことに関して

 

思いを巡らせたとき。

 

つまり、「いまここ」から意識が離れると

 

「食欲」という満たしたい欲がわくんだ・・・

 

そんなことがよくわかりました。

 

 

ファスティングによって

 

ものすごくマインドフルになれて

 

足元がしっかりグラウンディングしている。

 

そんな感覚です。

 

食欲に「打ち勝つ!」とか「制限する」

 

のではなくて

 

「許容・受容」したうえで

 

寄り添い「共存する」という方法があるんだな。

 

それって、どんな自分も否定しない。

 

すごく優しい方法な気がする。

 

すごく気持ちがいいし、安定を感じる。

 

とりあえず7日間、やりきってみようと思います。

 

ワークライフコーチの真有奈です。

昨日から体重、体脂肪率は変化せず。

そんな中、私に訪れた変化…

それは…


おしりが痛いいいいいい!!!


ここから下、お食事中の方はご遠慮下さい。





これまでの全てが

デトックスされてるようなのですが

とにかくもう何もないお腹から

最後のひとひねり!といわんばかりに

残り物がドンドンでてきます。

お腹は痛くないんだけど

あまりにトイレと友達になりすぎて

お尻から、

もっと優しいトイレットペーパーくれい!


と言われてしまいました。

拭きすぎて、ひりひりする…


しかししかし、ホントの変化は凄くて

最初はちょっと、くちゃい…のが

だんだんと無臭に…

心なしか回数も減りました。

そんなことも全部専門家さんに

LINEで相談できるので安心でした。

さー折り返し終わったので、

残りも頑張ろうっと。

そろそろ何か食べたい…
ワークライフコーチの真有奈です。


 
Aさん「ねぇ、コーチングってどんなことするの?」
 
私「守秘義務があるから内容は言えないけど、昨日は会議室で体を使って」
   
Aさん「えっ」
  
私は「けっこう激しく動いたらハァハァしちゃって」
  
Aさん「えっえっ」
  
私「最後はキャッキャうふふしてたね」
  
Aさん「えっえっえっ」
  
私「説明が下手すぎてごめん…」
  
※倫理規定に則って、至って真面目にコーチングしております!



ワークライフコーチのまゆなです。


3日目は初日から
体重-2.0kg
体脂肪-1.2%

でした。

3日目からは体内のケトン代謝が活発になり

脂肪がエネルギーとして使われるように

なるそうです。

相変わらず体調はすこぶるよく

空腹もない。うん、順調!

かと思いきや…


そんな3日目に起きたこと


「何かを噛みたい!」


という欲求。


おーおー!これが食欲ってやつか!!

と1人興奮しました。

カラダは別にいらん。て言ってる。

でも、感情が

「お肉ガブーーーッ!ってしたい!」

とか言うわけです。オモロ。


いつもはこれを

「お腹すいたんだな」って思ってたけど

全然違ったね。

今回のファスティング は

体の声をちゃんと聞きたい。

っていう目的でもあって

今までどれだけ身体のシグナルを無視したり

誤解してたんだろうってことが

よくわかった。




ちなみに夜寝る時に

ぺったんこになったお腹を触ったら

「冷たくて、かたい…」

ってことがわかった。特に小腸の部分。

なんか、コリコリしてる。

体温を測ったら35.9℃

こりゃまずいなと思って

腹巻きしたり、カイロ貼ったり、

いつもより暖かい服に変えたら

すこぶる調子が良かった。

そして夜にまたお腹触ったら

昨日よりは少しお腹が柔らかくなってたかな。




あとは、顔に何箇所か吹き出物がでてきた。

きっとこれも、要らんものが

デトックスされてるのかな。



ちなみにファスティング 中は

カフェインNGなので

紅茶と茶葉を別々にもらって

白湯を飲みます。

もしくはハーブティ。

もともとカフェインが飲めないので

私はこのへん、けっこうラクにできてるかな。