こんにちは。

 

暮らしの「ちょうどいい」をつくる お片づけ

冨岡よう です。



毎日暑いですねー。



外はジリジリで

通勤のために自転車乗るだけで

汗びっしょりなのに



夏休みの子どもたちは

エアコンの効いた部屋で

快適に過ごしてて

うらやましいです。


皆さんのお宅はどうですか?



そんなにゆっくりしてられるならば

ちょっとくらいお手伝いしてよー!


なんて思いませんか?



お手伝いをお願いしたいならば

仕組みづくりが大事です。




わが家はトイレの拭き掃除には

トイレクイックルを使ってます。



家事代行でお客さま宅にあるトイレシートを

使わせていただく事がありますが


コレが一番使いやすいですね。



で、そのシートをココに入れてたのですけど



棚の下の段

詰め替えの上に、ボックスを置いてました。



でも扉の裏にゴミ袋をぶら下げるようになったら

ボックスが取り出しづらくなってしまい。



取り出しづらいと

めんどくさくなってしまって


汚れを見つけても

放置してしまいそうなので




棚から出してみました。



コレが大正解!


パッと取り出せて

ささっと拭ける✨



子どもたちにトイレ掃除をお願いするのにも

わかりやすくなりました。



でも見た目が気になったので

無印のウェットシートケースに詰め替えました。






あれ?高いぞ?

品薄なのかな。


私は490円で買いました。





間口が大きくて

取り出しやすい!



でも逆に乾燥しやすいかも?


使用頻度が低いようなら

ちょっと注意ですね。






使いやすくなって

見た目もスッキリしました。



あとは


子どもたちがお手伝いしてくれるかどうか


が問題です。



うちの子たちはもう

お願いしてすぐにやってくれるような

お年頃ではないのですけど



掃除道具が見えてれば

トイレの汚れに気がついた時に

自ら掃除してくれるかもしれません。



おかーさんは期待してるぞ✨



片づけも掃除も

取り掛かるハードルを下げるのが

大事ですね。




 

募集中