タケ海舟の歴史事件帳

タケ海舟の歴史事件帳

自称歴メンことタケ海舟が、歴史上の事件を独自の視点と勝手な思い込みで取り上げ、真相に迫ります。
大河ドラマを中心に歴史に関する話題をお届けします。

 

 

さてさて…

 

昨日の『光る君へ』の放送で…

 

皇后定子(こうごうていし)の最期のシーンが描かれましたえーん

 

実家の中関白家(なかのかんぱくけ)の全盛時は、彼女は一条帝(いちじょうてい)唯一の后として昇天

 

後宮でときめき、栄華を極めていましたラブラブ

 

定子自身がその才能を見出し、遂には一女房のみならず、真のソウルメイト(同志)となった、ききょうこと、清少納言(せいしょうなごん)が、主のために執筆した『枕草子』(まくらのそうし)にはバイバイ

 

定子の雅で且つ華やかな姿を、讃美的に描いており、後に逆境を迎える彼女の姿を敢えて遺さなかったのはカギ

 

理想の主であった定子の姿を、後世・永遠に残したい!という、切なる願望故であったと思われますポスト

 

父道隆(みちかた)の死に端を発した、実家の没落と自身の出家叫び

 

冷静な判断を欠いた出家であったことは、否めないものの、兄弟(伊周・隆家)の左遷と生母(高階貴子)の死によりもやもや

 

一転して彼女は、完全無欠な后から後見(うしろみ)のない正当性を失った后へと変貌してしまいましたNG

 

公卿社会からの支持を失った定子は、既に中宮としては死に体である!と見なした、女院詮子(にょいんせんし)や道長(みちなが)は…

 

后不在となった一条の後宮に、他の有力公卿達の娘を相次いで入内させる一方でDASH!

 

道長は長女彰子(しょうし)入内適齢期に達する日を、一日千秋の想いで待っていましたニコニコ

 

但し、道長・詮子、更には、貴族社会にとって、想定外であったのは丸ブルー

 

一条が落飾して后たる資格を失った定子を見棄てなかったことでした電球

 

定子が一親王・二内親王を相次いで産んだのも、実家が没落してからというのも、皮肉な話でありレンチ

 

父道隆生前中に、皇子が誕生していれば注意

 

歴史の流れは違う方向に向かった筈で、道長の望月の栄華も訪れなかった可能性は髙かったでしょうNEW

 

長徳の変(ちょうとくのへん)以来、断続的に続いた詮子の病悩もあり、伊周・隆家は左遷から僅か一年で召喚されたのですが、

それと並行して行われた、定子の職御曹司(しきのみぞうし)還御を契機に企てられた定子復権に対して耳

 

道長は中関白家(特に伊周)の政界復帰を認めない形で対抗したのですが、一条は長保(ちょうほう)元年(999)正月長音記号2

 

定子を内裏に参入させた結果、彼女は第二子を懐妊するに至りました拍手

 

恐れていた事態の出来に危機感を覚えた道長は、彰子の入内を早めることを決断!

 

同年二月には女子の成人式に当たる裳着の儀(もぎのぎ)を執り行い、更に十一月には多くの公卿達の支持を背景に彰子の入内を

果たしましたひらめき電球

 

十一月は定子の出産予定日ということが想定されており、道長も定子が仮に皇子を出産してもその影響力を極力弱くするべく宝石白

 

彰子入内を強行グー 続けて女御宣下(にょうごせんげ)へと漕ぎつけたのですがカメラ

 

何と、彰子への女御宣旨が下った同日の朝に、定子は一条第一皇子の敦康(あつやす)を出産したのです音譜

 

蔵人頭行成(くろうどのとうゆきなり)の日記である『権記』(ごんき)によれば耳

 

初の皇子誕生の報を受けた一条は、喜びを隠そうとはしなかった様で、直ちに産養いの儀(うぶやしないのぎ)

取り図ろう様、行成に命じたとされています星

 

因みに、同日に一条は、道長始め公卿達列座の中新女御彰子の直盧(じきろ)を訪れたのですが、長い時を過ごすことはなく

そのまま退席してしまいました叫び

 

恐らく、対面の場には、道長が公卿達に献じさせた和歌を貼り付けた屏風が飾られていたと思われますが上差し

 

『公卿達が彰子、ついては父親である自分を支持しているのですよ!!という道長の威嚇とも言える屏風目

 

皇子誕生に頭が一杯の一条には、効き目がなかったのかもしれませんアセアセ

 

『和歌屏風等では、帝の気持ちを定子から彰子に向けさせることは出来ないピリピリと判断した道長は…

 

皇子の生母となった定子への対抗策として、彰子の立后(りつごう)を計画・実行へと舵を切りましたうずまき

 

この、一帝二后(いっていにごう)の話は、後日にさせて頂きますが…

 

詮子・道長・一条の三者と、彼等の間を走り回ってそれこそ粉骨砕身尽力した蔵人頭行成の奔走の末本

 

紆余曲折ありながらも…

 

➀皇后遵子(じゅんし。円融帝后、公任の同母姉)を皇太后

 

➀中宮定子を皇后

 

②女御彰子を中宮

 

上記の通り、遵子・定子の后位を変更するという形で、道長は彰子を中宮に冊立させることに成功したのですグッド!

 

外戚たる道長の支援がなければ自身の政権安定が覚束ないことを、十分に承知していた一条は、逡巡しながらも、彰子の中宮

冊立を認めたのですが二重丸

 

長保二年(1000)二月十日立后宣下を受けるために、実家の土御門殿(つちみかどどの)に退出した彰子の不在を狙って♀

 

翌十一日定子母子を内裏に参入させ敦康との対面を果たしています星

 

定子参入を知った道長は大いに憤慨むかっ

 

『皇后(定子)が、春日祭の神事(十一日)が行われる日に参入されるとは如何なものか?ピリピリ

 

言葉は冷静さを保ちつつも、不快の念を日記『御堂関白記』(みどうかんぱくき)に記しているのですが…ドクロ

 

居ても立ってもいられなくなったのか?

 

何と、道長は定子の居所に踏み込み(名目はご機嫌伺いではありますが…)彼女や一条に対してプレッシャーをかけていますバツブルー

 

二月二十五日に、彰子立后の儀が行われたのですが、一条は尚も定子を寵愛し続けた結果

 

三月に、定子は三度懐妊!

 

道長が恐れていたことが、現実のものとなってしまったのですえーん

 

第三子懐妊の時期は、まさに彰子立后の直後のことであり、

 

翌四月七日には、敦康を親王とする宣旨が下り、一条は敦康を自身の皇嗣(こうし)とする意思を明確に示したのですチョキ

 

件の敦康親王宣下については、『権記』には記事があるのですが、『御堂関白記』には記述されておらず道長のショックの程が窺われますね大あくび

 

そして、この頃より、相次ぐ政治問題で何度か体調を崩しながらもなんとか持ち堪えていた道長の心身状態が…

 

限界点に達しようとしていたのですNG叫び

 

続きは次回に致しますトランプクローバー