コロナウイルスの問題で、日常生活、仕事、収入、様々な面から悪影響を受けておりますが、そうした中でも日常の経済活動を止めずに、コロナの危険を回避していかなければならない情況が続いています。家づくりに関しては、税制の優遇措置の制度見直しが進み、発表されています。

住宅ローン減税は10年間、毎年の年末の住宅ローン残高の1%を所得税や住民税から控除する仕組みで、消費税が10%に上がってから契約した場合、その制度が13年間利用できる制度。元々2020年年末までの入居が条件でした。

しかし昨今の状況を踏まえ新築住宅は2021年9月末までの契約2022年末までに入居する事を条件に13年間のローン減税が利用出来るようになります。(延べ床面積の制限も40㎡以上として、狭小住宅でも条件を満たせば利用できるようになります)

住宅を取得するための生前贈与非課税枠についても、最大1500万円まで非課税とする仕組みを、2021年末まで延長するという方針を固めた様です。

また、地域ごとの住宅建て替え助成制度も軒並み期間延長が発表されていますので、期限があり利用できないと諦めていた助成金の制度がまだ使える可能性が増えました。

あなたのお住まいの地域で利用できる助成金制度は、弊社で日々お調べさせて頂いておりますので、弊社HPよりご相談下さい!

 

 

税制優遇を受けた分で、設備機器など毎日利用するものを充実させるのも良いですね。

キッチンも間取りに合わせてセレクト

アイランドキッチン・・リビングと一体感が得られます。自分は食器洗いが下手なので水はねが気になるなぁ。

壁付けもシンプルで人気です。料理が下手な自分はテレビを見ながら料理など無理無理・・・料理に没頭できて、良い気分転換になります・・・。

L型キッチンは家事導線が楽々。昔はデッドスペースとなっていた場所も、完全に収納できます。

料理道具集めばかりで、日々怒られる自分だったらここはお気に入りのたこ焼き器を置く事にしようかなぁ・・・。

キッチンの手元に収納があります。今度造作で作る予定ですので参考にします。自分だとお腹がつっかえて奥まで手が届きません・・・。

これま参りました。高級なキッチンは収納もこの面に。ダイニングテーブルは避けて置くのでかなり広いLDKでないとこうはいきませんね。引違扉になんでしなかったのかなぁ・・って考える自分には縁のないキッチンです。

 

 

 

12月に入り空気も冷えて乾燥してきました、

感染拡大防止にスターマンもキララもマスクをつけてます。気を付けましょう!

 

しあわせ設計の家㈱ビーテックの家は

遮熱断熱仕様の家ですので、お住まいになってから年間約5万円の光熱費削減が可能。

②全棟構造計算での耐震等級3(プランによります)仕様の家を標準とし、地震保険が断然にお安くなります。

③大地震保険付きの制震工法を加え、耐震と制震の頑丈な家づくりを行っております。

狭小敷地10坪でも、借地権でも、2世帯住宅でも、賃貸併用住宅でも全て安心で安全な家づくりをご提案しております。

 

①先ずは弊社HPより資料請求をお申込み下さい(多くのお問い合わせを頂戴しております)

https://www.b-tech-o.com/ffex/index.php?form=request

②断然役立つ家づくりスターターパックを無料でお送り差し上げます。

③同封のイベント(見学会や弊社事務所での無料相談会)をメールやフリーダイヤルでお申し込み頂き、見学会や相談会でお会いして、是非弊社の家を体感ください。

④全て無料にてご提案プランや敷地調査を行わせて頂きます。

 

建替えをご検討の中の皆様、お住まいの地域では、防災の為の建替えを助成金を出して推奨しているかも知れませんよ。昭和56年5月31日までに建築又は建築確認を取得していれば、解体や新築工事の一部が助成される制度が利用出来る可能性が有ります。弊社でもお調べさせて頂きますが、ご自身でもお住まいの区役所にご相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

コロナウイルスの第3波を警戒しながら、日々の生活・お仕事を徐々に元に戻し、これからの家づくりに向けて、弊社でも多くのご相談を頂戴しております。

東京都内・川崎・横浜で建替えをお考えでしたら、建替え専門の弊社へお気軽にご相談下さいませ!

ご来社での相談会も、マスク着用、アルコール消毒、換気を万全にして行っておりますので、ご安心してご利用下さい。

ご家族其々、希望される家や間取りが違いますので、ご予算に合わせたプラン提案と、最大限利用出来る助成金、最大限無駄の無い住宅ローンのご案内を併せて、丁寧にアドバイスをさせて頂きます!!