いよいよ後半戦です。



20キロ~25キロ・・・約24分



この区間も前半戦は引き続き緩い下りでスピードに乗り易い。


しかし後半には長い上り坂のスタートになっているのでサービス区間の最後とも言える。


この後半に待ち構える上りに向けて意識的にペースをセーブして呼吸を整える事に専念。


余裕はあまり無いがまだ脚の痛みはないのでストレスは感じない。




25キロ~30キロ・・・約25分30秒



後半戦最初の山場で一気に上った後に一気に下りその後小刻みなアップダウンが2度続く難所。


毎年ながらこの区間で脚へのダメージが一気に蓄積し始める。


案の定下りで足首に違和感が出始める。


想定していたがこの区間で初めてキロ5分のペースを上回ってしまう。




30キロ~35キロ・・・約25分



区間の大半が下りなのだが自分ではこの大会で一番嫌いな区間。


30キロ過ぎから始まる急激な下り坂で一気に脚への負担が増し痛みが出る。


脚に余裕がないので下りの衝撃を吸収できずに一気に脚に痛みが広がる。


特に32キロ付近の急こう配では痛みを抑えるためにブレーキを掛けながら走るような状態になり太ももの前側に負担が掛かる。


また山川港に降りると北風がまともに向かい風になるのでスピードが上がらず精神的にも厳しい。


35キロ~40キロ・・・約27分30秒


後半戦2つ目の難所。


山川港を離れ温泉街へ向かう急激な上り。


1キロ以上続くのでダメージの蓄積された脚にはかなり厳しい。


脚が張って歩幅が一気に縮こまり呼吸も苦しくなる。


この時点では既に脚は何度も痙攣しており痙攣止めのサプリを飲んでごまかして走っている状態。


しかし37キロ過ぎからの最後の下りで完全に脚に力が入らなくなる。


下りきった38キロ過ぎでは両手にも痺れが出始めて急激にペースダウン。


この時点では3時間半切りだけが唯一の心の支えになっていました。




40キロ~ゴール・・・約16分


トータル・・・3時間31分55秒



ラスト2キロは完全にペースダウン。。。


脚が全く動かない上に痙攣が酷くなりいつ完全に攣ってもおかしくない状態でした。


とにかく前に脚を出すという感じでとてつもなく長く感じた2.195キロでした。


それでも今の自分には上出来なタイムでゴールする事が出来ました。


ひとまずレース回顧はおしまい。












先々週の日曜日になってしまいましたが今回で7年連続で指宿菜の花マラソンを走ってきました。


今年は同じ鹿児島県で第一回鹿児島マラソンが開催されることが決まった為に17,044人と参加者が減ってしまいました。


それでも九州の南端で行われる大会に沢山の参加者が集まるのはひとえに大会運営やボランティアの素晴らしさがあると思います。


過去に色々な大会に参加してきましたがやっぱり菜の花マラソンが最高だと感じます!


新年最初のレースでしたが故障明け2レース目なので来シーズンに繋がる走りを目標にしていました。


具体的なタイムとしては現状の自分の実力からすれば3時間45分が切れれば御の字と考えていました。


脚の故障で4カ月走れなかったので練習量は過去最低。


体重も落とせなかったので例年より4キロ増と問題だらけのスタートでした。


一緒に走る友人が3時間半切りを目指していたのでどうにか前半付いて行って後半どこまで粘れるかと考えていました。


今回は5キロ毎のラップを取っていたのですがゴール後のアクシデントで消失。。。


という事で覚えている範囲で書いていきます。



スタート~5キロ・・・約24分30秒


例年より気温が高めだったので寒さもほとんど感じづにスタート。


1つブロックを下げて友人と一緒にスタートしましたがロスは40秒だけ。


今の自分にはキロ5分も楽とは言えないペースですが3キロ過ぎにばらけ始めてからは徐々にペースアップ。


5キロ手前で友人の親戚の応援を受けて元気一杯。


身体の重さは感じましたが順調な滑り出し。



5キロ~10キロ・・・約24分


ここの区間はほぼ全部が登りの区間ですが一度上がったペースをそのまま持続する形になってしまいました。


友人の調子もいい様子だったのでこの辺りは自分が後ろから付いていく形で引っ張ってもらっていました。


故障した左の足首の調子も悪くなく違和感も無く前半戦の登りを終える事が出来ました。



10キロ~15キロ・・・約23分30秒


この区間は前半一気に池田湖に向かって下ってから登りへと切り替わるアップダウンのある区間。


自分は下りが苦手なのでこの下り区間で友人との距離が一気に開く。


最大で約50Mくらいは置いて行かれてしまった。


元々下りは苦手だが左足首を故障してから足首の可動域が更に小さくなってしまい衝撃を吸収しきれなくなっています。


後半の登り部分で徐々に距離を詰めては行きましたがまだ30Mくらい後方から追走していました。


この時点では脚にまだ余裕があったので足首の痛みは無し。



15キロ~20キロ・・・約23分


この区間は難コース指宿菜の花マラソンでの唯一のサービス区間。


全体的に緩やかな下りが続き大きな脚への負担も無く景色も開聞岳が見える景色も素晴らしい。


想定よりも随分と早いペースになってしまっているが17キロ近辺でようやく友人に追いついて並走に戻る。


19キロ手前では友人から麦茶を給水。


知り合いの応援で脚にも力が入る。


スタート~ハーフ・・・1時間40分03秒(公式のネットタイム)


ここまでは順調には来ていましたがいかんせん今の自分には明らかにオーバーペースだったので今までのマラソンで一番余力の無い折り返しとなってしまいました。


後半に続く。。。



仕事始め

テーマ:
本日から弊社エコノミゼも仕事始めです。

例年に比べて暖かく晴天だったので気持ち良く出勤しました。

年末にどうにか大掃除が出来たので出勤してから軽く掃除してから年賀状やメールのチェックをしました。

その後は今週末からの九州出張に向けての準備に追われました。

今年は昨年以上に忙しくなる事が予想されるのでとにかく時間を有効に使うという事を今まで以上に意識していきたいと思います。

またプライベートでは日曜日には7回目の指宿菜の花マラソンに参加します。

元旦から高校時代の同級生と地元の狭山湖や西武ドーム周りを走ってスタートを切りました。

今シーズンはとにかく復活への足がかりの年なので故障に気をつけて楽しんで来たいと思います。

{9A1446D9-5D36-474F-8B58-3C6E28AD14E8:01}

{404EC516-031E-4601-88C8-8AF9E05B535A:01}

{0023563C-2402-43C4-95E2-EF6F3D01C3BC:01}





謹賀新年

テーマ:

新年明けましておめでとうございます。


2016年のスタートという事で今年の目標を立てたいと思います。


まずは仕事から。


昨年に引き続き節水を中心にしていきますが今年は新電力が大きなポイントを占める年になると考えています。


昨年末から既に参入企業がCMを展開しているように本格的な自由化初年度の今年が勝負の年になると思います。


また節水ビジネスでは昨年以上にパートナー企業との連携を深めていきたいと考えています。


弊社が今まで導入実績の少なかった個人経営の飲食店へのアプローチをパートナー企業様に担っていただき弊社は引き続きホテル、病院、介護施設などへの導入を進めていきたいと考えています。


そしてプライベートではとにかく体を鍛えなおす。


昨年の経験から健康面をケアするのは当然として健康を維持するためには走れる身体を維持する事だと再確認しました。


今年の6月には47歳になりますので怪我をしやすくなるのは当然です。


だからこそ昨年の怪我をきっかけに意識してするようになったストレッチを今まで以上にしっかりして故障しない身体作りを心掛けたいと思います。


そして年末のマラソンシーズンには再度自己ベストに挑戦できるようにしたいと思います。


また昨年は走る事で沢山のご縁が繋がりました。


40歳で始めたマラソンですが17日にはなんと学生達と一緒にリレーマラソンに参加します。


高校同級生のマラソンメンバーも昨年8人まで増えました。


15歳の時に出会ったメンバーと30年以上経って同じ大会で走れるなんて思ってもみない事でした。


今年も『走る』という事で繋がった沢山のご縁を大切にし、更に繋げ、広げていきたいと思います。


皆さま今年も弊社エコノミゼと藤原将裕を宜しくお願いいたします。

いよいよ2015年も最終日昨日どうにか仕事を納めて今日は事務所の大掃除。


今年は本当に色々な事がありました。


仕事では弊社の根幹のビジネスである節水だけでなくLEDを中心とする節電の取り扱いが増えました。


それに伴って来年から本格的にスタートする新電力の事業でも新たにパートナー契約を結んだ事により取り扱いが可能になりました。


また節水ビジネスに関しても新たなパートナー契約や今までに導入経験の無かったシェアハウスやケイタリングサービスの会社へのご提案など新業態への参入も経験する事が出来ました。


仕事は大変ありがたい事に年末ギリギリまでお仕事をいただき本当に充実した一年になりました。


その反面プライベート、特に健康面では反省の多い一年となってしまいました。


まずは3月の板橋シティマラソンでの初の大ブレーキ。


気温が高めの中で25キロ過ぎまでは自己ベストペース。


30キロ手前までは調子良く走れていたのですが30キロで両足痙攣からは大幅にペースダウン。


足が攣っては伸ばすの繰り返しになってしまい完走するのがやっとでした。


危うく自己ワーストを更新してしまうところでした。


その後無理がたたってアキレス腱に炎症を起こしてしまい靴を履くのも痛いほどアキレス腱が腫れてしまいました。


アキレス腱炎で走れなくなってしまってからも食生活を変えなかったせいで体重は僅か2カ月で7キロも増えました。


更に初めて痛風を発症してしまい結局4カ月も走れませんでした。


8月から徐々にウォーキングを開始しどうにか11月には毎年恒例の河口湖富士山マラソンに参加できました。


それでも自己ベストを狙える状態からはほど遠いのでサブ4狙いの友人のペーサーを務めました。


10日後に迫った指宿菜の花マラソンもファンランになります。


走れなくなっていかに今の生活の中で走ることが大きな部分を占めているのかを実感しました。


とにかく今年は仕事に比べて体調面で課題の残る1年になってしまいました。


また体調を崩した事で沢山の友人にフォローしていただき感謝する1年でもありました。


今年1年をまとめれば自分が沢山の人のご縁に支えられている事を痛感した年でした。


皆さま1年間本当にお世話になりました。


来年は少しでもご恩を返せるように頑張ります。


来年も宜しくお願いいたします。