NAMM"2014"紀行 "ラスト??"

テーマ:
NAMM"2014"紀行

何回かに分けて書いて来たNAMM&LA紀行

今回で
一応,,,
一段落させていただきます。
紹介していないブースが沢山有りすぎて今後も少しすつ紹介していこうと思います。


Seymour Duncan (セイモアダンカン)
常に人が沢山でした。
そしてセイモアダンカン氏の所には常に列が、、
中のブースではアコースティックギターのライブが行われていました。
ダンカンのピックアップ??
ライブはかなりカッコ良かったですがPAが割れていてちょっともったいない感じではありました。




そしてNittonoさん!
ずっとお会いしたかったビルダーの1人。
ロベンフォードやサンタナも彼のギターを使用しているのですが、
Nittono氏のギター
本当に奇麗で、ぼくもいつか1本欲しいです笑

試奏はナイロンギターとエレキを

ギタリストのTaroちゃんに撮影してもらいました
ありがとう!





そして
TEYE(テイエ)ギター
ギタリスト、コレクターでも有名、ギブソンからモデルも出る
Jimmy Wallace(ジミーウォレス)氏が監修したブランド

今回お世話になったTMC AMERICAのブースの斜め前に位置しており
見た目のインパクトから気にはなっていました。
FATハッカイさんも気になっていたようで、二人でブースに行ってみました。

ゼマティスのような雰囲気も持つテイエギター、作りや装飾にもかなりこだわっているようです。
そんな中から、
2本、なんとハッカイ氏によって仕入れがきましました笑


Jimmy Wallaceh本人
トップ


バック


今回の
裏テーマ!?
杢も良い感じでした笑

そして
Jimmy Wallace氏 TEYE氏、ハッカイ氏、仕入れたギター



1本は日本到着早々に売約となってしまいましたが
こちらの写真のギターは販売中でございます。
NAMMモデル、付属も豪華です。
こちらからご覧になれます。



そして
TMC AMERICAブースには勿論
ライブラインとこのプラグが!
180度動くプラグ、
これ本当に凄いですよね







そしてNAMM四日間も終わりの時間が近づき
最後に皆で記念撮影!



この後
終わりの時間がきた瞬間に、パッ!
とライトの電源が落ち真っ暗になり、会場内は終わりの拍手!
結構疲れましたが、やはり終わってしまうと寂しい感じもしました。

Brush eight代表として、ギタリストとしても今回の
NAMM四日間もそうですが、LA内の様々な場所にも訪問し
言葉では言い表せないほどの経験が出来ました。
凄くパワーを感じました。

お誘い頂いたFATハッカイ氏、FATクルー、JAM 加藤さん、320designミツマさん
ギタリストTaroちゃんRyuくん、一般参加の3名の方々

本当にありがとうございました。

"Brush eight"
〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-10-22 AXIS西本町ビル2F(旧コアFUJIビル)
TEL:06-6536-4448
FAX:06-6536-4449
WEBはこちらから