「隠れていた宇宙」ブライアン・グリーン

を読みました。

 

最先端の物理学を一般人にもわかりやすく説明してくれる本。

大学生の時に「エレガントな宇宙」を読んで、当時出始めの「超ひも理論」に触れた。

あれから10年経って、「超ひも理論」はどうなっているのか、最先端の物理学はどうなっているのか、

知りたいと思って読みました。

 

▪️パッチワークキルト多宇宙

「並行宇宙」、「パラレルワールド」という考え方があるが、そんなわけないだろうと思っていた。

たしかに量子の状態は確率的にしかわからないが、それは色んな状態の宇宙が無数に存在するということではなく、

宇宙は一つであり、確率の中のたった一つの状態を選び取るのだ、と思っていた。

しかし、本書を読んで納得した。

 

宇宙が無限に広がっているなら、私達が見ている宇宙とそっくりな宇宙がたくさん存在する。

無限の宇宙には様々な宇宙が存在しているが、粒子の取りうる状態は有限なので、重複する宇宙が出てくるはずである。

同一ではなく、似ている宇宙だともっとたくさん存在する。

太陽系そっくり、地球そっくり、自分とそっくりな宇宙があって、でも髪の色が違ったり、趣味が違ったり、ほんのちょっとだけ違う宇宙。

 

▪️自然法則の統一

超ひも理論では「10次元の宇宙」という信じがたい考えが出てくるが、

4次元に生きている我々がその考えにたどり着けることがすごいと思いました。

 

4つの力(電磁力、強い核力、弱い核力、重力)を統一しようとしたが、

重力以外の3つは量子論で統一できるが、重力を当てはめるとでたらめな結果が出た。

超ひも理論がこれを解決する。

 

物体が非常に重い時は重力が影響し、非常に小さい時は量子力学が影響を及ぼすので、

相対性理論と量子力学の統一理論が必要なのは、小さくてなおかつ重いブラックホールやビッグバンを考える時だけである。

 

ひも理論の方程式には数学的な欠陥があったが、

空間が9次元と時間の1次元の時空が10次元ある宇宙であれば、問題がなくなることがわかった。

方程式を解くとたどり着く結果が10次元宇宙なのだ。

 

信じられないかもしれないが、粒子を細かく見ていくと、次元が小さく丸まっていて、見つかりにくいのかもしれない。

たとえば東京タワーくらいの長いストローがあったとして、近くで見れば丸みのある2次元だとわかるが、

遠くからみれば1次元の線にしか見えない。

絨毯は平面で2次元に見えるが、細かく見ると繊維がループしていて、別の次元が見えてくる。

同じように、粒子にも、最新鋭の顕微鏡でも見えない余剰次元があるのではないかと考えられる。

 

何がすごいって、余剰次元は見えないのに、数学の方程式を解いていったらみつかることがすごい。

貧乏人が貧乏たる所以は、金を使わないことだ

 

長ネギが198円で高いと思って買わなかったら、

風邪をひいて薬代で1000円飛んだ。

 

だから貧乏なんだ。

 

2000円の安い革靴を買ったら、

2週間でつま先が剥げて新しい革靴を買うことになった。

 

だから貧乏なんだ。

 

学費がもったいなくて大学に行かなかった、、

 

学費がもったいなくて高校に行かなかった、、

 

そのあとどんな職業に就ける?年収は?生涯賃金は?

それは、おそろしいな、、

 

金持ちが金持ちたる所以は、金を使うことだ。

 

ネットで何時間もかけて調べるのではなく、

金を払って専門書を買って効率よく勉強することによって、

短期間で良い仕事をして給料が上がる。

 

痛いのを我慢して耐えるのではなく、

整体やカイロプラクティックに行ってコリをほぐすことによって、

数年後、腰痛や様々な健康上の問題に直面することを避ける。

 

貧乏人が貧乏たる所以は、金を使わないことだ。

金持ちが金持ちたる所以は、金を使うことだ。

 

いや、しょうがないじゃないか、

貧乏人は金がないから「使わない」んじゃなくて「使えない」んだ、

と反論するかもしれない。

 

それも違う。

 

金を使ってしまえば、稼がなくてはいけない。

 

だから一生懸命働いて金を稼ぐ。

 

ゆえに、金持ちになっていく。

 

金をあまり使わない生活に慣れてしまえば、

稼がなくてもいいや、という気持ちになり、

貧乏なまま。

 

あれが欲しい、これが欲しいと思って、

そのためにたくさん働いてたくさん金を稼いでたくさん使う。

 

金持ちが金持ちたる所以は、金を使うことだ。。

 

堀江貴文ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」を読みました。

平易な文章でやる気を出させるようなことがたくさん書いてある。

子どもの頃の話とか、獄中の話とか、ホリエモンがホリエモンになった足跡が伺える。

ライブドアが世間を騒がせていたあの頃、ホリエモンに対して抱いていたイメージとはなんだか違った。


■働くことの意味を実感した日
中学生がアルバイトをして、パソコンを買うこと。
しかも20万円という大金だ。
しかし、僕は新聞配達からなにも学べなかった。
「こんなに苦しい思いをして、たったのこれだけか」という気持ちしかなかった。
ところが、思わぬところから仕事の依頼が舞い込んでくる。
塾講師からこんな相談を受けた。
「うちの日立のパソコン、今度全部NECのパソコンに入れ替えるんだけど、教材システムの移植って、お前できる?」
「できます!」
即答だった。できるかどうかはわからないけど、大きなチャンスだと直感的に察知した。
およそ1カ月、無我夢中でプログラミングしていった。ずっとシステムのことばかり考えていた。
作業が無事終了し、受け取った報酬は10万円。だが、金額のことはどうでもよかった。
自分が大好きなプログラミングを通じて誰かを助け、報酬まで得ることができた。
「そうか、働くってこういうことなんだ」
この仕事をやり遂げたときの達成感、誇らしさ。
生まれてはじめて「堀江貴文」という存在を認めてもらった気がした。

■勉強とは大人を説得するツールだ
僕が掲げていた最大の目標、それは「ここ」から脱出することだった。
圧倒的な説得材料が必要だった。
東大に合格するしかない。
目標は東大に定まった。あとはどうやって合格するか。
血の滲むような努力をした、そんな意識はまったくなかった。
どんなに追い込まれても毎日10時間の睡眠を確保するようにしていた。
要は起きている14時間をすべて勉強に充てればいいのである。
勉強でも仕事でも、努力するのではなく、その作業に「ハマる」こと。なにもかも忘れるくらいに没頭すること。
これは中学時代にコンピュータのシステム移植の仕事を通じて学んだ結論だ。
あの仕事は大変だった。ギリギリだった。でもその大変さも含めてすべてが最高に楽しかった。
結果的に、僕はどうにか下根木で東大に合格することができた。

■挑戦を支える「ノリのよさ」
大学一年のときのことだ。友達が唐突に「一緒にヒッチハイクしない?」と声をかけてきた。
なんとなく「おもしろそう!」とついていったのが僕だった。
最高だった。
好きなときに好きな場所に、1円も使わず出かけられるフリーパスチケット。
ヒッチハイクによる小さな成功体験を積み重ねることで、僕はコンプレックスだらけの自分に自信を持てるようになっていった。
もう見知らぬ人に声をかけるのも怖くない。交渉だって、うまくできる。
自分の殻を打ち破ったという、たしかな手応えがあった。

ヒッチハイクに誘われて、やってみるのか、断るか。
あらゆる人の一生とは、こうした小さな選択の積み重ねによって決まってくる。
チャンスだけは誰にでも平等に流れてくる。
チャンスについて語るとき、僕はよく『桃太郎』を例に挙げる。
川で洗濯をしていたおばあさんは、大きな桃に飛びついた。怖がらず、無視もせず、とにもかくにも飛びついた。
鬼退治の物語はそこからはじまるのだ。
目の前に流れてきたチャンスに躊躇なく飛びつくことができるか。そこが問題なのである。
僕はこの「チャンスに飛びつく力」のことを、向上心とか目的意識とか、そんな堅苦しい言葉で語りたくはない。
もっとシンプルな、人としての「ノリのよさ」だと思っている。
フットワークの軽さ、好奇心の強さ、リスクを承知で飛び込んでいける小さな勇気。それらの総称が「ノリのよさ」だ。

チャンスの見極め方がわからない?
チャンスを見極める目なんて必要ない。
少しでもおもしろいと思ったら、躊躇せず飛び込む。
すべては「ノリのよさ」からはじまるのだ。

■仕事を好きになるたったひとつの方法
僕は受験勉強が好きだった。学校の勉強はあんなに嫌いだったのに、受験勉強だけは好きになることができた。
人が物事を好きになっていくプロセスはいつも同じだ。
人はなにかに「没頭」することができたとき、その対象を好きになることができる。
ここで大切なのは順番だ。
「好きだから、没頭する」のではない。
「没頭したから、好きになる」のだ。
「好き」が芽生えてくる前には「没頭」という忘我がある。
気がつくと何時間も経っていたとか、無我夢中な体験だ。
没頭しないまま好きになるなどありえないし、没頭してしまえば好きになっていく。
仕事が嫌いだと思っている人は、ただの経験不足なのだ。
そこまでのめり込んだことがない、それだけの話。
もちろん、仕事や勉強はそう簡単に没頭できるものではない。
「自分の手でルールをつくること」である。
受動的な「やらされる勉強」ではなく、能動的な「やる勉強」になるのだ。
ポイントは「遠くを見ないこと」。
たとえば東大合格といった「将来の大目標」ではなく、まずは「1日2ページ」というノルマを課し、来る日も来る日も「今日の目標」を達成することだけを考える。
「今日という1日」にギリギリ達成可能なレベルの目標を掲げ、今日の目標に向かって猛ダッシュしていくのである。

■「やりたいことがない」は真っ赤な嘘だ
「僕はやりたいことがなく、就きたい仕事がありません」
ほんとうだろうか?
「好きな女優さんはいる?」
「新垣結衣さんとか」
「じゃあ、ガッキーと会ってみたいと思わない?俳優さんになるとか、監督さんになるとか、テレビ局で働くとか、いろんな道があるよね」
「でも僕にはとても・・・」
「『やりたいことがない』わけじゃないんだ。問題は『できっこない』と決めつけて、自分の可能性にフタをしていることなんだよ」
逆にいうと、「できっこない」という心のフタさえ外してしまえば、「やりたいこと」なんて湯水のようにあふれ出てくるのだ。
突き抜けられる人と、そうでない人の違いは次の一点に尽きる。
物事を「できない理由」から考えるのか、それとも「できる理由」から考えるのか。
能力の差ではなく、意識の差なのである。

■飽きっぽさは最大の長所になる
もともと僕は、どうしようもないほど飽きっぽい人間だ。
一度好きになったら尋常じゃない早さでのめり込んでいく。そしてどっぷりとハマる。寝食を忘れるほどにハマりまくる。
ところが、ある飽和点に達すると、あっさりやめてしまうのだ。
しかし最近、この「飽きっぽさ」も自分の長所になりえることに気がついてきた。
「飽きっぽさ」と「惚れっぽさ」はコインの裏表のような関係にある。
すぐに飽きる人は、別のなにかにすぐ惚れる。好奇心むき出しで、さまざまなジャンルにチャレンジできる。
ひとつの専門に縛られることなく、より多くの人と出会い、より多くの知見を広めることができる。

アイデアは頭の中からひねり出す時代から、インターネットで検索し、組み合わせる時代になっているのだ。
そこで勝負を分けるのが、スピードと実行力である。
アイデアを実行に移し、誰よりも早くかたちにできた人だけが評価されるのだ。

■テクノロジーが世界を変える
僕は未来を信じている。
昨日よりも今日の世界が、今日よりも明日の世界がよくなると、本気で信じている。
情報を得ることは、未来を知ることである。
情報弱者と情報強者の間では「未来を見る力」に決定的な差が生まれてしまう。
スマートフォンひとつあれば、情報を手に入れることなんて誰にでもできる。
誰にでもできるからこそ、情報の質と量、そしてそれを入手するスピードが重要になる。