Web制作と会社経営について

WEBデザインについてやマーケティング、会社経営、営業についてなど、ビジネスに役立つ情報を掲載します


テーマ:
グリーとインデックス、元カプコンの稲船敬二氏が立ち上げた「comcept」は7月22日、稲船氏がプロデュースするソーシャルゲームをGREE向けに今秋から提供すると発表した。
独立後の第1弾としてソーシャルゲームを選んだ稲船氏は、従来のソーシャルゲームの良さとコンソールゲームで培ったノウハウを組み合わせることで「全く新しいソーシャルゲームにしたい」と意気込む。
今秋スマートフォン向けに提供する予定の「Dr.モモの島」(仮)は、インデックスとcomceptが共同開発するソーシャルゲームアプリ。「可愛いモノが大好きなマッドサイエンティストの少女『Dr.モモ』が、世界一の『カワイーモン』を創り出すため、様々な動物を採取、合体させていく新感覚のソーシャルゲーム」という。

稲船敬二氏は、あのロックマンシリーズのキャラクターデザインを手がけ、ヒット昨となり、その後鬼武者シリーズやデッドライジングのプロデュースを手がけてきたゲームクリエイター。
ジャンルにこだわらず、作りたいものを作ってきたという氏は、「ゲームである以上は売れる事が第一」とする趣旨の発言をした事などから「クリエイターというよりも経営者」、「売上至上主義者」といった捕らえ方をされる事もある。
自分の手がけたクリエイティブがどう評価をされるかっていうのは、やっぱり売上が明確にわかりやすい。
ただの自己満足では終わらず、会社に属する限りはちゃんと利益を考えるし、苦労して生み出した作品が評価されて、お金を払って貰えるというのはやっぱり嬉しいもんです。

次に稲船氏はこんなコメントも。

「ソーシャルゲームやってこけたよねーと言われるのは怖いじゃないですか。でもこけるつもりはないし、こけることが怖いよりも、やらないことで成功逃すことのほうが怖い。宝くじ当たった人を見て『買っておけばよかった』って言う人は嫌いなんですよ」

自分で動かないくせに、他人を羨む人。いますねー共感(´・ω・`)b
しかもこの人、失敗をするつもりは無いという姿勢を見せているところがカッコイイじゃないか。
虚勢であっても、そういう「絶対良いものを作ってやる」っていう信念が伝わってきます。

ブリージング 安藤

■関連リンク
元カプコン・稲船氏が独立第1弾にソーシャルゲームを選んだ“判断”
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。