妊娠・死産そしてこれからのこと
  • 17Jun
    • 感情の滞り

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。電車もなんとなく乗れるようになってきて、最近は外出することも増えました外出するということは、刺激が増えるということ。それは楽しい刺激もあれば不快な刺激もあります。先日、外出した際にお店の方の対応に、とても嫌な気持ちになったことがありました普段なら「イライラする」くらいなのですが身体中を駆け巡るくらいの怒りを感じ、しばらくその怒りが体の中から抜けず、自分が自分でないように思いました。一体全体なんでこんなことになったのか全くわからないのですが、ひとつ思ったことは、感情の処理が出来ない。これなのかと。感情のコントロールができないことにはまだまだ社会復帰は遠そうだなぁとちょっと落ち込み。。。(数日後には「まあ、気長に」と思えたけど)でも出かけられたり、夫との共通の友人(妊娠・流産の経緯を知らない方限定)と普通に話せたりする今の状況だと、夫は「もう復帰しても大丈夫」って思ってしまうのかもなぁ…

      87
      5
      テーマ:
  • 09Jun
    • 疲れやすい…?

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。この1〜2週間、左側のお腹の上の方が痛くて痛いと言っても立ち上がれないほどではなく、しくしく痛むような。痛むタイミングもまばらで受診をどうしようか悩んでいました。でもやっぱりせっかくの休職期間なんだから、体調は整えないとと思い昨日、受診してきました。問診で「ごはんは食べれている?」「下痢はしてない?」「便秘はしてない?」ときかれ、その全部当てはまらない。で、やっぱり聞かれたのが「ここ最近、何か強いストレスはあった?」…「ありましたけど、ここ最近ではないです。」と答えました。先生もそれ以上は質問してこなかったので良かったのですが、やっぱり流産も明らかな体調変化なんだから言った方が良かったのかなぁと。。。結局原因は分からず、胃の働きを良くするお薬を頂きました。その後、ずっと避けていた保険請求…もう何ヶ月もすぎてるのに、窓口で「流産」という言葉を言うのが辛くて避けていました。でも窓口で規定の診断書を提出すると、それ以上は何も言われず必要な書類の記載で終わりました…昨日1日で「やりたくない」けどやりたくないことをやったせいか、午後早くにはすごい疲労感が襲ってきてゴロゴロしていましたそろそろ復帰も考えて生活しなきゃって思うんですけど…精神的にも肉体的にもまだまだなんだなあって思いました。でも仕事に行くうちに慣れていくのかな

      42
      6
      テーマ:
  • 04Jun
    • 辛かったことの理由

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。天気が良くて洗濯物の乾きが良くて嬉しい!そんなことを思う普通の日常。ふと、母からメールで言われたきつい一言を思い出しました。まだ流産してどれくらいの頃だったでしょうか、私は電車にも乗れなくなってしまい、心療内科に通院していました。それを心配した母と父が何度も電話をしてくるのですが、その電話で話すのも辛かったんです。「がんばれ」とか「前を見て」とか言われるから。心配でかけてきてくれてるから「ごめんなさい。辛くて電話に出れないです。」と申し訳ない気持ちもあってメールをしたんです。そうしたら「しっかりしてください!そんなことでは赤ちゃんが来てくれませんよ!」みたいなメールが来たんですよね。過去のブログを遡ればわかるのですが、しんどい(精神的に)ので遡りません笑。私はただ単にこれは母が自分の気持ちを理解してくれないことに対しての「ショック」と思っていたのですが、私や姉を産んで流産を経験したことない女性に言われて「悔しかった」そして自分の母親が傷ついた人の気持ちがわからない人だったということへのショックと怒りだったのかな、と思いました。分かったから何か解決するわけでもないのですが。。。私はこの言葉を一生忘れないと思うし、悔しい気持ちも一生消えない。だけど自分にとっては唯一の母親なので嫌うことも縁を切ることも出来ない。それで苦しかったんだなぁと。ちなみにもう数ヶ月は経ってるけど、今だに連絡する気にはなれない

      46
      8
      テーマ:
  • 30May
    • 赤ちゃんとバイバイした直後と今との心境の違い

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。天気がジトジトして気分が落ちないかヒヤヒヤしていましたが、備えあれば憂いなし?なのか、荒れずに済んだ(笑)そろそろ復帰準備と思い、生活リズムを戻そうと思うのですが朝から始動するのがなかなか難しい。朝、夫が出勤して1人になって、「ああ、今日はなにしよう」ここから始まって、いろいろ考えてしまう。「仕事戻るんだから、動かないと」「でもなにしよう」「なにしたらいいんだろう」「私はなんで今休んでるんだろう…」「なんでこうなっちゃったのかなぁ」こう考え始めると、頭の重さで体を起こすのが一苦労…こんなんでいいのかーがんばれー、と鼓舞する自分と、私なんて価値がないって思ってしまう自分が混在する午前中。もーやだーこんな午前の過ごし方ってしばらく嘆いていたけど、思えば独身時代から休みの日は午前中はだらけてた…今更直すなんて無理なのかなーいや、変わりたい!変わるんだ!赤ちゃんが、いなくなってしまって産んだ当初は、「今妊娠したらきっと赤ちゃんの魂が戻って来てくれるかもしれない」と強く思った。そう信じていた。流産をなかったことにしたかったのかな、そんなことは出来ないと分かっていたけど兎に角すぐに妊娠すればまだ間に合う!って思っていたような気がする。。。だからすごくすごく妊娠したかった。でも、3回生理を見送らなきゃいけなくて辛かった。そもそも生理がくるかどうかもヒヤヒヤだったけど…今は少し考え方が変わって来た。妊娠して出産しても、この流産した悲しみは変わらない。出産しても解決しない悲しみだと思っています…。だって私2月に去ったお腹のベビちゃんはただ1人だけだから。ベビを思って思って生きるんだ。まだまだ「ごめんね」って思うことは多いけど、ひとつひとつ、見直してあなたの教えてくれたことを私なりに考えていく。それが親子としてのつながりなのかもしれないね。そして「ありがとう」のほうが増えていくんだと思うんーまだまだ涙が止まらないー

      43
      8
      テーマ:
  • 29May
    • もしかしたら、延長していてくれたのかもしれない私の赤ちゃんにありがとう。

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。当初電車に乗ると動悸がしてしまって電車が怖くなっていた私も、今日は普通仮面なく普段通りの、単なる移動手段としての「交通機関の利用」が出来ましたこんな当たり前のことが割と嬉しかったりします。ブログを読んだり、お話をきいたりすると3〜4ヶ月くらいに復活の兆しが見えることが多いのかな?と思っていたので「私もそこに当てはまって良かった」とホッとしている自分もいます…。復活なんて人それぞれなのに。基準が他人目安なのは相変わらず治ってないのですがそれは置いておいて。。先日旦那さんとお出かけした際に、私のベビが発見されたクリニックの前を通りました。旦那さんにも「ここ、ベビちゃんを最初に見つけてくれたところだよー」と言うと、「そうなんだあ〜」と言って2人で少し立ち止まりました。じんわり、妊娠していると言われてうれしはずかしのなんとも言えない気持ちになっていたこと、それから子宮外妊娠していないと言われてホッとした時のことを思い出し、再び歩き始めました。家に帰ってから、『もしかしたら、ここで妊娠が分かった時から流産の運命は決まっていたのかな?』と思いました。そうだとしたら悲しいけど、だけど本当はもっと早くにお空に帰る予定が、がんばれる時までいてくれたのかなと、閃きました。ずっと、なんで産んであげられなかったんだろうと責めていたし、なんで私は産んであげられなかったんだろうっていう思いは一生消えないと思うけど、それでも「ずっとおなかにいてくれてありがとう」って心から思えたこの日のこの気持ちはすごく大きかったなぁと思います。話は変わり、心屋さんのブログに載っていたポッドキャスト。https://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12378640855.html「★なぜか辛い状況を招く理由と、打破する方法?!【ポッドキャスト】」この中で流産された方が心屋さんにアドバイスを求めるのですが、私には心屋さんの言っている意味が難しかったです。おそらく辛いことは自分が知らないうちに無意識のうちに招いているってことだと思うんですけど、本当にそうなのかなぁ・・・と不思議な気持ちです。私の場合は、「無事産めるかな」っていう漠然とした不安があったけど、「私は乗り越えられる」なんて思ってもいなかったんだけどなぁ。なんだか難しい…

      24
      4
      テーマ:
  • 27May
    • 普通仮面をかぶって電車に乗る。

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。今日は旦那さんとお出かけをしてきました。ダラダラダラダラ午前中は過ごしてしまいましたが午後からはおでかけ。流産してから電車が苦手になってしまったけど、普通の仮面をかぶって電車に乗って、見た目上普通に目的地までたどり着けることも増えてきました旦那さんと一緒なのでそこも大きいと思いますけど心の中で「私は今”普通を演じる”」と女優ミッションも発動させています(笑)自分が北島マヤ、自分は姫川亜弓と言い聞かせてみる、とか。どんな形であれ出来ることが増えたこと、前の形に戻ってきたことは良いことだと思いました。そんな時に、先日神社に貼られていた言葉を思い出しました。「足ることを 知る心こそ 宝船 世をやすやすと 渡るなりけり」江戸時代後期の心学者の脇坂 義堂の言葉です。東京都神社庁が毎月「生命の言葉」というものを出しているのですが今月はこの言葉でした。意味は満足を知ることは、とても尊いことである。そうすれば世の中も、たやすく渡ることができる。今の私、「出来ないこと」ばかりに目を向けてばかりで「満足」とは程遠い場所にいました。だから生きにくい世界になっていたんだなぁと。今日ふと、電車になんとか乗れるようになってきたことに満足とまではいかなくて、心が満ちたように感じてちょっと世界が広がったように思えたんですよね。そしてこの言葉を思い出しました。ショックな時にそれは出来ないと思いますし、私は出来ませんでした。でも、少し落ち着いてきたら、感謝や満足を感じられる方に目を向けていくほうが気が楽かもしれないと思いました。今はこんなこと言えてもまたいつどのタイミングで落ちるかわかりませんけどねでも、それが私なんですきっと今日同じ電車に乗っている誰かも普通の仮面をかぶって普通を演じていたのかもしれない。私1人だけじゃないのかもしれない。そんなことを思ったりもしました。

      39
      4
      テーマ:
  • 26May
    • 悲しみとともに生きる

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。今日は調子が良く午前中から起きて動くことができました午前中起きれなくはないのですが、起きると「これから何をしたらいいんだろう…」と、やることを探しをしては「うぅ・・・できない」となってしまうため、それならもうお昼頃までぐうたらした生活を送っていました今まで生きていたなかでも、悲しいことや辛いことはそれなりにあったのですが、そこをひとつひとつ深く掘ってしまうと、生きるのが辛くなりそうで蓋をするか笑い話にするかの二択で生きて来ました。でも、赤ちゃんを失った悲しみは、そういった二択では処理出来ないんですよね…。蓋をしてしまったら、大好きな赤ちゃんのことも蓋をしてしまうみたいで嫌だし、もちろん笑い話になんて出来ない。だから悲しみを抱きながら生き続けていくんだろうなぁと思いながら生きています。が、なかなか難しいですね。ふと、涙は出るし胸が締め付けられるほど寂しさがこみ上げてきます。そして同時に抱っこした感触や重さを思い出しては「どうして産んであげられなかったのかな」と今だに泣いています。あれが悪かった、これが良くなかったまで考えたりも同様に続いています。もうすぐ赤ちゃんが旅立ってから4ヶ月が経ちます。夫との会話で「○○ちゃん(赤ちゃんの名前)今日は何してるかなー」と話題にするのが当たり前になってきたのですが、今度はその時間が愛おしくて、次赤ちゃんがお腹にやって来てくれたら去った赤ちゃんのことは忘れてしまうのかな、と寂しくなってしまいました毎日何かしらの悲しい感情に包まれていますが、でも、この悲しみを時間をかけて受け止めていくことで何か光が見えるのかなと思っています。今までおろそかにしていた自分の体と心。今が向き合う機会。心との向き合い方は時間をかけてじっくりと。昔、病気で子どもを亡くされた方が身近にいました。私もその子をよく知っていて、亡くなってからも時々その子のママさんが連絡をしてくれていました。その子の話をしたくて。パパには怒られちゃうってと言っていました。私もその子が亡くなった時はショックで、ママとその子の話ができるのが嬉しかったけど今はそのママがどうして私と話がしたかったのは痛いほど分かる。あの子を知っている人がいなくなっていくことが、あの子がいたという事実を消してしまいそうな恐怖があるから。次にママに会ったら言おう。「私の中ではあの子はずっと生き続けています」と。

      32
      2
      テーマ:
  • 24May
    • 流産後の放置感

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。ベビとの別れがもう3ヶ月なのか、まだ3ヶ月なのか。色々思うこともありますが、やっぱり一緒に過ごしたかった思いは消せません。消したくない思いもあります。しかし、流産後の放置感てすごいなぁと思います。出産するとあれこれいろいろ保健師さんが来たり、検診があったりでそこでママが相談することもできるのかもしれませんが、流産後の産婦人科外来は気持ちに寄り添ってはくれても基本的には体(子宮)の状態の確認がメイン。退院後、その大学病院の心療内科にも通っていたのですが「これ以上はケア出来ないと言われ、最後の外来で渡された「大切なお子様をなくされたご家族へ」のパンフレット。「もし医療的な立場でなく、同じ境遇の方の経験を参考にされたい場合はこちらに連絡するのも良いと思います。」と言われました。恐怖と悲しみを一気に味わってそこでぼんやりしてるところに自分で誰かとコンタクト取るのって結構難しいのでは?って思いながら受け取りました。結局連絡を取らずにいます。連絡したい気持ちはあるけど、連絡出来ないんです。悲しい気持ちが整理できていないところで、何を話していいか分からないし。。。突然ぽいっと海に放り投げられた気持ちでした。当初私は、ブログにコメントをすることすら難しかった状態でした。1人で悩み苦しんでいる人もいるんじゃないのかなって思います。私は夫や義両親との関係は良好でしたが実の両親との折り合いが悪くなったので実質話せる人は夫だけでした。この夫からも理解が得られなかったら、今よりもっとひどい状態だった…と思います。また、幸いにも私はブログというツールで自分の気持ちを吐き出してそこで同じ辛い経験をした天使ママさんからいただいたメッセージやコメントでなんとか気持ちを保てているように思いますもっと困っている人に手を差しのべるようなシステムがあっても良いのになぁと思うんですけど、それはもう地域の力にお任せしてるんでしょうかね…家によって、個人によっては誰にも言いたくない気持ちもあると思うので難しいところですよね…。ただ、助けが欲しくても動けない人も多いと思うんですよね…。元気になったらいつか天使ママさんを支えられるような人になりたい!ってまずは自分のことから

      52
      8
      テーマ:
    • 自分が作り出している世界

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。今日は天気も良くて昨日の鬱々とした気持ちが嘘のようです。基本的にストレスになることはしないようにしているのですが、時折自分の思考回路のネガティブさに辟易しています。これって認知の問題なのかなぁと思ったり。先日も職場に休職期間が延びてしまうことを連絡したのですが責められたらどうしようと不安な時間を過ごしていました。が、「明けない夜はありませんよ 仕事も待っていてくれていますからね」と優しいメールが届きました。元々嫌な印象もない職場の上司になのに、なぜか私は勝手にネガティブな返信をイメージして勝手に鬱になり悶々としていました。これっていったいどうしてなのかな?これが適応障害のひとつなのかな?生い立ちに原因があるのかな?でもそれっていまさら変えられないよなぁ…それとも雨のせいで自律神経が乱れて…?うーん何か理想があって、そこに当てはまらない自分にがっかりしてるのかなぁ。と色々考える日々です。それはそうと、電車徐々に乗れるようになってきましたこれってすごく嬉しいこと。行動範囲が広がるって嬉しい満員電車はチャレンジしてないけど、もう少ししたらやってみようかな(観光の外国人みたいだけど笑)会社を休んだのは冬だけど、もうあじさいが咲く季節なんですね。こんなお休みがなかったら、自然にある花をみて季節を感じられなかったかもしれないなぁ。

      17
      2
      テーマ:
  • 22May
    • 焦りを感じつつ、治療に専念すること

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。昨日は心療内科を受診してきました。読解力や記銘力・記憶力の低下が気になること、焦ってしまうこと…などなど話してきました。「記憶力・記銘力低下をどうにかするのには何かしたほうがいいのですか?」と先生に質問して気づいた。私はまだ「適応障害」を理解出来ていないと。ショックからの記憶力・記銘力の低下なので、例えば漢字ドリルをやって回復っていうわけではなく、休んで治すことが必要なのだと…。でも焦っちゃうんです。私と同じくらいの時期やそのあとに赤ちゃんとお別れした方が社会復帰をしているのを見ていると、「私はなんて弱いんだろう」と。そんな感じで自分を責めつつ、会社に申し訳ない気持ちで上司にメールをしていたら久しぶりに強い動悸が…そこに視点を合わせるんじゃなくて「休ませてもらえる環境に感謝」という視点で見れたらもっと楽に生きられるのにね「申し訳ない」が先に来てしまう。。。そんなわけでお休み延長。だんだん、「私本当に大丈夫?」っていう自分で自分が信じられない気持ちが出てきた。自己否定、これが一番やっかいなやつ。

      32
      4
      テーマ:
  • 17May
    • 「寂しい」を感じられるようになった。

      2月に19週で流産後、そのショックから適応障害を発症し現在休職中のみかんです。もうベビと離れてから3ヶ月以上が経ちました。今だに信じられないというか、信じたくないというか。ただ、適応障害のほうは少しよくなってきていて、乗れなかった電車も二駅くらいは乗れるので、変な話、二駅→乗り換え→二駅といくと結構な距離が動けるようになりました。外から見ればもう私は普通の人に見えてるんだろうけど、やっぱりまだ心は普通とはちょっと違います。(そもそも「普通」とはなんだ?って感じもしますが)ベビちゃんが私のおなかからいなくなってしまい「寂しい」という気持ちはずっと続いています。ただそれが「寂しい」という明確な気持ちで感じることはできませんでした。3ヶ月経ってわかったのは、本当にショックが大きかったこと、ショックが大きすぎて「寂しい」気持ちをきちんと感じられていなかったことに気づきまいsた。今徐々にショックが抜けて来て、寂しい気持ちを味わうことができてようやく現実に戻れたような感覚があります。もし、ベビがいなくなっていなかったら今頃私は産休に入っていました。なんの疑問も持たず、「やっと産休だわ。わーい。」となっていたと思います。それはそれで良かったと思うのですが、うまく言葉にできないのですが赤ちゃんがいなくなってしまったのは本当に悲しい悲しいことなのですがこのまま赤ちゃんが来てくれていたら、私はもしかしたら心の痛みを解せない大バカ者になっていたかもしれないと思いました。今が理解出来ているかと言われると100%とは言い切れませんが、もし自分と同じような立場になった人がいたら、少しは気持ちを汲み取れるのかな、と思います。ただ逆に、どんな言葉が相手を傷つけてしまうか敏感になっている自分もいるのも事実ですが…なかなか時間はかかりますが、少し前進したかなと思える今日この頃でした。

      39
      6
      テーマ:
  • 16May
    • 流産後。子宮筋腫はどうするか。への答えを伝えに病院へ…

      2月に流産後、適応障害を発症し現在休職中のみかんです。子宮筋腫の評価を受けに産院(大学病院)を二週間前に受診しました。その時に「筋腫を取ったほうがいい」と言われ、悩みました。(詳しくは、「流産後。子宮筋腫はどうするか。」をお願いします)その時に色々励ましのコメントやメッセージを頂きかなり力強かったです!ありがとうございました自分では「取らないでもいいですよ」と言われてると思っていたのでかなりダメージを受けたのですが、病院としたら流産のリスクを減らすためなら当たり前の判断だったのかなと今となっては思いますそして私たち夫婦は決めました。筋腫を取らないと。夫婦でたくさん話し合いました。どちらがいいのか本当に悩みました。でも、今精神的に不安定な状況でするものではないのでは…?それって人間らしいことなんだろうか?というのが私たちの夫婦の思いでした。すぐにベビちゃんが来るかもしれないし、そうじゃないかもしれない。ただ、ママの体は戻ってきていても心がどうしても戻って来ていない。いつ戻るのかもわからない。だけど、今は、自分の筋腫を取るためのカウントダウンをするのではなく、旅立ったベビちゃんを思いながら夫婦で優しい時間を過ごすのが良いのではないかと思いました(後で後悔するのかもだけど)なので先生には「筋腫は今の段階では取らないことにしました」とお伝えしました。「私としては、筋腫は取ったほうがいいという見解は変わりませんがそれが正しいというわけでもありません。」少し間を置いて、「生理はきてる?もし次の生理が来たら、次に進んでもいい時期だと思います。」と言われました。ふさわしい言葉が思い浮かばないのですが、病院に関しては「ひと段落ついた」とようやく思えました。。。流産の結果、筋腫が問題となり取るかどうかと冷静でない状態で判断を求められましたが、ひとつの決断をしたことでひと段落したように思えました。「これからじゃあ妊活がんばるぞ!」という風には思えないけど、ベビちゃんが私たち夫婦に教えてくれたことを生かして生活はしていこうと思いました。なので「無理はしない」これは絶対に守ろうと思いました。自分に優しくなること、それはわがままに生きることじゃなくて、心の声や体の声をきちんときいてあげること。なかなか難しいけど、ベビちゃんのためにも旦那さんのためにも意識がんばろーっと

      25
      3
      テーマ:
  • 10May
    • オルガンメディテーション

      今日は普通のブログです(笑)私は東京都に住んでいまして、最近聖歌に興味があって(癒しを求めて)youtubeで聴いていたのです。そんな私のところにとある教会の「晩の祈りと音楽による瞑想」という言葉が目に入りました。都内でも有名な教会だと思うのですが、そこで、明日5月11日にオルガンメディテーションと言って、お祈りとともにオルガンの音楽も聴かせて頂けるようなのです。つい先日それを見つけ、旦那さんを連れて行こうと思っていたら「明日職場の飲み会だからー」と…私、今一人で電車に乗るのが難儀なんですよ…orzしかも知らない場所じゃないですか…動悸しちゃうんじゃないかって不安なんですよ…(現在適応障害で治療中)でもなー職場の飲み会であっちもあっちで楽しみたいだろうしーまた来月もあるみたいだから、来月電車に乗れることを期待して行くのはやめようかなぁ…。19時からなので、一人で夜電車に乗って帰ってくるのも不安なんですよね電車乗れないって辛い

      32
      2
      テーマ:
  • 09May
    • 心の変化?

      今日、妊娠初期によく通った道をたまたま通ったときに「なつかしい」感覚になりました。それと同時に、私のベビちゃんも「なつかしい」になってしまうのかな?と思ってしまいましたそれだけでなく、朝起きて泣いて、午後泣いてという日々から午前中はゴロゴロして午後は時々泣いて(しかも時間が短くなった)と変化してきて最近、きちんとベビちゃんと向き合えてる感じがしなくてそれがまたなんだか落ち着かなくて。。。落ちてるとも違うし、荒れてもなく。かといって落ち着いているというわけでもなくて。相変わらず読書する気になれないから、ためになる言葉を探すことが出来ないけれど悲しみに明け暮れパニックになっていた時期が終わり、今までとは少し違う感覚になってきてるのかな、と思いました。ただちょっとその変化が寂しく感じてしまったのかもしれない…なんだか内容がまとまらなくてすいません。。。

      32
      2
      テーマ:
    • リブログ ”妊活のために仕事を辞めたら暇になる?”

      流産して、ハードに動いていたからだ!と原因をそこに押し付けている私ですが、そんな私は流産してから、一人で家にいると何をしていいか分からなくて資格試験や何か技術を磨こうか、など考えていました なのでこのブログを読んだ時に「見透かされた!」と思いました。お金のもらえない家事を疎かにしていました。。。波はあるものの、動けることは動けるんですよ。なのに、体を愛でるようなことを自分でやっていなかったかも!と思い、汁物もきちんと作ることにしました。まずはここからほんと今までの食生活酷かった。。。妊娠中もつわりがひどかったのでろくに食べてないし、むしろ作ってなくてその延長に今がある感じです…。精神的な問題も抱えているので、全部をいきなりパーフェクトは難しいと思うのでちょっとずつちょっとずつ変えていけたらなーと思います。ときどきはま寿司には行きたい…

      17
      テーマ:
    • 複雑な気持ちで過ごしたこどもの日

      2月にベビちゃんがお空に行って、体はゆっくりと戻りつつ、心はさらにゆっくりと戻りつつ…。コメントやメッセージでかなり励まされました本当にありがとうございます昨日、今日は比較的穏やかに過ごしています。体調も良くなったからでしょうか。私はこどもの日に何もしていなくて、でもブログを見るとみなさん辛いながらも、優しさに包まれた投稿で、、、言葉が悪いかもしれませんが、そんな優しさに包まれた家族が羨ましい気持ちもあって「ああ、私って…結局自分じゃん!」ちょっと落ち込んでいました。(ちょっとどころじゃなかったかな?w)忘れたい過去にしたいわけじゃないのに、赤ちゃんにきちんと向き合っていないような気持ちになってしまい、今月お花飾らないなら、もう中途半端に何かするのはやめようかな。お花を買ってないことは夫はどう思っているのかな?と頭の中がいろいろグルグル。胸はモヤモヤ。こどもの日に何もしなかったこと、旦那さんはどう思ってたのかなぁと思って、「こどもの日だったね。柏餅とか買えば良かったかなぁ…」と旦那さんに言うと「え〜〜〜俺あんこ嫌いだからベビちゃんも俺に似てあんこ嫌いだからいらないよ〜〜」と。ゆるっネガティブな嫁に ポジティブな夫私が気にしていたことはなんだったんだろう…。それにしても、旦那さんはお花を飾ってないこととかどう思ってるのかなぁ。私は生花を飾ることに意味があると思っていたんだけど、体調崩して月命日に買えず…。翌日旦那さんが買ってくるでもないし、なくても何も言われない。なので「お花買えなかった…」って伝えると「ハーバリウムとかどう?綺麗だし!」ってテレビで見たてホヤホヤの言葉を発して来た。最初は「あれは残るし、いつかそのまま『おいてあるだけのも』になりそうで嫌だ」と答えると「そっか〜うんうん」で終わり。でも思い返すと、ハーバリウムがテレビで放送されていたのを見たときも「これベビちゃんに良くない?」って言われたなぁ…。私たちに残ってるのって手形足形とへその緒くらい。逆にベビのために残してあるものがあるほうがいいのかなぁ。でもハーバリウムは永遠ではなかったはず…なんとなくなんですけど、怖かったんですよね…。今自分のことで精一杯すぎて赤ちゃんと向き合えてなくて。「もし、これが生花じゃなくなったら余計に月命日意識しなくなって、向き合わなくなっちゃうのかなぁ…私ママなのにー」とクヨクヨしていました。でもこの記事の、「悲しみは一生消えるものではありませんが、平均して死別後4年半ほどすると悲嘆の反応は落ち着いてきます」に今は安心できた。そこまで悲嘆が続くのか、というより、4年以上続くなら今の状態は仕方ないなーって思えました。https://dot.asahi.com/aera/2018050100011.html?page=1

      7
      テーマ:
  • 07May
    • 温かな記憶

      私の中にある一番温かい記憶、出産してからバイバイするまで赤ちゃんと過ごした日々。赤ちゃんからの反応はないから、寂しいはずなんだけど今思うとあの時、赤ちゃんをだっこしたり話しかけたりして良かったと思う。あの記憶があるから、赤ちゃんがいたことを感じられて「幸せだった」って思える。あの記憶がなかったら、もしかしたら悲しみしか残ってなかったかもしれない。。。人生のなかで一番温かい記憶なのかもしれない、と思えるほどあの日々はだいすき。何人も赤ちゃんは抱っこしてきたけど、あんな温かい気持ちは初めてでした。

      34
      テーマ:
    • 泣き言、ふたたび。

      こどもの日いろんな人のブログを読んで、みんなお空にいる赤ちゃんに何かしてあげていて。私は体調が悪かったこともあり、なにもせず…。ぼんやり母子手帳を見て過ごしました。一番母親らしい時は、赤ちゃんが生まれてバイバイする日までだったかもしれない。それ以降は、なんだか自分のことばかりで赤ちゃんのことを忘れちゃってるみたいだ。会えるものなら会いたい。でも、もうそれはできない。変に諦めの良い性格だからもう何もしないのかもしれない。写真を見ても、母子手帳見ても、どうしても「なんで流産したんだろう」に戻ってしまう。「なんで産めなかったんだろう」って。まだまだ自分のことは流産は特別なことで、よくわからない原因で流産を経験される人は多いと受け止めきれない。今月から産休に入る予定だったから、少しナーバスになってるのかもしれない。なんだかいろいろ苦しく思えた。実家とも揉めて、私の妊娠ってなんだったんだろう。私という存在がよくわからない。これの繰り返しだ。家でゆっくりがどうしても出来ない。せっかく赤ちゃんが与えてくれたお休みなのに…。コロコロコロコロ気持ちが変わっていくなぁ…

      15
      テーマ:
  • 06May
    • 病に気持ちが負けてた。と気づくGW

      GWも最終日ですね!とは言っても帰省も遠出もしていないので蚊帳の外な感じなんですけどねGW中、子宮筋腫をどうするかで思い悩んだせい?か下痢になりました…吐いたりは全くない下痢だけ。下痢だけが1時間に1回出たり…でもお腹は痛くないという胃腸炎…?と疑心暗鬼になっていました。リフレクソロジーでもその話をすると「五月に入ってから下痢になる人多いのかなぁ。これで3人目」って言われました。てことは季節の変わり目でかな?近距離・数時間は出かけていたものの昨日は脱水なのか力尽きたのか、夜、薬を使わずにすぅっと眠りに入ってました。何時に寝たのか覚えてないのですが、3時半に目が覚めてそこからまたお腹とお尻の違和感で眠れず。。。そこで過ぎる「なんで私ばっかり…」この誰とも連絡を取れない時間に目覚めたのが功を奏したのか(?)「これ何か悪い病気だったらどうしよう。」「がんだったらどうしよう」とかとりとめもなく悪いことが思い浮かびます。横では夫が眠っています。その顔を見ていたら、「この人置いて死にたくないなー」とぼんやりと思ったところで「この人のために元気でいたいな」って思いました。今は自分自身の気持ちで、例えば何かやりたいことがあって「元気になりたい」って思えなくても、「夫のために元気になりたい」って思ったら、なぜか少し体が軽くなりました。そして、病気に気持ちが負けちゃってるなって気づいて。今はちょっとした体の変化にも敏感で負けそうになるけど、味方がそばに一人いてくれることは忘れないようにしようと思いました。そして、外に出るのもヒヤヒヤくらいの下痢をしないと、私は家でゆっくりゴローンとできないのかもな、と気づいて今日はゆっくり過ごしています。早起きだったのでお昼寝も気持ち良かったリフレの先生に、いろいろ自分の話をしていて言われた「許す」こと。今まで許す人生を歩んでなかったから急に「許してもいい」と言われても、「はて?なんのこと?」なのですが、相手のために無理をしないというところから始めてみてもいいのかな、と思いました。まえは「いますぐ赤ちゃんほしい」だったけどまだ体も心も戻っていないから。焦らずゆっくりでもいいのかな、って思ってきました。だってお空のベビちゃんは変わらず私のベビちゃんなんだから。

      27
      2
      テーマ:
  • 03May
    • 流産後。子宮筋腫はどうするか。

      ※一部追記し、再アップしてます2月に流産後、適応障害を発症し現在休職中のみかんです。人生ってドマラですね。私は平々凡々な人生を望んでいたのですが、私の運命はそうではないようです。そして、「平均的な幸せ」っていうのが実はすごく難しいんだなって思いました。先日、子宮筋腫の評価で出産した産婦人科へ行って来ました。「子宮筋腫がこの流産に影響していた可能性は低い」と流産で入院していた時に言われたこともあり、「様子見でいきましょう」と言われると思っていました。そんな軽い気持ちで行ったのがいけなかったのでしょうか、「今の大きさは小さくはない。妊娠中も大きくなってきたことを考えると取ることも選択のひとつです」と、子宮筋腫を取る方向での話が7〜8割でした。「はい、じゃあとります」とはすぐに言えず。。。「私は39歳でもう時間がないことを考えると、手術をして半年待つことも怖い。 そして、術後に子宮が前と同じ状態になるのかの不安もあります。」と話しました。「そうですね。それも考えられますね。年齢的にもゆっくりはしていられない。 ただ、今回の件を考えると、お辛い思いはしてほしくないと思いますし、より安心できる環境で妊娠したほうがいいのではないかと思います。」と言われました。それ正論でも、私も夫も、「取らない」方向で話を勧めていました。ではもし手術するとしたら?「一番近くて5/25。それ以降は8月以降になりますね…」手術後は半年間妊活は出来ません。5/25に手術したとしても11月に妊活スタート。でも次回の受診の時にそこが空いてるとは限らないので8月に手術となると2月妊活スタート。妊娠はすぐにでもしたい。でも出産は安産にしたい。筋腫を取ることで妊娠出来るかどうかが不安になり、筋腫を取らないことで無事出産出来るかどうかが分からなくなる。結局先生も「最終的にはお二人がどちらをとるかです」と。ほんとそうなんですけどね。今回の流産の原因としては低いと言われたのに、そして妊娠に影響のある場所でもないと言われているのに取らなきゃいけないのかな…。取らないと安産は保証されないのかな。きっと産婦人科だから周産期という目線でそう行った答えだと思うんですけど…どうしても手術は嫌です。答えは出てます。手術は嫌です。でもこれってエゴなの?って思うと私のベビは私たち夫婦の決断をどう思ってくれてるのかなって気になります。自分の都合のいい情報しか自然と見ていないようになっていた私。子宮筋腫があっても無事出産している人の投稿ばかり探している…。受診後、夫に、「なんで私ばっかり…」って思わず言ったら「俺も辛いことなんだよ…」と言われました。ああ、私は無事出産出来なかったことは自分のせいにしている。女性として何かが欠如してるとさえ思っている。そして私は「子宮筋腫 小さくする方法」「子宮筋腫 手術なし なくなる」で血眼になって探してる女ってめんどくせ。追記ちがうちがうちがう私がめんどくさいんだ。決められない、覚悟出来ない自分がめんどくさいんだ。でもこんなのすぐに決められない。まさかの流産だったし…ぜんぜんゴールデンなウィークなんかじゃないあーでもブログに書いてちょっとスッキリ。

      45
      5
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス