自分にやさしく、自分をゆるす。

 

あなたが生きづらさを改善し

【自信と安心感】で生きられるようサポートする

幸せな自己実現の専門家 江杉侑記です 


「この人をゆるせたら、楽になる」

そういう人をゆるしていくために
大切なポイントを
シリーズこれまで3回お伝えしてきました。


前回は
「ゆるす」ためには準備が必要だ
とお話しましたね。


今日は2つめの準備をお伝えしますねうさぎクッキー


それは
【怒りの感情をちゃんと吐き出す】
ということです。


私たちの内は、さまざまな感情が
いつもいつも湧いてきます。

喜び、嬉しさ、
悲しみ、恐れ、怒り、、、

喜びや嬉しさなど
ポジティブだとされる感情は
私たちはそれほど抵抗なく受け容れ、
感じることができます。


しかし、悲しみや恐れ、怒りなど
ネガティブだとされる感情は
良くないものととらえ、

そんなもの感じたくない、と
なかなか受け容れることができず、

ないものにしようとしがちです。


しかし、いったん湧いてきた感情を
ないものとすることなどできませんし、

本来、感情に
良い悪いの区別などありません。

どの感情にも意味があるから、
湧いてきているのですよねおすましペガサス


しかし、特に
怒りうらみなどの感情は
ことさら悪いものとされ、

見ないふり、感じないふりをして
フタをして胸の奥底にしまい込みがちです。


これらの感情を吐き出さないまま、
だれかのことをゆるそうとしても
そこには大きな無理が生まれてきます。


心の奥底に押し込められたそれらの感情は、
それでなくなったわけではありません


押し込められた感情たちは、
無意識の領域から私たちを
ふり回してくるようになります宇宙人くん



イライラムカムカ
なんとも言えない不安感孤独感
などに姿を変え

日々の暮らしの中で
何かにつけて顔を出し、
わたしたちの心理状態に影響を及ぼしてきます。



特に、怒りの感情は
それを心の奥底に押し込め続けてしまうと、

自分の中に溜まり続け、蓄積され、

自分に対する
【自責の念】や【自己嫌悪】
【自己否定】【自己肯定感の低さ】に
つながることがとても多いです。


外に出せない怒りは
内側に向かい、自分に向かい、

自分を傷つけることになりやすいのです。


それはとてもつらく、しんどいものですよね。


だからこそ、感情、
特に「怒りの感情」は
外に吐き出す必要があるのですふんわりウイング


もちろん、吐き出すといっても
直接だれかに
怒りをぶつけるわけではありません。


1人の時に、
しっかりと怒りを自分の外側へ出すのです。





1番のオススメ吐き出し法は
【紙に書き出す】こと。


相手に対する怒り、うらみを
思う存分、徹底的に紙に書き出すのです。

もちろん、だれにも見せるものではありません。


だから、自分の怒りやうらみの感情を
紙にぶつけるような気持ちで、
思いきり書きなぐるのです。


「バカヤロウ!」
「ひとでなし!」
「ふざけんなー!」
「あんたなんか最低!」

などなど、どんなひどい言葉でもOKUMAくん

遠慮することありません。


自分の中の怒りやうらみなどの
攻撃的な感情を
思いきり書き出して、吐き出していくと、

その背後にある第1感情
悲しみ、寂しさ、孤独感、、、
なども表れてくると思います。


もし余裕があれば、
悲しみや寂しさなどの感情も
書いて吐き出せるといいですね。


「そんなこと言われて、
私がどんなにつらかったかわかってるの」

「本当に悲しかったんだから」

書いているうちに
涙が出てくることもあります。


涙とともに、自分の気持ちを
言語化して可視化する。

しっかり外に出して
自分の思いをながめてみる。


身体に溜まっていたものが排出され、
少しずつ、
心と身体が軽くなってくるのを
静かに感じてみる。

涙とともに
自分が浄化されていくのを
感じてみる。


書き終わったその紙は
ビリビリに破る、燃やす、などして
残さず捨ててください。



しかし、
1人で紙に書き出すのはしんどい、
という時は
無理にやらないでくださいね。


そういう方は
【信頼できる人に話を聴いてもらう】のが
とてもいい方法です。

人に話を聴いてもらう事も、
言葉にして自分の外側に出す
ということになります。


特に大きなトラウマや
虐待を受けた体験をお持ちの方は、
無理をせず、

プロの心理カウンセラーなど、
専門家のサポートを受けながら
安全に怒りの感情に
取り組まれることをオススメします。


それもしんどい場合は
「今はまだこの怒りに
取り組む時期ではないのだ」ととらえ、

自分の心の準備ができる
タイミングを待つことがオススメです。

抵抗なく取り組める時機がくるからです。


決して無理はしないでくださいね。


「ゆるす」前にやる準備、
2つめは【怒りの感情を吐き出す】
ということでした。


怒りの感情を吐き出すことが
なぜ大切なのか、については
今後もお伝えしていきますねおすましスワン


そして今日は
最後に ある方のことばを
ご紹介して終わりますね


「たまには怒んなきゃあね。

どんなちっちゃな生きものにだって
怒る権利はあるんだから。

だけど、
ムーミンパパの怒り方って
よくないわね。

ちっともはき出さないで、
みんな
しまいこんじゃうんだもの。

あんたったらほんと
自分自身をだますのがじょうずね」


ムーミン谷の元気な女の子、
ミイのことばでしたオカメインコ



最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

あなたの毎日が
穏やかで安らかでありますように。



生きづらさを手放し、
自信と安心感に満たされ生きていく

幸せな自己実現カウンセラー 江杉侑記 




毎週 日曜 15:30〜 &水曜 17:00〜
開店中

クラブのフォローお待ちしてます*(*˘˘*)






 チャンネル登録していただけると喜びます☺︎









✔️ 人の目や顔色、人からの評価を気にしてしまう
 
✔️ 繊細HSP、豆腐メンタル、傷つきやすい
 
✔️ 常にまわりに気を使い、自分をおさえてしまう
 
✔️ 人と比べ、劣等感を感じ落ち込みやすい
 
✔️ 自分で自分を認められず、自分に自信が持てな

✔️ 人に嫌われるのが怖い、不安感が強い

✔️ イライラ、怒りを感じやすく、しんどい



そんな生きづらさを改善するために 
【7つのセルフラブ】大好評プレゼントハートのプレゼント





生きづらさや不安を手放し、
自信と安心感を手に入れるための
具体的な方法を
7日間にわたり、動画でわかりやすく解説






3ヶ月間、18通の 濃密メールセミナーメール

【自己受容】を深め
自信や自己肯定感を持つ
















 無料オリエンテーション


30分ほどのお試し体験セッション

・音声のみのZOOM

・クラブハウスのクローズドルームなどで


ご関心のある方は

「お問合せフォーム」からどうぞ


*お申込みは、20歳以上の方に限ります







   ▶︎Instagram

   ▶︎Twitter


 


応援クリックお願いします☺︎

  


自分にやさしく、自分をゆるす。

 

あなたが生きづらさを改善し

【自信と安心感】で生きられるようサポートする

幸せな自己実現の専門家 江杉侑記です 


だれかを「ゆるす」ことや「怒り」
について書かせていただいた

前回前々回の記事は

とても反響が大きく、
メールやインスタへのDMなど、
たくさんご感想をいただきました。

どうもありがとうございました。


みなさんの
「ゆるす」ことへのご関心の高さ、
そして
「ゆるす」ことの大変さ、難しさを
あらためて感じました。


今後、「ゆるす」ために大切なことを
いくつかご紹介していこうと思いますふんわりウイング



まず、
「ゆるす」にとり組むには、順番がある
ということを知ってください。

心の準備、というものですね。

準備が必要なくらい、
「ゆるす」とは
なかなか大変なことなのですねおすましスワン

ではお伝えしていきますね。



「この人をゆるしたい」

「この人をゆるせたら、自分がとても安らかになれる」


そのような人を「ゆるす」ために

私たちがまず最初に
やらなければならないことは

【自分自身を守る】ということなのですふんわりウイング


例えば、
もしあなたが会社の同僚に
嫌がらせをされているとしたら、

その同僚をゆるそうとする前に、

これ以上嫌がらせをされないように
まずはしっかりと
ご自分を守ることが大切です。


例えば

・「そのようなことはやめてほしい」
とその同僚に「NO」を伝える

・それで効果がなければ、信頼できる上司に相談してみる

・デスクの配置換えを申し出る

・部署異動願いを出す、など


これ以上嫌がらせを受けないために

現実的にできることを
やって自分の身を守る、
ということにとり組むことが先決です。


相手からちゃんと距離をとり、

相手と自分との間に
しっかりとした【境界線】を引き、

自分の安全を確保する。


そうやって
【自分を守る】ことがまず第一です。



今現在も
相手から傷つけられたり
ふりまわされたりしている真っ最中に、

相手を「ゆるす」ことなど、
とてもできるわけないからです。






親をゆるしたい場合も同じです。

まず、親と適切な距離をとって
【自分自身を守る】ことが第一です。



例えば今も、
子離れできていない過干渉な親に
ふりまわされているのなら、


・生活のリズムをずらして
なるべく顔を合わせないようにする
(食事の時間をずらす、など)

・自分の部屋にカギをつけ
入られないようにする

・できるだけ外出時間を増やし、
顔を合わせないようにする、など


できるだけ
親と【物理的な距離をとり】

はっきりとした【境界線】を引く、
ということです。



もし可能ならば
家を出て、別居すること。

これが1番有効な【境界線】となりますね。



それでも過干渉してくるようなら、

「私はもう大人なのだから、
私を大人として尊重してほしい。
あれこれ口出しするのはやめて」

「放っておいてほしい」

と、やめてほしいことを
はっきり伝える。

親へはっきりと「NO」を言う、
ということも必要になってきます。



親も子どもも
お互いに幸せに暮らしていくためには

【適度な距離を置く】ということが
大切なのです。


それが「ゆるす」前に必要な段階、

【自分を守る】
ということにつながります。


精神科医の岡田尊司さんは

「自己確立を遂げていくためには

母親から適度な距離をとることが必要。

近すぎると、

依存してしまうか支配されてしまう」

とおっしゃっています。




いかがでしょうおすましペガサス


あなたは
「ゆるしたい」と思っている人から

物理的に距離をとれていますか?

しっかりとした境界線が引けていますか?


そうやって相手から
しっかりと自分自身を守れていますか?


自分が今でも相手から
おびやかされ、脅威を受けつづけていて

安全な状態にないのであれば、

「ゆるす」ということには
なかなか取りくめないと思います。


まずは【自分自身を守る】ということが

「ゆるす」ための大切なポイントである
ということを
知っていただければと思います。




今後も「ゆるすためのポイント
お伝えしていきますねセキセイインコ青


最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

あなたの毎日が
穏やかで安らかでありますように。



生きづらさを手放し、
自信と安心感に満たされ生きていく

幸せな自己実現カウンセラー 江杉侑記 




毎週 日曜 15:30〜 &水曜 17:00〜
開店中

クラブのフォロー待ちしてます*(*˘˘*)






 チャンネル登録していただけると喜びます☺︎









✔️ 人の目や顔色、人からの評価を気にしてしまう
 
✔️ 繊細HSP、豆腐メンタル、傷つきやすい
 
✔️ 常にまわりに気を使い、自分をおさえてしまう
 
✔️ 人と比べ、劣等感を感じ落ち込みやすい
 
✔️ 自分で自分を認められず、自分に自信が持てな

✔️ 人に嫌われるのが怖い、不安感が強い

✔️ イライラ、怒りを感じやすく、しんどい



そんな生きづらさを改善するために 
【7つのセルフラブ】大好評プレゼントハートのプレゼント





生きづらさや不安を手放し、
自信と安心感を手に入れるための
具体的な方法を
7日間にわたり、動画でわかりやすく解説






3ヶ月間、18通の 濃密メールセミナーメール

【自己受容】を深め
自信や自己肯定感を持つ
















 無料オリエンテーション


30分ほどのお試し体験セッション

・音声のみのZOOM

・クラブハウスのクローズドルームなどで


ご関心のある方は

「お問合せフォーム」からどうぞ


*お申込みは、20歳以上の方に限ります







   ▶︎Instagram

   ▶︎Twitter


 


応援クリックお願いします☺︎

  



自分にやさしく、自分をゆるす。

 

あなたが生きづらさを改善し

【自信と安心感】で生きられるようサポートする

幸せな自己実現の専門家 江杉侑記です 




前回は「特別な存在への怒り」でした。


特に親やパートナーなど、

自分にとって特別な存在の人には

期待執着が知らず知らずのうちに

大きくなっていて


その期待が叶えられなかった時、

深い傷つき悲しみを感じ


その傷つき・悲しみを感じるのが

あまりにもしんどくて、抱えきれず、


「怒り」「恨み」「憎しみ」などに転換し、


相手に対して「攻撃的な感情」を

抱くようになるのだ、

お話しましたね。



でも怒りって、
抱えてるのしんどいですよねガーン


安らかさからはほど遠い。


この怒りが消えて無くなって
ゆるすことができたら
どんなに楽になるか、

そう考えたこと、おありかと思います。


今日は
ゆるす」ということについて
少し考えてみたいと思います。






ゆるせない」って
どんな状態なのでしょうか。


親でもパートナーでも、
「この人、ゆるせない」
と思っているとき、

私たちは
過去のできごと、人の過去の言動に
とらわれ、執着し、

心の中でその人を「責める」

相手が悪いと「裁く」

自分が一方的に傷つけられたという
「被害者意識」

「恨み」「憎しみ」

などの思いを持ちます。


それらはとてもしんどい、苦しいもので
大きなストレスになりますバイキンくん


その怒り、恨みを手放せたら、
どれほど楽になるか。


過去に縛りつけられ
がんじがらめにされている状態から、

自分を
自由に解放してあげられたら

どれほど心安らかになるか。



「ゆるす」とは、
相手のためではなく、
自分のためにすることなのですねおすましスワン


相手の言動を認めてあげることでもなく、
自分がガマンして耐えることでもなく、


過去のできごとへの執着から
自分を解き放ってあげるふんわりウイング


誰かを責め続けるしんどい状態から
自分を自由にしてあげる。


「ゆるす」とは、
今この瞬間を穏やか生きるために、

精神的な解放・自由を
自分に与えてあげること。


過去を手放して、
真に“今” を生きられるようになること、

なのですね。


これは非常に大切なポイントだと思いますうさぎクッキー



その「ゆるし」を行うために
大切なことを
今後、記事にしていこうと思います。



ただ、それらをお伝えする前に
重要なことをお伝えしますね。


それは

「どうしてもゆるせない」
という思いが強くあるのなら、

無理にゆるさなくてもいい、
ということですおすましペガサス


それくらい自分は深く傷ついているのだ、

ということをわかってあげて、

「ゆるせない自分」をゆるしてあげてください。


今はまだ、
ゆるす時期ではないということです。


心の準備がまだできていないのですおすましスワン



また、自分の中に

ゆるしたら負けだ

相手は罪の報いで苦しむ必要がある

被害者でいる方が楽だ

などの思いがないか、
ふり返ってみるのもいいかもしれません。


こんな思いがあると、
自分の幸せのためにゆるす、ということに
ブレーキがかかってしまうからです。


今後
「ゆるす」ということへのとり組み方
お伝えしていきますね。

少しでも心が楽になれたらいいですねおすましスワン


最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

あなたの毎日が優しく穏やかでありますように。




好奇心旺盛で刺激追求タイプの
HSS型HSPについて、お話します。



生きづらさを手放し、
自信と安心感に満たされ生きていく

幸せな自己実現カウンセラー 江杉侑記 




毎週 日曜 15:30〜 &水曜 17:00〜
開店中

クラブのフォロー待ちしてます*(*˘˘*)






 チャンネル登録していただけると喜びます☺︎









✔️ 人の目や顔色、人からの評価を気にしてしまう
 
✔️ 繊細HSP、豆腐メンタル、傷つきやすい
 
✔️ 常にまわりに気を使い、自分をおさえてしまう
 
✔️ 人と比べ、劣等感を感じ落ち込みやすい
 
✔️ 自分で自分を認められず、自分に自信が持てな

✔️ 人に嫌われるのが怖い、不安感が強い

✔️ イライラ、怒りを感じやすく、しんどい



そんな生きづらさを改善するために 
【7つのセルフラブ】大好評プレゼントハートのプレゼント





生きづらさや不安を手放し、
自信と安心感を手に入れるための
具体的な方法を
7日間にわたり、動画でわかりやすく解説






3ヶ月間、18通の 濃密メールセミナーメール

【自己受容】を深め
自信や自己肯定感を持つ
















 無料オリエンテーション


30分ほどのお試し体験セッション

・音声のみのZOOM

・クラブハウスのクローズドルームなどで


ご関心のある方は

「お問合せフォーム」からどうぞ


*お申込みは、20歳以上の方に限ります







   ▶︎Instagram

   ▶︎Twitter


 


応援クリックお願いします☺︎