BEST OF BRAVE LION (ブログ盤)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-03-14 22:49:36

4月、出演します。

テーマ:ライブのお知らせ
よろしくお願い致します。

ONE FOUNDATION
4月7日(土)新宿LOFT バースペース
OPEN/START 23:30
オールナイト チケット無料

BAND
 BRAVE LION
 Beat Bahnhof
 mancho cancho

 DJ
 DEF FOUNDATION

問い合わせ 
 新宿LOFT 03-5272-0382

 ※深夜公演は18歳未満及び
高校在学中の方は御入場出来ません。
※入場時にIDチェックを実施しております。
 年齢の分かる身分証明書を必ずお持ち下さい。
 (運転免許/学生証/社員証/パスポートなどの
公共機関が発行する顔写真付きの物)
 保険証/定期券/会員証などは不可。


2018-03-14 22:31:04

プレーヤー販売やインスタグラムなど。

テーマ:タダシ
少しづつ暖かくなってきました。

 娘の誕生日プレゼントに、競技用のけん玉をプレゼントしましたが、あまり興味がないようで、 なかなか没頭してくれません。
 何歳になっても出来るものなので長い目で見ることにしますが、「趣味がけん玉の人に悪い人はいない」 の自論に少し酔いすぎたのかもしれません。
ほんとうはプリンセスのドレスが欲しかった模様。 
けん玉とドレスの対比にしびれます。

春が待ち遠しいですね。
 

私的なことですが、宇都宮はスノーキーレコードにて、私物であるカセットプレイヤーを数点、店頭に置いて頂くことになりました。 
いくつかはすでに売れたようですが、今後も予定していますので興味のある方はぜひチェックしてみてください。 
レコードの品揃えはモチロン最高ですし、 併設されたライブ&バースペースでは毎月様々な音楽イベントが行われていますので、こちらも要チェックです。 
スノーキーレコーズ
https://www.instagram.com/sunsuke_snokey_records/


そんなこともあり、私もインスタグラムを始めてみました。
お気軽に覗いてみてください。 
写真投稿といいね!くらいはできるようになりましたので。 
フレッシュメンズオーディオ
https://www.instagram.com/p/BgQ7lnjn_Q1/


ようやく冬が終わろうとしているこの時期、爽やかな音楽が恋しくなってまいります。
高中正義のこちらや、

ロイエアーズのこちらあたりを聴きながら、
穏やかに過ごします。
でわまた。


タダシ









2018-01-15 21:50:40

1月。出演します。

テーマ:ライブのお知らせ
今年もよろしくお願いします。

2018-01-15 21:36:16

1000円カット。新年。

テーマ:タダシ
行きつけの1000円カットにて。
魅力はもちろん、早い、安い、ということである。
もうひとつ言わせてもらえば、無愛想極まりない店主の対応が、どこか心地良い。
過剰なサービスが当たり前の理容業界に、己の腕のみで勝負している推定50代男性店主、まさに職人と言えるだろう。
客とのやりとりなど注文を聞くことと挨拶のみ。15分くらいで切り終える。シャンプーはしない。
私の場合、大抵、「周りはバリカンで刈り上げて、上は半分くらいにしてください」の最短文章で注文する。
長々と細かい注文をするなど、無礼であり、ルール違反だと勝手に思っている。
当然、一度ハサミが動き出したらもう止めることはできない。
最初の簡潔な注文ですべてが決まるのだ。
そして、案の定、想像と違う出来上がりとなるのだが、さほどショックではない。たぶん年のせいだろう。

あまりにもせかせかと素早く切るので、耳のひとつでも切り落とされてしまうのではないかと、道中、不安で目をつむる余裕もない。

最後に、折りたたみの鏡で、客に後頭部の仕上がりをみせる時、
「こんな感じ」
と、一言つぶやき、秒殺で鏡を閉じる。
あっけにとられ、「オ、オッケーです」と言わざるをえない。
心のなかで「早えんだよな~」と、いつも突っ込みを入れている。

シャンプーをしないかわりに、掃除機の先にブラシをつけたようなやつで頭を掃除してくれるのだが、
これがまたちゃんと吸い取れているのかどうか、いつも疑問に思う。痛いし。
帰り道はいつも首筋チクチクで、1000円カット完結。

店主には、昨年(今年も)の流行語を贈りたい。
「トランキーロ!あっせんなよ!」



CLASSIC EXPRESS 70'S / Selected By CASINO891
ビンテージレゲエのクラシックチューンばかりを収録したミックステープ。テープとの相性はほんとに良い。何かを修理しているときなどに、ぜひラジカセで聴きたい。



ハイウェイ・スター / ディープ・パープル
最近、酒を飲むときに聴きたくなる曲のひとつ。
よく二件目のバーで、ユーチューブをライン出力してもらって、歯を食いしばるように聴いていた。
このシステム、音楽好きが集まるとリクエストが止まらないので要注意。



愛しき日々 / 堀内孝雄
上司クラシックス。社会人になって以来、多くのご年配方が歌い上げてきたのを見てきた。
定年間近の男が、酔って、
「もう少し 時が ゆるやかであったなら~」と気持ちよさげに歌う姿に、グッと来ない人とは仕事はできない。
堀内孝雄のあだ名が「ベーやん」というのも最高。
思わず新年会でこの7インチをプレイ。




今年もよろしくお願いします〜


タダシ





2017-12-30 01:00:55

今年もあと少し。雑記。

テーマ:タダシ
少し前のことだが、
Jリーグ、川崎フロンターレの悲願の初優勝。
中村憲剛の涙を見て、僕も少し涙した。
とくにファンというわけではないが、何しろ悲願と来たもので、男なら涙せずにはいられない。
そして勝者の裏には必ず敗者がいる。鹿島アントラーズだ。彼らの涙もまた、観ているものを強烈に惹きつける。
事実、悲しみの涙のほうが圧倒的に日常であり、歓喜の涙は生涯に数えるほどのもの。

どちらにせよ、涙というものは、時間を止めるものである。

卒業式で泣いたことがあるだろうか?僕は恥ずかしながら小、中と泣いたが、泣き終えたときに、
「えっ?なんとなく泣いちゃったけど、俺たちこれからどうなるの?いいの?悪いの?」
と、軽く錯乱状態になったことを覚えている。

そういうことである。




憂歌団 / 生聞59分 
関西のブルースバンド、ライブ盤。音良し。労働者の一杯のお供に。
喜怒哀楽をぶっとばしたいほど酔いたければ、名曲「嫌んなった」を爆音でかけ、踊りながらウイスキーのソーダ割でも飲むのがよい。
ライナーノーツには若いタモリが登場。




祭のひびき 江戸祭囃子集 / 若山胤雄社中
いわゆるお祭りのお囃子。良質な室内楽アンサンブル。
針を落とした瞬間、自分がいるこの部屋がまるごと切り離され、ドラえもんのタイムマシンみたいに、どっかに連れて行かれちゃいそうでドキドキする。




SUGAR MINOTT / Good Thing Going
先月、下北沢スリーにて共演したライジングトーンズのGood Thing Goingの素晴らしい日本語カバーが忘れられない。




イエローマジックオーケストラ / マルティプライズ
TBSのバナナマンのラジオ、バナナムーンGOLDのオープニングで使われている曲が、このLPに入っている。ある若いDJがかけていて、思わず話しかけて教えてもらった。そしてうちにあったので更にうれしかった。奥さんのレコード。
最近はJWAVEのネバーヤングビーチのラジオが最高すぎて聴いている。彼らの音楽愛に興奮してしまう。




カセットプレーヤー / KENWOOD CP-Q5
近所のリサイクルショップにて捕獲。ジャンク品なので不動覚悟で連れて帰ったみたが、運良く軽く掃除しただけで動いてくれた。ソニー、パナソニックの二大ブランドとはまた違った個性的なサウンドを聴かせてくれる。ハイ弱めでほどよく中低音が効いて、よりカセットらしいマイルドな音で好印象。いちおう開腹してベルトを確認してみたが、ヘタっている様子もなく張りを感じさせるほどであった。もしかしたらソニー、パナよりタフなプレーヤーなのかもと思った(90年代の機種での話)。
テープは川辺ヒロシのミックステープ、RISE。


タダシ










1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス