新型コロナ

 

 

当院でも新型コロナの影響が出ました。

 

3月頃が一番影響が大きかったでしょうか。

3割くらい売り上げが減りました。

 

ゴールデンウイーク明け頃から徐々に回復しまして、現在6月ですが、ほぼ以前の状態と同じくらいには回復しています。

だからといって、まだまだ油断はできません。

 

身体が辛い状態にある方はステイホームということで家でじっと耐えている方もいらっしゃるでしょう。

しかし本当に困っている方はやはり治療機関に行って改善したいと考えるわけです。

 

緊急事態宣言が解除され、少し気が楽になり、色々な所へ出かける人も増えていると思います。

当院でもそのような流れで患者さんが来てていただけるようになってきました。

 

外でやるスポーツは再開されている方が多くなっていますが、先日は高齢者の方ですが、カラオケに行ってきた方もおられました。

大丈夫なんでしょうか?

 

三密になる業者の方は死活問題なので営業しなければならないでしょうし。

しょうがないですね。

何とか折り合いをつけてやっていくしかないものと思われます。

政府は頼りにできません。

 

 

 

コロナは人々の行動にも影響を与えるようです。

 

何故かこのところ、かなり以前に通院されていてしばらく音沙汰がなかった方の来院が立て続けに来院と予約がありました。

 

一人は7年半ぶりに来院された方。

外見もほとんどお変わりなく長い年月を感じさせなかったです。

(美魔女か?)

住所も変わりなく暮らしていたそうなので、この間の空白期間は何だったのか私には知る由もないのですが。

とにかく来てくれたという事実がうれしいです。

 

今日来た方は4年3か月ぶり。

前回は右ひざ痛。

今回は職場が変わり、体にかかる負荷が増えて左膝も痛くなり整形外科に通いながら当院にも通いたいということで自費で診ることになりました。

 

明後日予約が入っている方は6年ぶり。

首の寝違いと慢性腰痛。

この方の場合も今までの経緯から考えると、6年の間痛みが出ないということは考えられないので、なぜ来る気になったのかは不明です。

 

いずれにせよ、思い出していただけたということは非常にありがたく思います。

 

 

これから世の中どうなっていくのか混沌としており、激動の時代のただ中にいます。

心と体を整えて時代を乗り切りましょう。