調布で楽しく育児! ベビーパーク仙川教室(調布)

叱らない育児で、幸せに賢く優しい子を育てましょう♪♪♪
親子教室ベビーパークでの出来事を、多くのお母さま方と共感できれば嬉しいです♪


テーマ:

こんにちは。調布で育児・ベビーパーク講師のはとみーですはと

 

息子の園&クラスで水疱瘡が大流行。。

まんまともらってきてブツブツになったのが3週間前。

「きょうだいは必ずうつるよ」「2週間後だよ」とさんざん言われ、

ジャスト2週間後に妹も発症しました笑

 

ふたりとも、予防接種もしていなかったのですが、

幸いにも軽症で、正味4日ほどで登園許可が出ました音譜

(このあたりは、かなり個人差があるようです。。)

 

後に水疱瘡にかかった妹を見た兄が、

「ぶつぶつかわいそうだね、かゆいよね…」

といいながら、代わりに○○してあげるね、○○貸してあげるね、

はやく治るようになでなでしてあげるね、

など、6歳男児なりに優しさを見せていました。

 

息子は、基本的に超がつくほどお人よしで優しい子です。

でもずっとこうだったわけではなく、

むしろ3歳くらいまではまんま「ジャ○アン」でした笑い泣き

 

「ぼくの!」と独占欲が強い時期ももちろんありましたし、

気に食わないことがあると手が出るなんて日常茶飯事。

 

はて…どうしてこうなったのでしたっけ。

と考えた結果、いくつかの理由が浮かびましたが、

そのうちの重要な一つが、

「ママが子どもの心に寄り添うこと」

だったと思うのです。

 

 

子どもの立場から、子どもの心に共感する。

これは、相手の立場で物事を考える、ということの、お手本を見せることになります。

共感力を育てるためにも、まずはママがお手本を見せるべきなのです。

 

「あーはいはい、またなのね」

「なんでいつもそうしちゃうの!」

「まったくしょうがないわね…」

で流してしまうのではなく、

「何でこういう風に思うんだろう?」

と、純粋にわが子の感情システムを解読してみましょう。

 

自分の感情や氣持ちを、あるがままに受け入れられる。

そういう経験をたくさんしてきたお子さんは、

他人の感情や氣持ちを、自然と認めて受け入れられるようになります。

 

ベビーパークのお教室では、

共感力を高める取り組みもたくさんご紹介しています音譜

0~3歳の間は、人間としての基礎基盤を作る大切な時期アップ

わが子の「人間力」を育てたいラブラブと思われたら、

ぜひベビーパークへどうぞウインク

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

体験レッスンのお問い合わせ、イベントのお申込みは…
0120-415-181(9:30~17:00 ※日祝除く)
メールでのお問い合わせはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)