【経理、会計、労務】をフルでバックアップ!【補助金、助成金】の最新情報も常にキャッチ!!B.O.サポートのブログ

【経理、会計、労務】をフルでバックアップ!【補助金、助成金】の最新情報も常にキャッチ!!B.O.サポートのブログ

経理労務代行、各種助成金等申請代行等を承っています。
クラウドサービスを活用したオンライン面談等により、全国のお客様に対応しております。

おはようございますB.O.サポートです。

 

今回の記事は事業再構築補助金の活用事例の第2回目となります。

【-セミナー講師編-】についてお話致します。

 

内容

現在の事業:セミナー講師(対面、オンライン)

新しい事業 :セミナー講師(新商品としてセミナー動画アプリを開発)

 

では見ていきましょう。

 

セミナー講師
 

コロナで影響を受けて約1年になりますが、コロナ以前は対面のみでセミナー講師をやっていましたが、在宅の普及に伴いオンラインでの講師の需要が増えました。

ただ、やはり売上減少により研修の予算等がカットされる企業もあったり、オンラインだとお客様が在宅で受講する場合もあるので、対大勢の方とやりとりするのがなかなか難しくて。聞いて頂く姿勢が多めになってしまって、成果が見えにくいとのお声を頂いたりもします。

そこで、在宅で個々が好きな時間に受講しながら成果を目に見える形にしたシステム(アプリ)を開発して売り出したいんですが、事業再構築補助金って使えますか?

 

B.O.サポート
 

そうなんですね。確かに対面でお仕事をされていた方は売上が現在も回復はしていないという方も多いですね。そのシステムは新しく作られますか?

 

セミナー講師
 

はい。私の思う内容(詳細は伏せさせて頂きます)を組み込んでシステム会社と新規作成して、新しい商材として販売していきたいんですよね。

 

B.O.サポート
 

わかりました。ちなみに、既存の他社様のシステムの仕様で似ているものは多くありますか?

 

セミナー講師
 

いいえ。新しい機能も取り入れて、研修を受けた方の成果を見える化できるようなものにしたいので、他社製品ではあまり見かけない仕様になると思います。

 

B.O.サポート
 

なるほどですね。あと、過去に他社様の製品等のアプリやシステムを商品として導入・販売された実績は御社でありますか?

 

セミナー講師
 

検討したことはありますが、実際には導入はしていないですね。

 

B.O.サポート
 

わかりました。それでは申請可能だと思いますので、お引受けさせて頂きます。

 


といった流れとなります。

今回の「セミナー講師」様は「新製品等の販売(新分野展開or業態転換※詳細による)」で申請をされる事になります。

 

補助対象経費は下記が考えられます。

補助対象経費

・新しいシステムを開発するための外注費等

・新しいシステム販売のためのチラシ等の広告費

・新しいホームページの作成費用

 

対面でのサービスの提供をされてきた方は売り方が変わって、業績がなかなか戻らなかったり、業種的に設備投資があまりいらないので事業再構築補助金にはまらないと思っていらっしゃる方も多いです。が、システム販売という新しい製品等の開発であれば要件を満たす場合もありますので、何かを形にして販売したいという方はチャンスかもしれません。

 

ちなみに、既存のシステムを導入したいという方はものによっては「ものづくり補助金」や「IT導入補助金」の申請なら可能な場合もありますので、良ければ一度ご相談頂けますと幸いです。


 

いかがだったでしょうか?

まだまだ、ご相談もお待ちしております。

「製品等は思いつかないけど、事業再構築補助金が使えるならやりたい!」という方、アイディアを形にするのもお手伝いさせて頂きます。

お気軽にご相談ください。

 

これはどうなの?」「うちも申請できるの?」等のお問合せも随時募集しておりますので、気になった方は公式LINEアカウント・コメント欄やTwitterからご連絡頂けますと幸いです。

 

 

星Twitterの方は「@b_osupport」で検索お願い致します

 

 事業再構築補助金やその他補助金等について気になる方、申請を悩まれている方は下記よりフォローを頂けますと幸いです。

 フォローしてね

 

※無料面談のご相談ですが、1次公募分は終了致しました

※2次公募分は4/30まで承っておりますため、ご希望の方は公式LINEアカウントよりご連絡をお待ちしております

 

ひらめき電球詳細なお問合せにつきましては公式LINEアカウントよりお待ちしております

 

各種申請代行料金については、下記をご参照ください

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければ「いいね」や「フォロー」を頂けましたら励みになります。

フォローしてね

 

次回の活用例は「【派遣業】」の方についてお話し致します。