赤薔薇 ZOOM鑑定 右矢印 日本時間で 17時 からと 21時 からの2枠からお選びいただけます

赤薔薇 ドイツで対面鑑定

キラキラ ご予約・ご購入は 予約フォーム からお願いいたします

※ 学割スタートしています → 鑑定料は約半額になります。ご希望の方は個別にお知らせください。

 

 

 

 

この喜びを

 

一体どう表現すればいいか

 

サッパリ分からない!!

 

 

というくらい、想像を絶する良さでした

 

モーツァルトの歌劇、ドン・ジョヴァンニ with ウィーン国立歌劇場管弦楽団。

 

 

実は正直あまり期待してなかったのですよ。

 

 

集団演奏モノ苦手だし

 

ウィーンフィルは既に何度も行ったけどあんまり・・だったし

 

今まで行ったオペラは全部ハズレで酷かったし

ケルンのオペラだったからか?←小声

 

特に人の声って好き嫌いがはっきり出て・・

 

でもモーツァルトだし、ウィーン国立歌劇場管弦楽団だし

 

とりあえず行ってみよか?

 

 

何となく決めた当時の私、よくやった!!グッキラキラ

 

 

 

コンサートとか演奏って、始まった瞬間に当たりかハズレか分かります。

 

3分も要らないわ。

 

それが今回は 最初の音からガーッと全身に鳥肌が立ちまくり。

 

シャレにならないレベルで

 

 

 

舞台がこんな風に見える位置に座ってたのですが

 

 

 

 

初っ端から

 

 

これがたった150ユーロ (≒18300円 ) で聴けるなんて

 

おかしい!

 

価格設定が変だ!

 

恵まれすぎている!!滝汗

 

 

と思いました。

 

 

 

ホールの天井と上の方の座席

暗くて見づらいですが上の方にも人がたくさん座っています。

 

 

 

で、このモーツァルトが作ったお話は

 

女性をナンパしまくってイチャコラすることしか頭にないドン・ジョヴァンニ ( というスカポンタン ) が主役で

 

その従者 ( これまた 『 こんなアホの下で働くのいやや・・・』 と嘆いてたのに、ジョヴァンニにあっさりお金で買収されるこれまたスカポンタン ) とのやりとりがメインで進んでいくのですが

 

自分の結婚式なのにジョヴァンニにナンパされてなびく、これまたスカポンタンな花嫁とか

 

出て来る人出て来る人スカポンタンばかりで愉快な話なんですよ。

 

まぁ人が死んだり亡霊になって出て来たりしますけど

 

 

 

で、従者役がアジア人だったのだけど

 

 ( 写真左 )

 

 

これ多分韓国人だろうな

 

と思って後で見てみたらやはりそうでした。

 

韓国語って言語的に活舌がオペラに向くらしく、韓国人結構活躍してるんだよね。

 

彼も当然ながら無茶苦茶いい声でした。

 

 

 

 

始終ブチ切れまくりなドン・ジョヴァンニの元妻 ( 青いドレス )

 

 

 

 

しかし。

 

 

 

 

しかしですよ。

 

 

 

私が本当に本当に全身耳にして聴き入って

 

 

痺れ倒した のは

 

 

このオペラで唯一出て来るテノール歌手

 

ドン・オッターヴィオのアリア!!

 

うおおおおおぉぉぉぉぉ!!

 

 

このテノール歌手が出てきて第一声を発した瞬間に

 

 

 

うわっ!何だこの人!? 目ハッ

 

 

と、その人しか耳に入らなくなりました。

 

音に集中しすぎて写真撮れずでございます。

 

 

 

 

 

そして彼のアリア(※)よ!!

 

(※) 叙情的、旋律的な特徴の強い独唱曲で、オペラ、オラトリオ、カンタータなどの中に含まれるものを指す。

また広義に、そのような独唱曲を想起させる曲を指す。

オペラなどでは、特に独唱者にとって聞かせどころとなる曲である。(wiki)

 

 

 

 

ああああああああ

 

もう一回聴きたい!えーん

 

 

 

アリアが終わって舞台袖に去って行く時に

 

 

ええええええ

 

もう終わり?

 

 

ちょっとまって

 

お願い

 

頼むから

 

もっと歌ってー!!笑い泣き

 

 

 

人生で初めて本気で誰かに

 

もっと歌って欲しい!!

 

と思いました。

 

 

 

もう

 

 

 

彼のアリアを聴けただけで

今まで頑張って生きてきた甲斐があった ぐすん

 

 

 

と言えるくらい素晴らしかった。

 

聴きながらじゃぶじゃぶ泣いてたのは私です

 

 

 

死ぬまで忘れないでしょうし

 

死ぬ時に思い出すでしょうし

 

死ぬまで追っかけしたい!!w

 

ウィーンに行けば聴けるんか?そっか、行くぞ!グー

 

 

くらいファンになりました。

 

 

 

 

見た目はハンプティダンプティなんだけど

 

最初見た時、お腹にわざわざ何か詰め物してるのかと思いましたわ

 

 

 

この人

 

 

注: この動画はドン・ジョヴァンニではありません、45秒あたりから聴いて!!

 

 

 

 

 

この人オーストリア人でウィーン少年合唱団から歌をスタートしてるんだ、なるほど・・・目

 

 

などと調べていたら、なんと

 

 

1997~2000年の期間、デュッセルドルフのオペラハウスで歌ってたんだ!!

 

 

何ということでしょう・・・

 

 

まぁ知っててもその当時は私自身がアホみたいに忙しかったので、聴きに行けてなかったと思いますが。

 

彼はこの世代でトップと言われているテノール歌手らしい。

 

そりゃそうでしょうとも。

 

 

たまーにこういったとんでもない才能に出会うから、コンサートって行きたいのですよね。

 

 

ああ良かった~

良かった~

ホントに行って良かった~!

 

という一日でした。

 

3時間は長いししんどいな・・・なんて聴く前は思っていたのですが

 

いやいやいやいや

 

 

もうずーっとモーツァルトの世界に浸っていたかったよ!!

 

 

 

一緒に行った9歳長男は途中からもうしんどくてグダグダになってましたけどw

そりゃそうだね、7時半始まりで終わったの23時ですので。

 

でも私が小さい頃 『 子供向きなんちゃら 』 ではなく

始めからものすごい気合の入った一流の舞台ばかり見せてもらってたので、どうせ体験させるならこれかな?と思ってたのです。

本人も行きたいって言ってたしね。

今はもちろん 『 しんどかったーチーン』 しか感想はないと思いますが、こういうのって内側に残って後々何かのきっかけで何かの芽が出ることってあるのでね。

 

 

良いオペラの演目があったらまた行こう!

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ