靖国神社とA級戦犯の合祀 | 社会のとある視点

テーマ:

靖国神社に首相が参拝するとなぜ騒がれるのか?





「A級戦犯」が祀られているためである。

A級戦犯は戦争を起こした責任者として処刑されており、そのA級戦犯を参拝することは侵略戦争を肯定する行為だとして隣国が怒っている。

靖国神社にA級戦犯が合祀されたのは1978年。終戦から33年もの間が経ってからのことである。

合祀されるまでの33年間は、天皇陛下も歴代首相も靖国神社に参拝していたのだ。今では考えられないことである。

戦後33年の間に渡ってA級戦犯を合祀しなかった宮司の筑波氏。その後、松平氏が宮司に就任してから3カ月で合祀へ。靖国神社の問題はここから始まっている。



靖国戦後秘史―A級戦犯を合祀した男
毎日新聞「靖国」取材班
毎日新聞社




社会のとある視点さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス