吉祥寺 ワイン&レストラン ボナペティのブログ

吉祥寺 ワイン&レストラン ボナペティのブログ

常時300種以上のワインをそろえた、シニアソムリエがいるレストランです。

         吉祥寺にあるワイン&レストラン ボナペティです。



                  ホームページはこちら↓

               http://bon-appetit.la.coocan.jp/

◆第30回 Vin de Natureの会 ご案内◆

~郷土色豊かな自然派ワイン~

「 インポーターズ・ディナー 」

~ 世界のベストレストラン50で上位常連の“NOMA”が恋する

中央ヨーロッパのナチュラルワイン ~

 

11月のテーマは中央ヨーロッパのナチュラルワインです。

世界中の星付きレストランやニューヨーク、ロンドンのナチュラルワインラヴァーから大注目。一昨年日本に入荷されて以降は、知る人ぞ知る存在となりカルト的な人気を誇ります。

今回は輸入元であるJapan terroir株式会社の木村オーナーソムリエを招き、入手困難なキュベを含んだスペシャルなワインディナーを企画いたしました。

グラスに注ぐやいなや湧き上がる芳香、口中に広がる強い果実味。あまりにも印象的なそれらのワインは、徹底した職人気質の情熱が生み出したまさに芸術品。その名を世界に知られるNOMAをはじめ、パリやロンドンの一流ソムリエが自ら蔵を訪れ、毎年ワインを買い付けにやってきます。その品質に驚いた彼らは、自らの所属するレストランやワインバーにおいて、フランスやイタリアのワインの比率を減らし、中央ヨーロッパワインをオンリストしているのです。

地球温暖化が叫ばれる昨今、チェコのモラヴィアやスロヴァキアの天候は冷涼で、90年代のブルゴーニュのような天候。最高品質のブドウが収穫されています。

温暖化によりワインの銘醸地は変わりつつあります。

 

目が離せない中央ヨーロッパのナチュラルワイン。

この機会にぜひお試しください。

 

日時:令和2年10月28日(水)7:00p.m.~9:30p.m.(受付6:40p.m.~)

会費:13,000円(ワイン・料理・消費税・サービス料込)

  

* 予定ワイン *

  2018 Don Zsolt ドンジョルト Strekov1075 スロバキア

 NV  Szőlőkert 2 スルギャルト 2  Gáborハンガリー

  2018 Medový Muškátekメドヴィ・ミュシュカーテック Richard Stavek チェコ

  2018 ATLAS Pinot Noir アトラス ピノ・ノワール Bencze Birtok ハンガリー

  2015 Vitézek földje 2015 ヴィテゼックフォルデ 2015 Gábor ハンガリー

  2015 Velké dobré červené Qvevriヴェルケ・ドブレ チェルヴネ クヴェヴリ Dobra Vinice チェコ

 ??  ??   秘 密 の 一 本 を お 出 し し ま す。

 

※コロナの状況下、突然のキャンセル等が発生した場合、予定ワインから本数を減らす事もございますのでご承知おき下さい。

また輸入者の意向により現在最高においしいと判断されたワインを提供しますので、リストが変化することがあります。

併せてご承知おきくださいませ。

 

 

Japan terroir(インポーター)

 

「Japan terroir:ジャパン・テロワール」代表の木村さんは、古くからボナペティでワイン会を開催して頂いているお客様でもあります。その木村さんが「探し求めていたワインがチェコを中心とした中央ヨーロッパにありましたよ!」と教えていただき、その時に試飲した「オレンジワイン」にすっかり魅了されて、ボナペティでも紹介することとなりました。ぜひ多くの方々に味わって頂きたいと思っております。

 

 

 以下に「Japan terroir:ジャパン・テロワール」の理念を転載致します。

 

Japan terroirがセレクトするワインは

Authentic 伝統的な技法  Artisanal 職人的な技法  Crazy 熱狂

の3つのコンセプトを持っているワインです。

・作り手は現代的な技法をしっかりと学習したうえで、伝統的技法を重視する。

・作り手は職人として圧倒的な技術を有し、その職人技を存分に発揮すること。

・自らが定義した“美”を希求する熱狂が、ワイン作りにあらわれていること。

美の内容。つまりどんなワインを生産者が美味しいと思い、実現しようとしているのか、その美味しさに私たちは共感できるかどうか。それが私たちのワインセレクトです。

またその共感が消費者の共感につながっていくことを私たちは目指します。毎年リリースされる生産者のワインを消費者の皆さまが楽しみに待っていてくださる。そんな状態を目指しているのです。

ワインとは癒しであり、感動を呼び起こす、日常の中にある“美”であるべきです。そのようなワインをセレクトできるように今後も研鑽を積んでまいります。

 

吉祥寺ボナペティ
武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 3F ℡:0422-76-1363
E-mail:bon-appetit@nifty.com
H.P.:http://bon-appetit.la.coocan.jp/

   

                 2020.10.28

岩手大船渡湾真牡蠣のコンフィをウイークデーサーヴィス」

 

未だに収束の見えないコロナ禍の中で、ゴーツーキャンペーンが華やかに雰囲気を盛り上げているようです。広告媒体に縁の遠いボナペテイでも「何かしないと!という雰囲気」に・・・!

今まさに旬の始まり、岩手県大船渡湾赤崎の真牡蠣を玉絞り胡麻油でじっくりとコンフィに致しました。

「これは旨い!」と云える逸品を火曜日から金曜日のウイークデーの「夕席ご予約の皆様」にもれなくプレゼント致します。

             

 1120日までのウイークデサーヴィス(火曜から金曜)
  夕席のお客様へアミューズでプレゼント

※1日の入荷量が限られております。前日までにご予約頂けますようお願い申し上げます。

 

 

◆吉祥寺ボナペティ主催 Grand Vinの会 ご案内◆

11月のテーマ:「ボルドーの会」

~ 飲み頃のボルドー右岸地区 ~

 

 いつもご参加頂きありがとうございます。毎月第3水曜日に開催しておりますGrand Vinの会、11月はボルドーの右岸地区(サンテミリオン、ポムロール)の飲み頃を迎えたワインを特集しております。5大シャトーのある左岸地区(カベルネ・ソーヴィニヨン主体)とは違い、メルローやカベルネ・フランが主体のワインが多く産出される地区です。今回、1990年代以前でのビッグ・ヴィンテージといわれる1982年、1990年をはじめ、良年のワインを揃えることができました。特にサンテミリオンの二大巨頭の1つで、ボルドー9大シャトーにも数えられるシュヴァル・ブランの1982年は今現在ほとんど出会う事ができないワインです。この機会をお見逃しなく!秋も深まった季節にびったりな豊満なワインたちをお楽しみください。どうぞお早目のご予約をお待ち致しております。

 

日 時 : 2020年11月18日(水)7:00p.m.~9:30p.m.(受付6:40p.m.~)

会 費 : 32000円(ワイン・料理・消費税・サービス料込)

 

■ワインリスト(予定)■各グラス50~70ml
Champagne

1999 Chateau Barde-Haut(バルド・オー) Saint-Emilion Grand Cru
1995 Chateau Cadet-Piola(カデ・ピオラ) Saint-Emilion Grand Cru
1990 Chateau Nenin(ヌナン)Pomerol
1970 Clos L’Eglise(クロ・レグリーズ)Pomerol
1982 Chateau Cheval Blanc(シュヴァル・ブラン) Saint-Emilion 1er Grand Cru


※突然のキャンセル等が発生した場合、予定ワインから本数を減らす事もございますのでご承知おき下さい。

 

 

吉祥寺ボナペティ
武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 3F ℡:0422-76-1363
E-mail:bon-appetit@nifty.com
H.P.:http://bon-appetit.la.coocan.jp/