吉祥寺 ワイン&レストラン ボナペティのブログ

吉祥寺 ワイン&レストラン ボナペティのブログ

常時300種以上のワインをそろえた、シニアソムリエがいるレストランです。

         吉祥寺にあるワイン&レストラン ボナペティです。



                  ホームページはこちら↓

               http://bon-appetit.la.coocan.jp/

 

 ☆最新テイクアウト情報☆

 

3階で販売しておりますので3階までお越しください。お支払いは現金でお願い致します。

 

時計お渡し時間時計

お昼 11時30分から1時30分

夜 4時30分から7時00分

 

5月の定休日

10(火),16(月),17(火)

23(月),30(月)

 


ボナペティ定番

ロゼワイン季節の感謝メニューシャンパン

テイクアウト価格

5500円(税込)

月替わりでお出ししている季節の感謝コースをご自宅でもお召し上がり頂けます。

 

5月の料理内容

 

サラダ 冷製オードブル サラダ

初カツオの軽いスモーク

黒オリーブのソース

 

きのこ 温製オードブル きのこ

江戸前穴子塩こうじ風味

木の芽ソース

 

スプーンフォーク スープ スプーンフォーク

ポタージュサンジェルマン

(グリンピースのスープ)

 

うお座 魚 うお座

長崎県五島列島産天然真鯛のムニエル

グレープフルーツのソース

 

ステーキ  肉 ステーキ

長野県安曇野産 日本鹿のソテー

 

プリンデザートプリン

マンゴーのムース

パッションフルーツ風味

 

メロンパン自家製ライ麦パンコッペパン

 

 

赤ワインご注文は3日前までにお電話でご予約下さい白ワイン

 

※1人前2段でのご用意です。魚や肉等のソースカップにアルミを使用していますのでソースは別で温めるか料理に直接かけてからレンジで温めて下さい。家庭用電子レンジ500wで1分程、温めすぎに注意して下さい。

※苦手な食材、アレルギー等ございましたら食材変更する事ができますのでご遠慮なくお知らせ下さい。

※テイクアウト仕様の為、お店でお出ししているコースメニューの内容と一部変更になっている食材がございます。

産地の状況や気象条件等により一部食材の変更がある場合もございます。


 

コーヒーまほろば珈琲とカレーの

絶妙なマリアージュ白ワイン
特製牛ビーフカレーカレー
900円(税込)
4月末日で終了致しました

 


 

ロゼワインおまかせシャンパン
ロゼワインオードブル盛り合わせシャンパン
3000円(税込)

盛り合わせ内容(例)

自家製リヨン風ソーセージ

広島県産牡蠣と茸のにんにく風味
雲仙豚の生ハム ジュニパーベリーのソース
有機野菜のエチュベ
桜鱒の軽いスモーク ディル風味
三元豚とフォアグラのパテドカンパーニュ
おまかせチーズ2種


※2日前までにお電話でご予約お願いします。

※大皿でのご用意となります。

※当日中にお召し上がりください。

※苦手な食材、アレルギー等ございましたら食材変更できますのでご予約の際ご遠慮なくお知らせ下さい。

※産地の状況や気象条件等により一部食材の変更がある場合もございます。

 

 

 
ナイフとフォーク吉祥寺ボナペティナイフとフォーク
武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 3F
電話0422-76-1363
 

 

5月ご紹介の自然派生産者は野村ユニソンお薦めのドメーヌです

希少な限定入荷ですのでお早めのご予約をお待ちしております。

 

日時:5月25日㈬ 7時00分~

       (時短営業要請状況により変更あり)

会費:¥11000.-

 ブルゴーニュの最北端シャブリの村から南はマコネまでの「野村ユニソン」厳選の4生産者のご案内です。

 

2017 Chablis  Pattes Loup(Thomas Pico)

野村ユニソンの一押し生産者「パット ルーのトマピコ」。数少ないシャブリ村の自然派が表現する、シャルドネの真のテロワールを魅せてくれます。

パット ルーのワインの最大の魅力は、シャブリというアペラシオンに求められるイメージを損なわずに、自然派ワインの柔らかい飲み心地が楽しめる所です。石灰質土壌由来のミネラル感がしっかりとあり、そこに芳醇な果実の旨みが加わります。全体のバランスが素晴らしく、トマ ピコ氏の誠実で実直な人柄をそのまま瓶詰めしたような安定した味わいが楽しめます。

是非この機会をお見逃しないように!!

 

2017 Pouilly-Fuisse  Dominique Cornin

ドメーヌ ドミニク コルナンはブルゴーニュの南端に位置するマコンのシャントレ村に本拠地を構え、10haを所有する家族経営の自然派生産者です。完熟してから収穫することに徹底しており、リッチで骨格のある酸とヴォリュームのある黄金系果実のニュアンスが特徴ですが、大柄なミネラルに覆われているため、凛としつつも濃密な仕上がりになっており、立体的な構造を想わせるシャルドネです。抜栓後、時間の経過と共に複雑で香ばしく蜜のニュアンスがどんどんと溢れ出てきます。高いレベルでバランスが取れている「驚きのワイン」です。

 

2018 Bourgogne Pinot Noir  Domaine Olivier

生粋のヴィニュロンであるアントワーヌ・オリヴィエは現在38歳。その若さと感性が、伝統的なブルゴーニュワインのスタイルとサントネイというアペラシオンが持つ個性とのバランスを高次元でとり、可憐さと優しい味わいを実現しています。ドメーヌで造るワインはピノ・ノワールとシャルドネからだけですが、この二つのブドウ品種が持つ繊細さや上品さを引き出すためにあらゆる努力と工夫を行っています。自然派とは思えない透明感あるフレッシュなベリー系果実をお楽しみください。

 

2018 Bourgogne Blanc  Domaine Chavy-Chouet

2018 Volnay Sous la Chapelle  Domaine Chavy-Chouet

ムルソー村に本拠地を構え、計13haの畑を所有していますが、シャヴィ家は元々ピュリニーの出身の為、総所有畑のうち4割はピュリニー村にあります。 周囲には栽培はリュット・レゾネと言っていますが、実際にはビオロジックで栽培。
優良な畑を所有していることもあり、ワインのクオリティは当然高く、その美味しさについ顔が笑顔に。 生産量の殆どが完売してしまう優良生産者ですが、今回は日本市場へきちんとした形でリリースしたいと言うロマリックの考えとご縁があり、野村ユニソンで輸入することとなりました。

ヴォルネイの中心部にある丘の斜面で、粘土質の砂地より。粘土質土壌。20%新樽、80%古樽で10ヶ月熟成。 黒系果実のフルーティーなニュアンスが前面に出たワイン。しなやかでエレガントなタンニンと黒いベリー系の果実、なめし革鉄分を含んだ腐葉土の味わい。口当たりは柔らかく、今からでも美味しく飲めるヴォルネイの魅力に驚きです。

////////////////////////////////////////////////////////

 

                         

 生産効率を優先し、農薬が多用されるシャブリ地区にあって、次世代にこの豊かなテロワールを遺そうと奮闘するのが、ドメーヌ パット ルーのトマ ピコです。

Thomas Pico

彼の所有する畑は、シャブリの町から南に5キロ離れた標高320mのクルジ村に位置しており、シャブリのグランクリュ(130~150m)よりも高い位置にあります。AOCシャブリの畑は、特徴的な石灰土壌に、ピコ氏自身が「ルージュ」と呼ぶ粘土質の土壌が加わり、そのため爽快なミネラル感に加え、厚みのある果実味がバランス良く得られます。また1級畑であるブトーやボールガール、コート ド ジュアンなどは、良好な日照と標高の高さからゆっくりとブドウが成熟し、複雑味と硬質なミネラル、長い余韻が得られます。

ドメーヌ パット ルー 醸造と魅力

収穫されたブドウは醸造所の2階で空気式の圧搾機によってプレスされ、1階のステンレスタンクに重力を利用して移された後、ブドウの実に付く自然酵母で発酵させます(補糖や補酸は当然行いません)。ヴィラージュ格のシャブリは主にステンレスタンクで、1級畑の各ワインは木樽にて熟成を行い、熟成中にスーティラージュ(澱引き)を行い、目のかなり粗いフィルタを用いて濾過をした後に瓶詰めされます。亜硫酸は必要に応じて少量用います。また近年は、発酵・熟成の一部にコンクリート製の卵型のタンクも一部用いています。

パット ルーのワインの最大の魅力は、シャブリというアペラシオンに求められるイメージを損なわずに、自然派ワインの柔らかい飲み心地が楽しめる所です。石灰質土壌由来のミネラル感がしっかりとあり、そこに芳醇な果実の旨みが加わります。全体のバランスが素晴らしく、トマ ピコ氏の誠実で実直な人柄をそのまま瓶詰めしたような安定した味わいが楽しめます。

 

◆第76回 Grand Vinの会 ご案内◆

ニュージーランドの会」

~ アタ・ランギ ~

NZのロマネコンティ

 

 

 いつもご参加頂きありがとうございます。毎月第3水曜日に開催しております「Grand Vinの会」の御案内です。お1人様からご予約承ります。

 市場でもほとんど見つける事ができないアタランギのバックヴィンテージですが、今回、ロマネコンティと間違えるほどと言われているアタランギの古酒(2002年)のコルク栓とスクリューキャップの二種類のボトルの比較をメインにご用意しております。栓の違いによる熟成度合いの差を感じ取ることが出来るでしょうか。また、2016年と若めではありますが、3種類のピノ・ノワールをご用意できましたので、土壌の違い、樹齢の違いについての比較をお楽しみ頂けます。どうぞお早目のご予約をお待ちしております。

 Ata Rangi/アタ・ランギ

 マオリ語で"夜明けの空"、 "新たな始まり"を意味するアタ·ランギは、マーティンボローのパイオニア生産者のひとつ。深みのある優雅で洗練されたピノ・ノワールが世界的評価を確立。ニュージーランドTOP5の最初に挙げられる蔵元。

 1980 年、牧⽺農家だったアタ・ランギの創設者クライヴ・ペイトンがマーティンボローの町の端にある5ha ほどの石ころだらけの放牧地にブドウを植えたのが始まり。その後、クライヴの妹アリソン・マスターズが加わり、1986 年には後にクライヴの伴侶となる醸造家フィル・パティが参画する。この地は”マーティンボロー・テラス”と呼ばれるごく浅いシルトに覆われた砂礫まじりの沖積土壌で、約25m の深さまで水はけのよい地層がつづき、風味の凝縮したブドウが実る。”テラス”で栽培されたブドウの評判はすぐさま広まり、マーティンボローは一躍、ニュージーランドを代表するピノ・ノワールのプレミアム産地として認知された。

<畑とその特徴>

 現在、アタ・ランギの収穫は計 55ha の畑からなり、その半分は自社畑と一部リース契約により自社で栽培管理。リース畑の多くは自社畑と同様にシルトに覆われた水はけのよい土壌で、年間降⾬量が平均 700mm と少なく、収量は1 ha 当たり 4t と低収量に抑えられている。マーティンボローとその周辺一帯は、湾から内陸に向かって吹きつける強い風により春先の開花時期の結実が難しく、他の地域よりも樹 1本あたりの房数が非常に少なく、またブドウの実が風から自己防御するように果皮を厚くして、それが風味を凝縮させるといわれている。アタ・ランギでは殺⾍剤、化学肥料、除草剤などは使⽤せず、調合剤やワイルドフラワー、地下の自然の土を掘り起こし散布するなど 、有機栽培と一部バイオダイナミック栽培を取り入れている。ワイナリーは国際標準化機構 (ISO) が発⾏する、環境マネジメントシステムISO14001 に認定されている。アタ・ランギのすべての自社畑は 2014 年に NZ のオーガニック認証機関バイオグロ(Bio Gro)の認証を受けた。

<マクローン・ヴィンヤード>

 オレゴン州ヤムヒル・カウンティにピノ・ノワールの畑を所有するドン&キャロル・マクローン夫妻は、1988 年オレゴンで開かれたインターナショナル・ピノ・ノワール・セレブレーションでクライヴとフィルに出会ったことを機にアタ・ランギとともにマーティンボローにヴィンヤードプロジェクトを立ち上げた。アタ・ランギのホームヴィンヤードから東へ 600m 離れたマクローン・ヴィンヤード(2.8ha)は、砂利質土壌の上層を粘土層(80cm)が覆う沖積粘土土壌で、この粘土層が土壌中の根を冷やし、アタ・ランギ・ピノ・ノワールと異なる風味を生み出す。粘土層の特性が反映されたマクローン・ヴィンヤードは、「アタ・ランギ・ピノ・ノワール」と比べると、香りはスパイシーでミッドパレットに厚みが感じられる。 ドン&キャロル・マクローン夫妻が2001年に植え付けた畑で2008 年に初めて単一畑として仕込まれ 、2013 年に公式に初リリースされた。2011 年にマクローン夫妻が引退し、アタ・ランギが畑の所有者となった。

クローン:エイベル、クローン5、ディジョン115、777。栽培面積約2.4ha。

<エイベル・クローン>

 1970 年代、ニュージーランドの税関職員で、オークランド近郊の自園でブドウ栽培をしていたマルコム・エイベル氏が、あるニュージーランドの旅⾏者がロマネ・コンティの畑に忍び込み、違法に持ち帰ったブドウの穂木を入国時に没収し、検疫所で検査した後、それを自園の畑に植えたものがエイベル・クローンの始まり。エイベル氏の知人だったクライヴ・ペイトンは、彼の畑に植えられていたその樹を譲り受けて自分たちの畑に植え足し、それらの樹からピノ・ノワールを造りはじめた。現在、アタ・ランギ・ピノ・ノワールの区画の多くは、このエイベル・クローンが中核となっている。

 お早目のご予約をお待ち致しております。

 

会費 : 19500円(ワイン・料理・消費税・サーヴィス料込)

日時 : 2022年5月18日(水) 午後7:00~

※時短営業要請の状況により時間が変更になる可能性もございます。

※遅れてのご参加も問題ございませんので、是非ご検討下さい。

※テーブル上にはアクリル板を設置し、4名様以下のお席をご用意しておりますが、個別のお席をご希望の場合、ご予約時にその旨お知らせください。出来るだけご希望に副えるよう検討させて頂きます。

※申し訳ございませんがご予約が定員に満たない場合には、取り止めとさせて頂く場合もございます。

 

■ワインリスト(予定)■
 < Ata Rangi >

  2016 Crimson Pinot Noir(クリムゾン・ピノ・ノワール)

  2016 Pinot Noir(ピノ・ノワール)

  2016 McCrone Vineyard Pinot Noir

    (マクローン・ヴィンヤード・ピノ・ノワール)

  2002 Pinot Noir(ピノ・ノワール:スクリューキャップ)

  2002 Pinot Noir(ピノ・ノワール:コルク栓)