とんねるず no おかげです

とんねるず no おかげです

とんねるずを愛して29年。貴さんも憲さんも大好きです!




しばらく更新が滞っておりましたが、2017年10月から更新再開しております♪

アメンバー希望の方は、まずはメッセージお願いいたします。
Amebaでブログを始めよう!

2018年もあと数時間ですね!

 

いや〜〜〜

正直しんどい一年でしたね・・

 

2017年12月に「みなさん」の終了が発表されて・・

終わるまでの数ヶ月、ホント時間が経つのが嫌で嫌で・・。

3月来ないで!って思いながら過ごして。

 

そんな願いもむなしく・・時は無情に過ぎ。

 

3月22日・・

終わってしまった・・・。

 

そこからはもう・・どうしていいかわからないほど辛くて。

 

30年近くの間、当たり前に過ごしていた木曜夜9時が・・

なくなってしまった生活が本当に辛かった。

 

しかも・・・

とんねるずの2人はなかなか揃って姿を見せてくれず・・。。

 

夏のスポーツ王には揃ってくれると思っていたから。。

どんなに長くたって4〜5ヶ月の辛抱だろう、と。

 

それが・・

夏のスポーツ王ではまさかの別々企画のみ。

 

結局は2019年正月放送のスポーツ王まで揃わなかったという・・

 

いや〜〜辛かった!!!

 

 

でもね、嬉しかったこともある。

憲さんが、「とんねるずのコンサート」

すごくやりたがっていてくれてる。

そしてそれをメディアでたくさん発信してくれた。

それがすごくすごくすごく嬉しかった。

 

きっと、2019年は・・・

とんねるずのコンサート!

あると信じてる!

 

 

 

貴さん。

辛い1年だったっと思います。

私には想像できないほど・・しんどいと思います。

 

色々・・想いはあると思うのですが・・

勇気を持って!とんねるず第2ラウンドのゴングを鳴らしてください!

ワンフーはついていきますよ!

ずっとずっとずっと・・・大好きですから!

 

憲さん。

「みなさんが終わってからといって何も変わらない」

って、雑誌のインタビューなんかで言っていたけれど。

本当はみなさんが終わったことがものすごくショックだったってこと、知ってます。

そんな中、自らメディアで発信して、

「とんねるずのコンサート」を実現させようとしてくれて、本当にありがとうございます。

憲さんは、貴さんと歌いたいんだよね。

ワンフーも、おふたりが揃って私たちの前で歌ってくださる姿を心から望んでいます。

2019年。貴さんの手をグッと引っ張って!とんねるずコンサートの実現をよろしくお願いします!

 

とんねるず

大好きです。

ずっとずっとずっと

愛してます!

 

2018年もありがとう。

2019年もよろしく。

 

貴さん憲さんにとって

幸せを感じることができる1年になりますように!

 

 

 

 

 

 

 

本日10月22日は、とんねるず・石橋貴明さんのお誕生日です。

 

貴さん、お誕生日おめでとうございます!

 

もう57歳になられたんですね顔

時の流れって早いなぁ・・

 

image

 

貴さんの50歳の誕生日の時には、たくさんのスタッフや親しい芸人仲間、

そして・・相方の憲さんも交えての誕生日パーティーが行われていましたね。

この時にとんねるずが歌った

 

「どうにかなるさ」

 

すごくよかったなぁ・・・。

 

この日から考えても、もう7年もの月日が流れたんですね・・。

 

 

image

 

大きな野心と熱意を持ち

何事も綿密な計画を立てて行う真面目さもある。

傷つくことを恐れずに、どんないばらの道だって先頭に立って切り開いてきた貴さん。

相方である憲さんの資質と才能を誰よりも評価し、

その資質と才能を活かすための努力は惜しまない貴さん。

本当は人一番繊細な貴さん・・

虚勢を張って自分を奮い立たせ、追い込んで

自分に厳しく頑張り続けてきた貴さん。

 

どんな角度からあなたを見ても、

人間としていかに素晴らしいのかを感じざるを得ません。

 

image

 

貴さんの優しさが好き。

貴さんの真面目さが好き。

貴さんの不器用さが好き。

貴さんの歌声が好き。

貴さんの笑顔が好き。

 

あげだしたらきりがない。

幾つでも書けてしまうくらい・・

 

石橋貴明さんのすべてが大好きです。

 

image

image

 

貴さん。

 

憲さんとコンビを組んでくれてありがとう。

芸能界に入ってくれてありがとう。

 

そして何より・・

この世に生まれてきてくれたこと。

そのことに心からの感謝をしたい。

 

貴さん。生まれてきてくれてありがとう。

 

imageimage

 

 

はっぴぃばあすでい!貴さん。

 

体には充分気をつけて。

健康で元気に、57歳を楽しんでください。

 

貴さんが笑顔になれる時間がたくさんたくさんありますように!

あなたが幸せを感じる瞬間がたくさんたくさんありますように!

 

image

 

そしてこれからも憲さんと仲良く音譜

2人で手を取り合って頑張ってくださいね。

 

image

 

image

 

たくさんの幸せをいつもありがとう。

 

今までも、これからも、ずーーーーーっと!

 

愛してますハート

 

 

 

 

 

 

 

みなさんが終了してしまいました。

数日間、泣いて泣いて泣いて泣いて・・

どんなに泣いても泣き足りないそんな日々を過ごしていました。

 

今も、泣こうと思えばいつだって泣けます。でも・・泣いてばかりもいられないですね。

日々はどんどん過ぎていき、もう4月。

 

みなさんは終わってしまったけれど、とんねるずが終わったわけじゃない。

解散とも活動休止とも言ってない。

ファンクラブからは継続用紙が送られて来ているし、サイトのセキュリティ強化も予定されてる模様。

これからも続いていくんだ。

木曜9時の楽しみがなくなり、寂しいのは仕方ない。

でも、だからと言って悲観する必要はない。

 

前だけ向いて!なんて綺麗事は言えない。

過去を振り返って、「あの頃は・・あの時は・・」って思い出すのもいいじゃないか。

過去の映像を見て、日々の活力にするのもいいじゃないか。

そうやって生き延びて、また2人が揃ってくれる日を待とう。

 

そう自分に言い聞かせる4月。

きっと・・何かやってくれるさ。

いい意味でワンフーをびっくりさせてくれるさ。

そんな2人だもん。

 

 

 

 

 

12月頭の完結発表からずっと・・

この日が来るのを恐れていました。

「永遠に続くものはない」

わかってはいたけれど・・・・・

発表された時の衝撃はもう

言葉には言い表せないほどで。。

 

そしてついに明日。

完結を迎えてしまう。

 

1989年2月23日夜9時。

近所の男友達から勧められて8番にチャンネルを合わせた、当時9歳になったばかりの私。

あの日の衝撃は今でも忘れません。

「モジモジくん」で本物のライオンが出てきた時の衝撃もよく覚えています。

特に仮面ノリダーの面白さに一瞬にして虜になり・・

その日から私はワンフーの道を歩み始めました。

 

家庭環境があまりにも複雑な私は・・

家でも学校でも心から安心できる時間なんてひとつもなくて。

そんな私が小学校3年生で見つけた心のオアシス。

どんなに辛いことがあっても、木曜9時だけは・・

何も考えず、腹を抱えて笑えた。

このオアシスがなかったら・・今自分は生きていないと思います。

 

成長するにつれ、「ねるとん」の時間まで起きていられるようになったり、

「生ダラ」が始まったり。

「ねる様」「カバチ」。

個人レギュラーも含め、たくさんの番組を持ってきたお二人ですが、

私にとっては「みなさん」はずっと特別に大切に思う番組でした。

 

各レギュラーも時代の流れとともに次々と終了を迎え、

最後に残ったのはやはり「みなさん」

 

その番組が・・・

姿を消す。

 

自分にとっては29年1ヶ月という長い期間。

心の支えにしてきたこの番組がなくなる。

「とんねるず」として唯一だった番組がなくなる。

 

2018年3月22日21時54分からの自分は・・

何を支えに生きていったらいいんだろう?

辛い時苦しい時何を希望に生きていったらいいんだろう?

 

未知です。

未知すぎます。

 

怖いです・・・

 

できることなら終了しないでほしい。

終了なんてドッキリだぜ!!ってやってほしい。。。

 

でも・・最終回予告の貴さん憲さんの表情を見たら・・

終了は現実なんだと・・

ドッキリなんかではないんだと・・・

現実を突きつけられます。

 

 

 

 

 

 

あるスタッフさんの個人インスタアカウントにて、みなさん最終回の内容がわかってきました。

 

最後のうたばんと書かれたセット

 

歌の総集編と、生歌披露と思われます。

 

とんねるずはお笑いジャンルのコンビですが、とんねるずを語る上で「歌」は外せない大きな要素であります。

 

2人で並んで歌ってくれることを心待ちにしていたワンフー達。

コントもそうでしたが・・

 

なかなか叶わなかった願いが叶う瞬間は、

当たり前の30年間が終わるその瞬間と引き換え。

 

なんとも言えない心情です。

書き表すことも言い表すこともできません。