手紙をしたためています

・・・って

この 
したためています 
・・・って表現が正しいのかどうか調べた始末で

なんで
手紙なんだろうって事なんだけど

じゃあ 

メールでこの気持ちを電波なんかに
乗せたり
飛ばしたり
そんな事したら
パラパラと言葉が落ちちゃいそうで

もちろん 
電話でこの気持ちを声にして電線を走らせたりしたら
たちまち
スズメやカラスに突っつかれたりしちゃいそうで

やっぱり 
やはり?

直接会って伝えるのが一番
って
会えるならこんなややこしい声出さないよ

でも

直接会ってなんか声出ないな

あなたの顔見ながら声なんて恥ずかしくて

だからさ

買ってきたの
そうでしょ

便箋
封筒なんて

ましてや
切手なんて
ありやしない

手紙なんて書こうなんて
ありゃしない

したためています
なんて表現も
もう無いかも

こころにそっと
したためるかも

この
髪の毛をカットしに行った時に見る
あの
大きなカガミに写る自分の顔は
いつも見て知っている顔とは

その~
周りにいる小綺麗なスタッフの前では
どうしようもなく不細工で


自分自身とこんなカタチで向き合うなんて

どこに移動しても目が合う
実家のおじいちゃんの遺影みたいで

あぁ
おじいちゃん
こんな表現に使ってごめんなさい

いつも
いい感じのところに手が届かなくて

いつも
カユイ所ありませんか?って聞かれた時に
そこに手を伸ばしてもらいたい気分

でも
いつも
あっ いいです
と言ってしまう始末です


髪型も
世間話も
全部任せっぱなしで
気持ちを声に出せずに
消えていった
だから
あなたも
あたしの前から?





部屋に戻ると
いい匂いが新しい髪型とついてきた

でも

それよりも強烈なあなたの不在が
臭ってくる


久しぶりに書く文字は
力が入り過ぎて机の上に跡を残した

そうやって
強く
強く
力強く
あなたの不在の上をなぞっていく
あなたの臭いが消えて
この匂いがかおるように













手を握った



いじょう幸福感