海外市場動向

 

世界の株式市場は米国の独り勝ち状況

が継続しています。他の国の市場は、

新興国市場を中心に低迷が鮮明となっ

ています。

 

ドル円相場は日米貿易摩擦への懸念

は根強いものの雇用統計で米国経済

の好調ぶりが確認され111円台でしっ

かりです。

 

日本株見通し

 

ようやく薄日が差したかに見えた日経平

均ですが、トランプ大統領が日本に対し

ても貿易赤字削減を迫る姿勢を鮮明と

したことで再び下値模索となっています。

 

自動車をはじめとした主力の輸出株は

手掛けづらく日経平均は下値模索が継

続しそうです。一方で小型株は優良内

需株中心にしっかりとした動きとなってお

り、狙える銘柄も結構あります。

 

当ブログで再三取り上げてきたグレイス

テク(6541)は1部上場を果たし年初来高

値を更新しました。他、以前ご紹介した

SBSHD(2384)、JALCOHD(6625)も年

初来高値近辺です。

 

ヨシムラフード(2884)

 

そこで、再びヨシムラフード(2884)を狙っ

てみたいです。株価は年初に2400円を

つけた後800円まで下落しました。業績の

悪化が下落要因でしたが、これは構造的

な要因ではなく、成長過程でM&A関連の

費用が膨らんだためで、今後は買収した

企業が収益貢献してくることは明らかで

すので、今がまさに大底と考えています。

 

先週、シンガポールの水産卸の企業を

買収し海外展開も積極化しており、今後

大きな期待が持てると考えています。

大手投信レオスキャピタルが大量保有し

ていることも成長企業であることの証です。

 

現在の時価総額は200億円ですが、2倍、

5倍になってもまったく不思議のない企業

と思います。