テツです。

 

先日、いきなり新しい単語を

Twitterで使いました。

 

いつもTwitterを見てくれて

いる人は、

 

「SCL??」

 

と思ったかもいると思います。

 

まずはその時の

Twitterを見てみましょう。

 

https://twitter.com/TETSU55567595/status/1309048152893411330?s=20

 

 

その結果、

 

白の十字線がSCLの発生した

時間とレートです。

 

高値ブレイクし、一旦押しをつけた後、

大きく上昇していきました。

 

SCLが出ているにも関わらず、

ポンドルは個人的に下げの意識が

あったので、中々、ロングの判断を

しにくい状況でした。

 

でも、

 

やはりマーケットメーカーが動くと

相場はその方向へ動いていきますね。

 

 

ポンドルよりも少し早く、SCLが

出ている通貨がありました。

 

それが、

 

ポンドフランです。

 

https://twitter.com/TETSU55567595/status/1309044781838987265?s=20

 

 

 

こちらは、高値ブレイクしているので

上昇すると判断。

 

サインが出ていたのが、

ブレイクする前の押し目の底で

SCLが発生していました。

 

その結果、80pipsを達成する

大きな上昇となりました。

 

 

この「 SCL 」かなりヤバイです。

 

 

過去最強のシグナルと断言できます。

 

だって、

 

CLはマーケットメーカーが、未来の

相場を作る仕掛けと判断しています。

 

最近の相場でカナダ円のCLは

綺麗にわかりやすいです。

 

https://ameblo.jp/bo-kouryaku/entry-12627674681.html

 

 
CLの役割は、相場をコントロールする
ための仕掛け。
 
その結果、
 
相場を作っています。
 
なので、CLを解析できれば、
今後相場がどうなっていくのか?
 
が確実的に見える時があります。
 
その最たる例が、
 
雇用統計やFOMCなど重要指標の
未来予測です。
 
今のところ、2ヶ月間6回の重要指標と
声明の急変動を、全て的中させています。
 
一部だけ、Twitterに公開している感じですね。
 
 
そして、今回のSCLはCLとは
大きく違う点があります。
 
 
それは、
 
CLは相場を作るための仕掛けですが、
SCLはタイムリーなアタックになっている点です。
 
「ドカッ」と相場へ資金をぶつけてくる
大口のクジラと呼ばれる大量の売買。
 
それに近い動きをしています。
 
そして、一旦そのアタックが入ると
大きくその方向へ動きやすいのが
特徴です。
 
要は、
 
短期的なトレンドのトリガーになる
瞬間を、捉えたのがSCLという事です。
 
これは、
 
前代未聞の最強シグナルであることは
間違いありません。
 
現実的に、最近ようやく抽出することが
できる様になったサインであり、
ここ数日だけでも数回サインを
捉えています。
 
少ない日は、0回
多い日は、2~3回ある日もあります。
 
Twitterで公開した、
ポンドルとポンドフランのSCLが
一番最新のものです。
 
例えば、ポンドフランで言えば、
この数日で他に3件ありました。
 
 
基本的に、戻りは限定的で
一方的にそん方向へ動いているのが
分かると思います。
 
直近の大きな下げとなった
ポンド円も事前にSCLが出ていました。
 
 
ドル円でも、104円からの反転。
円安のトレンドのキッカケを
作ったのもSCLです。
 
 
CSLが発生した後、一方的に
上昇していきました。
 
これは、いい所取をしている
わけではなく、全て事実のことです。
 
Twitterで公開したのは、その事実を
リアルタイムで記録として残すため。
 
 
あり得ない現実が、今、ここに
起きています。
 
相場が大きく動く前に探知することができ、
 
逆行が限定的で、リターンが異常に多い。
 
リスクリワード 1:5 も十分狙える。
 
最強の攻略シグナル。
 
それが、SCLです。
 
 
こちらのSCLは、近日中に案内する
CLコミュニティーに参加した方限定で
オファーをします。
 
FXに詳しい方であればあるほど、
僕が言っている事のヤバさが
伝わってるのではないでしょうか。
 
 
圧倒的を目指す方。
圧倒的な結果を叶えて見たい方。
 
 
一緒に、コミュ二ティーでCL攻略追求を
楽しんでいきましょうw
 
案内を楽しみにしていてください。