しおり博覧会 Bookmark Exposition

しおり博覧会 Bookmark Exposition

コレクションのしおりを紹介

 中原淳一は1913年に香川県で出まれ、19歳の時に銀座「松屋」でフランス人形の個展を開き一躍有名になりました。同年から雑誌「少女の友」の表紙絵や挿絵を描き始め、終戦後には、雑誌「ソレイユ」、「ヒマワリ」、「ジュニアそれいゆ」と次々に発刊し、常に少女たちに夢と希望を与え続け、少女たちのファッションリーダー的存在でした。その人気は今なお高く、特徴的な大きな目と、八頭身の美少女を描き続けた淳一ワールドは栞においても健在です。