これからは、書いた記事のご紹介をなるべくしていこうと思います。

連載は先日この記事で書いてありますが、個別記事は全然書いてなかったですしね。

 

 

本日の14:01に山羊座の新月があります。

詳細は上の記事(TRINITY WEB)を読んでみてください。

面白かったりしたら、是非TRINITYの記事にイイネをお願いします。

宜しくお願いいたします。

ちょっと他の方のBlogをよんだ感想の意見になります。天然石のブレスレットが切れるときは、どこで切れても、全て身代わりですと書かれているのをみて、私自身は違うと思いましたし、今までの事を振り返っても違うなと思いました。

 

 

まず、ブレスレットのゴム紐やワイヤーなどが経年劣化で切れてしまうことは、普通によくあります。ゴム紐が黄色くなってたりしたら、かなり切れちゃう率は上がります。毎朝付ける前に、自分の大切なブレスレットのゴム紐やワイヤーなどをみてあげてください。色が変わりはじめていたら、劣化の証拠なのでゴム紐やワイヤーなどを交換しましょう。それで解決します。

身代わりの場合は、殆ど音がして切れます。普通ではない音なので聞いたら分かることが多いです。ポンッとか音がします。(耳の感覚が得意じゃない場合は聞こえないかもしれません。変な匂い、感覚がするケースもあります。)

この場合は、持ち主が再度持ちたい、つけていたいと思うなら繋ぎ直して構いません。
もちろん、修理と浄化は必要ですが、持っていても、再度つけてもOKです。ただ石により、浄化しても難しいケースがあります。



そういう場合は3年以上元気に育っている観葉植物の根元におくといいでしょう。植物の力を借りて石も元気になります。樹には影響はありません。庭がある方でしたら、石を小袋にいれて土の浄化をしてもいいですね。あるいは樹に任せて、ある程度(1~3ヶ月程度)したら掘り出すのも良いですね。

 

つけていたくない、持ちたくない……という場合は、石を拾い集めて、小袋に塩をひとつまみ入れて感謝の気持ちを込めて処分しても良いです。(不法投棄はしてはいけませんが)


持ち主の為にやってきた石達は形をかえても側にいることを望み、働くことが多いので、私自身はそういうケースがあれば、3年以上元気な観葉植物の根元におくことを勧めています。割れたときもそうです。

石は悠久の年月を経てきています。彼らからすれば、一緒にあなたといること自体が奇跡のようなものなのです。ご縁を大事にしてあげて下さいね。