ブルージェットの空からブログ|プライベートジェットの機長・航空会社社長ブログ
ビジネスジェット・プライベートジェットのパイロット兼航空会社社長から、日々のフライトで接した出来事や、航空業界へのメッセージを皆様にお伝えしていきます。思わぬところからの可能性を信じて…
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

機動戦士ガンダム・ユニコーン ~ 秘密の箱の中身を知るために ~ 

ダラスから日本へ向かう機内で1ヶ月間の厳しく苦しい訓練を思い出していた。

FAA定期運送用操縦士資格でPC24を一人で操縦出来る資格を日本人で初めて取得した。

通常は2人で操縦する資格から取得して数年内に1人操縦資格を受験するのがセオリーである。

エンジンはCJ4と同じで操縦席の電子機器がガルフストリームの発展最新型で資格を取得した順序がよかった。

スイスの国の誇りを示すように、ピラタスエアクラフト社は初の多用途ビジネスジェット機の位置づけとして

PC24を2007年から開発をスタートさせ、2015年に初飛行に成功し現在世界から注文が殺到して製造ラインが

追いつかない程になっている。理由は航続距離2000マイル約10人乗りで人気の機種の同程度のライバル機

セスナ社のCJ4とエンブライエル社のフェノム300と性能で、1000m以下の滑走路で離着陸を可能にして

舗装滑走路だけでなく、草地や不整地離着陸を可能として、自動化を推進し第六世代航空機として

最新型電子機器に加えて自動推力装置も装備し1人操縦で世界最高峰の多用途ビジネスジェット機であるからで

さらに世界で医療搬送用ジェット機としても医療装備が標準で可能で世界から注目されている。

価格はホンダジェットが2機買える程で最新の装備とBMW内装が魅力である。

父が危篤状態で入院しており不安が募って渡米を悩んだが父と最後の別れのつもりで言葉を交わした。

あるところからPC24を設計する時にデザイナーが日本に来日して機動戦士ガンダムユニコーンの操縦席を

モデルにしてこのジェット機開発の操縦席をデザインした事を聞いた。

僕に手料理を作りに来る女性がこのアニメの主題歌で歌手デビューした事に気が付いた。

彼女がキッチンで皿を洗いながら口ずさんで歌っていた。

運命だと信じて挑戦する事を決意した。

 

ガンダムユニコーンの物語は、秘密が隠された箱を追い求めて、

その秘密を知る事が未来に重大な事をもたらすという。

ガンダムの色が変化するように様々な状態に変化できるジェット機はPC24以外には存在しない。

僕には秘密の箱の中身がわかってしまった。

米国のライセンス発行する試験官や訓練所から僕に質問された。

「日本の国でいったい誰が君を審査して免許を与えるのか興味があるから教えてほしい」

実機は新品で、すでに日本に到着し航空局の許可待ちの状態である。

「あなたの人生の経験などすべてが僕にメッセージを届けに来るためにあったように感じるよ」

「私もそう感じる程の偶然の一致が多すぎますね。今とても幸せなので尚更そう感じます」

今年の初めて食事に行ったフレンチでガレッド・デ・ロアの祝福はこの事だったんだと不思議な思いがよぎった。

そういえば携帯の画面や僕の大好きな歌の映像の空はスイスじゃないか?

全力で戦い抜いて得た秘密の箱の中身について

今はみんなに教える事が出来ない。

 

bluejet

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>