手作り石けんのblue-blue-blue

手作り石けんのblue-blue-blue

自然の恵みを手作り石けん、
コスメ、ハーバル生活に役立て
健康で美しいクオリティーライフのご提案

ヒマワリコスモス ご訪問ありがとうございます! ハチヒマワリ

愛媛松山手作り石けん教室&ハーブ教室
HSAジュニア・ソーパー養成講座
犬の石けん教室

お問い合わせ
email ishiburo376.3361@gmail.com
090-1000-4833

テーマ:

みなさんこんにちは。

愛媛松山手作り石けん&メディカルハーブ教室の

大塚陽子です。

 

急に涼しくなり、温かい飲み物が良くなりましたね。

毛穴もきゅっと引き締まり、皮脂分泌も少なくなり

乾燥の季節に突入です。

 

9月に入り季節の石けん

「栗石けん」第2回目を開催いたしました。

冬に向けての油脂の選択、油脂配合です。

夏の洗い上がりはさっぱりと仕上げ、

冬の洗い上がりは、保湿した上に皮覆するレシピにしています。

 

 

そして香りは安らぐ息の香りと文字通りの

安息香で使うたびに安らいで頂きます。

 

日本にはじめて安息香を持ち込んだのは鑑真和尚。

その時代大変貴重で役割は薬でした。

などと小ネタを差し込んで教室は進んでいきます。

 

栗の成分であるタンニンを活用した石けんです。

タンニンには収れん作用があり、菌の繁殖を抑える

抗菌作用もあります。

 

言わゆる柿渋石けんと同じような働きです。

柿渋石けんは発酵、熟成がされた柿渋を入れます。

しかし栗石けんは発酵しなくてもある過程

同じような働きになります。

 

同じ成分、材料を使っても

合わせる温度、タイミング、撹拌の仕方などなどの

違いで微妙に石けんタネの色が違っています。

 

これだから、石けん作りは楽しい!と

私は思うのです。

(私だけですか!?)

 

まるでチョコレートの様!とご参加の方が。

 

香りも見た目も美味しそうで、つやつや。

ちょっとなめてみようかな!と思うほどです。

 

1回目ご参加の方の作品

 

 

3回目の栗石けんは10月4日開催です。

 

今年は台風の影響で栗の出荷が遅れ

生産も通年の6割程度とかだそうです。

 

そんな中、栗の産地の中山町の特産市場の方の

ご協力を得て開催する運びとなりました。

 

ご協力、本当にありがとうございました。

栗が無い!と聞いた時には真っ白でしたが

親身になって頂き、人の情けを感じました。

 

受けた情けをまた誰かに返していかなければと、

思った次第です。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス