シルフ4月号買ったよ

テーマ:
シルフ4月号昨日発売でしたね~。
2/22(にゃんにゃんにゃん)のにゃんこ先生の日。
買いましたとも!

目当ては『Dear Girl~Stories~ 響』パーフェクトイラストブックと
ひろC聖誕祭in沖縄のレパータ。

イラストブックは、色の出方がキレイ。時代時代の色合いしてる。どこの印刷会社かな…。
さーやのコメントが一つひとつについていて、読んでてちょっとじーんとした。
最終回だけど、ココで終わるはずがないよね?(T&B風なサムシング)
ひとまず3/22発売の3巻買わなくっちゃ。

4ページにわたる沖縄レパータ、面白かったよ!

◎羽田のホテルがツインな件。
ひろC一人で泊まったのかと小一時間問いつめたくて…冬。

◎那覇空港でピンクのwakasTでグラサンがなんともかわいい件。
Tシャツが大きすぎてか、wakasの位置がずりおちているのが、なんともはや、キュートなんだって。

◎白へびを首に巻いて笑顔のCとDが素敵な件。
へび大っきらいなのに、なんか巻いてみたくなった。おそるべし…DGS効果。
いっしょにぬるぬるになりたーい!(大和彼氏風なサムシング)

◎琉球衣装着て決めポーズ、マブヤーと3人で決めポーズに噴いた件。
かっこよく、ドヤって顔が笑える…!牛久再び…!!

細かく見ていくとほんとおもしろいね。時間軸で展開してるからわかりやすいし。
ただ、日帰りで20時にケーキって、
そんなにぎりぎりまで沖縄滞在してたんや…。
それから東京帰るとか、しんどそう。
25歳越えたら、すっごく疲れがたまるからね…。
徹夜とかすると、次の日、確実にデクノボーだから。

25歳ボーダーライン説は、ほんとにほんとに正解だから。
まあ、とっくにそのボーダー越えてますけど何か?(着ボイス風なサムシング)

ラジオ聞いてて、映像で見たいな~ってところが多々あった。
少しはレパータで補完されたけど、もっと見たいなあ。
DVD化しないかな。

CとD、お疲れ様でした!
5月の小野D聖誕祭も楽しみだ。大分の磨崖仏日帰り旅とかどうかな~。
沖縄より近い近い!

最近、萌えキュンBL足りてますか?
乾いたからだに、ぜひコレを。


昨年末くらいに読んだBL小説です。



 


『優しいSの育て方』榎田 尤利 大洋図書 2011年 ★★★★★


これ、私の中で2011年のBL小説「No.1」っす!!!!!!


萌えの琴線にふれすぎて、もうアップアップ。おぼれそうやで…。
ごめん、交渉人シリーズより、好きだ…!


タイトルから「SMか~??」って思って
あんまり興がのらなかったけど、
好きな榎田さんだし、挿絵は草間さんだしで買ったら…ktkr!!!
年の差20歳の、ワンコ学生×美人先生のラブコメ、少々SM風味でした。
あらすじもよかったよ。


<あらすじ>
立派な身体に繊細な心を持つ大学生・栄田 惣は、生まれて初めての恋に落ちた。ひと目惚れの相手は通称『殿下』。整った容貌、穏やかな雰囲気から人気の文学部准教授・宮 隆由紀だ。声を聞くだけで、姿を見るだけで、栄田の心も頭も宮でいっぱいになってしまう。だけど、宮にはある秘密があって──!?
心優しい栄田と、一筋縄ではいかない宮のちょっと変わったピュアラブ誕生! 恋のときめきご教授します❤


テーマはSMだけど、イタくありません。
むしろ、ひちわさんの『キャンディ』より甘かった…(///∇//)


人のいい20歳の大学生・栄田くんはこれまで人を好きになったことがない。凛とした麗しの宮にひと目惚れして、頑張って少しずつ距離をつめるんだけど、宮はM。栄田くんに惹かれつつも、優しい性格の栄田くんにSは無理だと、距離を取る宮。ある日、栄田くんにMであることがバレるが、宮のためにSになる!と恋は盲目状態の栄田くん。そこから栄田くんの「S」になるためのレッスンがスタートして…。


とまどいながらもSになるべく頑張る、健気な栄田くんがかわいくてね~。
そんな栄田くんに惹かれつつも、素直になれない宮が切なくてね~。

交互に視点が変わるから、二人の心理状態がわかるのがよかった。


神社でのファーストキスのくだりは、
もう、ギュンギュンきたね。


そして、宮の昔の男(ひどいS)が現れての急展開。栄田くんと距離を置く宮。納得できない栄田くん。そして昔の男にプレイ(業界用語でセッション)を強要され、背中にケガをして死にそうになる宮。そこに助けにくる栄田くん!栄田くんの男前っぷりにしびれます。


そんなこんなでハッピーエンド。
宮から誘った初エッチは、

ほんとーに、ほんとーに、いやらしかったぁ~/////


自分的に、いいエロシーンの要素ってのがあるんやけど、
それを全部満たしてました。ごちそうさまです!


【良エロシーンの三か条】

1)使い古されていない、あえぎとセリフ
2)息(「…」「――っっ」など)の表現方法が多彩

3)水気のある情景描写


この3つは自分の中で外せません!


いいエロシーンが書ける作家は、上手い作家。

これ、私の持論。


最も萌えたのはこのやりとり。
イク寸前の栄田くんに、宮からのお願い。


宮「最後はちゃんと顔にかけて?」
  「きみの精液を顔にかけられて、興奮するんだ……ごめんね、変態で」


栄田「先生……っ、そんなエロいこと言わないでくださ……っ」


先生、鼻血…でちゃいます…!


SMというのは、ひとつの愛の形なんやね。
Sは、Mの体調や好み、性格、快感スポットなどすべてを知った上で攻める。
Mは、Sと心がつながっているから、信頼しているから、安心してどんな攻めも受け入れる。
お互いに、お互いを信頼し合っている上でのラブセッションなんですね。
SMというテーマを最初から最後までうまく生かし切っていて、お見事でした!!


あと、SMテーマで、登場人物のイニシャルが


栄田=S
宮=M


ってうまい!
山田君、座布団2枚もてきて~。


次は名脇役、プロの調教師という裏の顔を持つ王さんの話が読みたいです。
ほんとにほんとに、スピンオフか続編、待ってます!ほんとに切実…。


最後にもう一度声を大にして言わせてください。


すっげ~いいから!
ほんとにいいから!
めっちゃいいから!


大事なことなんで3回言っときました。


大興奮でお届けしました。
うるさくてごめんなさい<(_ _)>