魅話力「コミュニケーション・コンサルタント」前田カオリコ 公式ブログ
         ***MESSAGE***

話し方からアナタの魅力を引き出すセッション・セミナー・企業研修を行っています。

<対象>
・自分に自信がない。
・もっと魅力ある人になりたい。
・人前で話すと緊張してしまう・・  とう方へ。


<テーマ>
・愛される話し方
・また会いたくなる話し方
・緊張を見方にする話し方
・相手に届く話し方    他  

「コミュニケーションは全ての基本」 です。

第一印象・立ち居振る舞い・存在感・モテオーラ・笑顔・声・しぐさ・目線・姿勢・歩き方・癖・など全方位からアプローチさせていただいています。


*ご依頼・お問い合わせ*

上記のお問い合わせフォームからお願いいたします。

テーマ:

こんにちは。

コミュニケーション・コンサルタントの前田カオリコです。

 

今日は、ちょっとたわごとで綴らせていただきますね。

ずーっとお世話になっていた方が、今月末で退職するという知らせがありました。

 

私はものすごく驚いて。

なんとも言えない気持ちになり。

 

あぁ、別れというのはこうして突然訪れて。

気持ちが追いつかなくなるのだということを実感して。

 

大変な時も。

一生懸命にやっていたことを。

いつも見ていてくれて。

見守っていてくれた人でした。

 

本当に。

お世話になりました。

 

これからも、見守っていてください。

そんなわがままを。

少しだけ言いたくなって。

 

 

転職先を聞いて。

もしかしたら、なんらかの形でまた会えるかもしれないと思ったりして。

その時を楽しみにしながら。

 

 

 

 

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

 

 


テーマ:

随分とご無沙汰をしております。

みなさま、お元気でしたでしょうか?

 

コミュニケーション・コンサルタント 前田カオリコです。

 

相変わらず、コミュニケーションについて考察をしている日々ですが。

皆さん、一番近い人に「ありがとう」と言っていますか?

 

はて。

一番近い人って誰でしょうか。

パートナーでしょうか。子どもでしょうか。親でしょうか。

それとも、先生だったり、親友だったりと、それぞれだと思います。

 

一番近い人。

距離感が近い人。

気持ちが近い人。

血の繋がりが近い人。

信頼関係ができている人。

 

いろいろですね。

 

すれ違いは、些細なことの積み重ね。

壊れてしまっては、戻すのが大変です。

むしろ、壊れるまで待つこともあるかと思うのですが。

 

ちょっと最近のワイドショーを見ていて。

なんともコミュニケーションというものを考えてしまうのです。

 

コミュニケーションはいいものも、悪いものもあります。

良好なコミュニケーションを育むには。

 

誰と、どうコミュニケーションをとるのか。

人は立場や関わる人で変化します。

 

そこの部分を、どうブレずに生きるか。ですね。

 

などと思いながら。

久しぶりのブログの投稿をしてみました。

 

私は、相変わらず元気に暮らしています。

 

最近は、インスタやフェイスブックなど他のSNSツールを利用したりして。

こちらに綴ることが少なくなっていましたが。

 

また、折を見て。

これからも、よろしくお願いいたします。

 

 

コミュニケーション・コンサルタント

前田カオリコ

 

 


テーマ:

とかく、食事中はいろいろな会話をするのだけれど。

外食の時は、より深い話・・というか本音が聞けるのが面白い。

 

今夜は、私と子ども達(中1娘 &小4息子)と3人で近所のイタリアン。

ふとした拍子から、息子の中学受験の話になった。

 

私:「ねー、あなた(息子)は中学どうするの?」

息子:「え。別に受験してもいいよ。」

娘:「私より集中力ありそうだしね。」と合いの手を入れながら聞いていると。

 

息子:「あ、日本ならどこでもいいよ。オレ、田舎の中学に行きたいんだよね。」

私:「へー。どうして?」

息子:「だって、メシが旨いでしょ。水も美味しいでしょ。空気もいいじゃん。

    長野(私の実家)の中学がいいんだよね。」

 

私:「そうかー。じゃあ、3年間は長野にする?」

息子:「3年かー。まー、オレは気まぐれだからね。とりあえず、今はね!」と強調してきた。

 

私:「じゃあさ、ママも一緒に長野で暮らす?」

 

するとすかさず、娘が言う。

 

娘:「えー、じゃあ、誰がご飯作るの?」

 

私がときどき出張や旅行で不在の時に料理をするようになった娘は、

自分に降りかかるであろう家事を想像して、私を止めに入る。

 

実家に帰省する度に、ご飯が美味しいと言ってたくさん食べる息子。

新宿に合わないわけではないと思うけれど。

小学2〜3年生くらいの時から、長野に行きたいと言い始めた。

山村留学も視野に入れて。

資料を取り寄せてみたりしている。

 

そうね。

どういう選択になってもいいように。

ただ。

中学生から留学させることに、

まだ私の方が踏ん切りがつかないかも知れないと思いながら。

 

 

 

 

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス